audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】Moondrop Starfield 海外レビューまとめ

Moondrop Starfield

Moondrop Starfield

 

 

1万円台の定番機種「Moondrop Starfield」

 もし広い音場を持つイヤホンを1万円台でお探しなら、Moondrop Starfieldは一つの最適解になるかも知れません。

 中国のIEMメーカーMoondropは高性能なドライバーを適切にチューニングし、筐体に頑丈で造形的にも美しい外観を施すことが出来る高い技術力と、それ以上にオーディオの基本に忠実な音作りで、ここ数年話題を集めてきました。

 私のブログでもStarfieldについてはインプレッションレビューをお届けしました。拙い記事ですが、Starfieldの魅力を少しでも皆様に伝えられていたらと思っています。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

 さて、Starfieldは当然のことながら、いまや世界中で注目の的となっており、海外でも多くのレビュアーがその音を素敵な言葉で表現しています。今回は私の拙い言葉だけでなく、世界中の一流レビュアーたちの言葉を引用することで、このStarfieldの素晴らしい魅力について、もっと知って欲しいと思い、この記事を執筆しました。

 

Moondrop Starfieldについての海外レビューまとめ

In-Ear Fidelty

 Moondropのミドルレンジ価格帯製品の軌跡は、本質的に同じ製品の改良と進化であると私は考えています。 Kanas(Pro)で始まり、KXXSとして洗練され、その後Starfieldでその音が廉価に提供されるようになりました。

 

 しかし、この音質の類似性のために、私はStarfieldが存在している今、誠実な態度を取れば、StarfieldよりもKXXSを推奨することはできません。 Starfield自身の優れた製品価値により、KXXSは事実上廃版のようになってしまいましたが、(すでにKXXSを持っている人を除いて)誰もそれについて不満を抱いているとは思いません。

 

The Midfi Moondrop Shootout: Kanas Pro vs KXXS vs Starfield - In-Ear Fidelity

A review and comparison of Moondrop's three most iconic IEMs.

  In-Ear FidelityではStarfieldが先行するKXXSとドライバー構成の上でも周波数特性の上でも本質的な差が無いことから、実質的にKXXSはStarfieldに置き換えられたという見方が示されています。

 これはこのサイトだけの意見ではなく、HiFiGOやほかの多くのレビュアー、そしておそらく多くのオーディオファンの間でも共有されており、私自身もStarfieldが手に入る今、KXXSとの本質的な相違はデザイン上の好みにしかなさそうかなという意見を持っています。そのデザインもほとんど共通なので、装着感が大きく異なるといったこともありません。

 

medium.com

 KB EAR DIAMONDは、ダイヤモンドライクカーボン(DLC)コーティングされたPET振動板ダイナミックドライバーを搭載し、79ドルで販売されているIEMです。 DIAMONDは、Starfieldよりもアグレッシブなサウンドで、より重く、よりインパクトのある低域レスポンスと、より高くまで到達する高域を備えています。 DIAMONDはわずかに刺さりやすいところがありますが、Starfieldでは刺さりを経験することはありませんでした。 Starfieldの低域はわずかに高速で、高域のトランジェントはより洗練されています。 DIAMONDには、より優れたケーブルとイヤーチップの選択、より広いキャリーケースが付属しています。

 

 Moondrop Starfieldは、特に価格の点で信じられないほどのIEMです。 ただし、いくつかの点でKB EAR DIAMONDの脇役モデルになっていると私は考えています。どのIEMを購入するかの意志決定は、主にチューニングの優先順位に依存します。 よりニュートラルなサウンドをお望みの場合、DIAMONDよりも30ドル多く支払う必要がありますが、Starfieldを買うべきです。しかし、より精力的なV字型のチューニングをお探しの方はKB EARにこだわるべきです。

 

