audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】中華イヤホン AUDIOSENSE T800の海外レビューまとめ

ヘッドライン

 AUDIOSENSE T800

AUDIOSENSE T800

AUDIOSENSE T800 Knowles 8 バランス アーマチュア ドライバー HiFi IEMs 取り外し可能なMMCXケーブル付き 3D プリント樹脂シェル

 

 

一部で非常に評価が高いメーカー「AUDIOSENSE」をご存知ですか?

 AUDIOSENSEというメーカーはまだあまり日本では知られていませんが、一部では大変な人気になっています。その原因の一つは間違いなく彼らが世に送り出した8基のバランスドアーマチュアドライバーイヤホン T800のおかげであり、このスペックにして約300ドルという高コスパもさることながら、音質が各所で好評を持って迎えられたのが大きいと思われます。

www.ear-phone-review.com

 

AUDIOSENSE T800のスペック
  • ドライバーユニット:Knowles製ハイブリッド8バランスドアーマチュアユニット。
  • インピーダンス:9Ω
  • 感度: 90db/mW
  • 周波数範囲:5Hz~22kHz
  • プラグタイプ:L字
  • モニタープラグ: 3.5mmコネクター
  • ピンタイプ: MMCX接続銅製プラグ
  • コードの長さ:50インチ/125cm
  • 色:透明
  • ケーブルタイプ:取り外し可能なケーブル
  • コントロールボタン:マイク付きリモコン
  • ボックスサイズ:17.5×6.5×12.7cm

 

 今回はそんな大人気機種T800についての海外レビューを集めてみました。

 

海外レビューまとめ

In-