Moondrop Starfield Review

INTRODUCTION AND DISCLAIMER: The Moondrop Starfield is an in-ear monitor (IEM) utilizing a 10 mm dual-cavity carbon nanotube diaphragm dynamic driver. The Starfield is available at HiFiGo and on AliExpress for $109.99. HiFiGo provided me with the Starfield in exchange for a fair and objective review. SOURCES:

  私の考えも同様で、Starfieldの音色は率直に言って色調があまり濃い印象を受けず、上品すぎると感じることがあります。とくにレビューでも述べましたが、ロックを聴く場合、私には押し出し感がなさ過ぎるような気がします。KB EAR DIAMONDはそうしたStarfieldの欠点をほとんど補ってより手がかりのある、かっつりした音の把握を実現し、ライブ感のある熱気を持った低域を提供してくれる可能性があります。しかし一方で音の甘味という点ではStarfieldの方が優れています。音響心理学的には一般に人は音にノスタルジックさを求めることが多い(「音楽選好の心理学 - Wikipedia」)と言われていますので、少なくともStarfieldのほうがよりノスタルジアのある音を奏でてくれる可能性があり、もしかすると長期的なスパンでは、最終的に多くの音楽ジャンルでより好ましい音を奏でると思うようになるかも知れません。

 そういうわけで私の考えでは、最終的にStarfieldとDIAMONDの立場はmedium.comとは逆になります。Starfieldは多くの点でDIAMONDより音楽を見通しよく、わかりやすく、それでいて音楽性も加味してリズムと適切なノスタルジアを感じさせて演奏してくれます。DIAMONDはStarfieldより第一印象は良く、面白いと思いますが、おそらく長期的にはStarfieldのほうがより味わいを感じさせ、多くの音楽に適応します。そのため、私はStarfieldこそがメインストリームを歩いており、DIAMONDの音は脇役に立たざるを得ないと考えるわけです。

 どうでもいいですが、ファーストインプレッションで私はKB EAR DIAMONDの中高域への傾斜がそれほど鋭くない気がしたのでU字と判断していますが、ぶっちゃけ私もU字とV字の違いについて明確でなく、いろいろレビューを読むとV字と捉えるのが基本ですから、今執筆中のレビューではV字派に寝返っています。(爆)

www.ear-phone-review.com

 

headhonesty

 レビューのためにMoonDrop StarfieldをHeadphonestyに送付してくれたHifigoに感謝します。 IEMはWebサイトで購入できます。

 

 はい、では締め。さて、私はこのレビューで何かを学びました。 手頃な価格のシングルダイナミックドライバーIEMは、マルチドライバーハイブリッドIEMによって完全に駆逐されたわけではありません。 少なくとも私の好みではありません。 それがわかってよかったですわ!

 最近、私は50ドルの価格帯で見つけることができるIEMの品質に夢中になっています。 KZ ZSTやZS10 Proは、本当にお金に見合った衝撃的な選択肢です。では、2倍の価格で1基しかドライバーを搭載していないこのIEMは何をもたらすのでしょうか? フルメタルシェルと比類のない塗装作業による、優れたビルドクオリティです。

 そして、その美しいハウジングから何が来るのでしょうか? それは信じられないほど繊細で滑らかでバランスの取れたサウンドにほかなりません。

 

 しかし、人生はすべて妥協です。 100ドル前後の価格では、すべてが素晴らしいわけではありません。

 イヤホンケーブルはどうでしょうか? Starfieldの全体的な品質とは、明らかに一致しません。それはチープに感じられ、簡単にもつれます。こんがらがるので、ちゃんとつなぎあわせるのはほとんど不可能です。総合的に見て、その品質はかなりひどいです。 Litz編み、OFCケーブル、および虹色のパウダーコーティングは、それを補うものではありません。

 ケーブルは正常に機能し、音は良く、何よりも簡単に交換できます。まあ。うーん?うまい言葉が見つかりません。

 カーボンナノチューブ振動板1基構成のChi-Fi IEMが話題沸騰している現在の状況で、興奮に巻き込まれないようにすることは困難です。 MoonDrop Starfieldを聴く機会ができたので、その過大評価ぶりを理解したと確信を持って報告できます。

 手頃な価格のIEMの技術的進歩は急速に進んでおり、この趣味に関わるには、かつてないほど良い時期に来ています。低価格帯から利用可能な音質の向上には本当に注目に値します。 Moondrop Starfieldは、進化し続けるコスパイヤホンカテゴリーにおける、(マルチドライバー機以外の)もう1つの注目すべき頂点を提供しています。

 

Review: MoonDrop Starfield IEMs | More than just a heavenly body.

(Last Updated On: March 3, 2020) Hopping aboard the Carbon Nanotube train, MoonDrop looks to bring their beautiful vision of affordable Harman Curve IEMs to the masses with the divine Starfield. MoonDrop Technology Co., Ltd.

 「え?俺、HiFiGO先生にあんなに尽くしてるのに、Starfield、HiFiGOから自腹購入だけど?」って思ったのは置いておいて、実際のところ、私も「ケーブル意外とチープで草生える」とは思っています。しかしデザインの統一性を考えると、標準ケーブルのままのほうが見た目はかっこいいんじゃないですかな。

 

Audiofool

 Starfieldは普通にお勧めです。 ほぼ半分の価格帯で95%以上KXXSそのままを提供し、価格帯で最高のモデルと少なくとも対等に競争できます(そして、私が思うに、その多くに勝つことができます)。 KXXSよりも優れていると主張する人もいます。 ケーブルには確かに少しがっかりしますが、この価格で手に入るものの中では、ケーブルを交換してもStarfieldの製品価値を損なうことはほとんどありません。私にとって、Starfieldは素晴らしい万能系IEMです。すべてのジャンルに適しているわけではありませんが、すべてのジャンルで優れています。両サイドに開放感を出すのに十分な伸び、ディテールを感じるのに十分な高域、そして疲労感を強く感じることなく快適に過ごすのに十分な抑制があります。2020年のベストを宣言するにはまだ1年の非常に早い時期ですが、12月時点においてもStarfieldがその議論でまだ主役であることは間違いありません。

 

Moondrop Starfield in-ear Monitor Review | Audiofool Reviews

disclaimer: I received the Moondrop Starfield from Hifigo in exchange for this review. If you have an interest in the Starfield, you can follow Moondrop on facebook, or shop Hifigo or their Aliexpress store. Those who have followed me for any length of time here will know I have owned and the Kanas, Kanas pro (KP), and KXXS among others.

  結論は全く同感です。いまのところ。

 

samma3a

長所

  • 本当に素晴らしいサウンドシグネチャー
  • 良好なビルドクオリティ
  • コスパ

短所

  • ケーブルがちょっと残念
  • フィット感

 

 さて、ER2シリーズを参照すると、Etymoticsは約160ドルでこれを販売をしていますが、Amazonを探せば115ドルほどで見つけることができます。音質とシグネチャーに関して言えば、ER2シリーズが私のベンチマークになっているのには十分な理由があります。それは、本質的な意味でのデッドニュートラルな音質であるか(SE)、もうちょっと低域のパンチがある音(XR)を探しているかどうかにかかわらず、素晴らしいバランスの取れた一貫したシグネチャーを提供しているからです。しかし、これらは万人向きではありません。

 

 フィット感はほとんどの人が最終的にそれに慣れることができると思いますが、それにもかかわらず、装着時の最初の不快感はほとんどの人を完全にしらけさせる要因になります。考慮すべきもう1つの側面は、特にER2SEのサウンドキャラクターが非常にバランスが取れてフラットになるように意図的に設計されていることです。多くの音楽(おそらくその大部分)が、どちらかといえばU字型のシグネチャーでより心地よく聞こえる傾向があるので、私はそのように感じている人を非難することは、たしかにできません。ただし、クリエイティブな場面で、音楽の実像を聞きたい場合は、フラットなシグネチャーこそが本当に唯一の方法です。その一方で、この点でこそStarfieldの美しさの出番がやってきます。

 

 Starfieldは、私が一目置かなければならないIEMの1つになりそうだと思います。すぐに良いものが登場しない限り、このIEMは、わずか100ドルで達成できるビルドクオリティ、デザイン、および音質に関する優れたベンチマークとして普通に機能します。個人的には、それでもまだER2モデルの1つ(おそらくER2XR)に少し余分にお金を払うべきと思いますが、Starfieldを買うことができる懐具合があるなら、この価格帯の他のものよりも今すぐこれを選択すべきと心から思います。

 

Moondrop Starfield In-Ear Monitor Review - Samma3a Tech

The Starfield is one of those IEMs that we are going to keep an eye on because I can see it becoming exceptionally popular due to the good sound signature.

 これ読みながら、私もER2シリーズは結構いいと思ってるんだけど、案外日本じゃ大きく話題になってないよねって思いました。

 

PtrimeAudio

長所

  • 見栄えの良さ
  • 良好なビルドクオリティと快適性
  • 取り外し可能なケーブル
  • 詳細でバランスの取れたサウンド
  • コスパ

短所

  • ケーブルが絡まりやすい
  • 塗料はたぶんそのうち剥げる

 

 フィット感と快適さ(少なくとも私の耳にとって)と同様、ビルドクオリティは抜群です。 しかし、これは本当に際立った音です。 Moondrop Starfieldは音楽的で、ディテール感があり、風通しが良いです。 強固な技術的性能と、魅力的でありながら滑らかな音の特徴を備えています。

 100ドル付近でイヤホンを買おうと思っているなら、これを見過ごしてしまうのはおかしいです。 まだ1月の製品の範囲しかわかりませんが、「ベストイヤホン」リストに据えるべき2つ目の新しい製品がここに見つかりました。 2020年もこの界隈は上々です!

 

Moondrop Starfield Review - Twinkle Twinkle | Prime Audio Reviews

Our comprehensive review of the Moondrop Starfield single CNT dynamic driver earphone. The Starfield is among the best at this price point.

 たしかに塗装は絶対そのうち剥げますな。私もそう思ってます。

 

Porta.Fi

長所

  • ユニークで心地よいシグネチャー
  • 長時間でも疲労感のないリスニングに対応
  • 音の特性は、さまざまなソースに対して完全性を保持
  • 美しくデザインされた仕上げ
  • より良いアンプでスケーリングする能力

短所

  • 弱めの駆動力ではよりリラックスしてしまい、バランスの「スイートスポット」からそれを押しのけ、のんびりと音楽的になってしまう。
  • 低音中心のリスナー向けではありません。

 

 Moondrop Starfieldはメーカーの宣戦布告であり、大胆な一歩を踏み出し、自社製品のサウンドエクスペリエンスの試みを進めています。

 そして、すべての試みで、改善すべき点と建設的なところがあります。 Starfieldは、未知の領域に挑戦し、提供されているものの中から金脈を見つけようと思っているリスナーにふさわしい報酬を与えます。

 

MoonDrop Starfield Review | Page 4 of 4 | Porta-Fi™

MoonDrop Starfield, the latest offering from the company featuring Super-sequential carbon nanotube diaphragm. Contributed by active Porta-Fier Kenny Chan.

  Starfieldのスケーリングの優秀さについては個人的にも注目しています。レビューにもちょこっと書いたかと思うんですが、確実ではないので、たぶんという話になりますが、私の試した感じでは、基本的に音量の変化によってソースの印象が大規模に変わるということがなく、どのような機器に繋いだときであれ、よく一貫性を持った音楽を奏でてくれる気がします。この価格帯でこういう万能感のある機種は珍しいんじゃないかなとは個人的に思います。

 

Moondrop Starfield

Moondrop Starfield

MoonDrop Starfield Carbon Nanotube Diaphragm Dynamic Earphone

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事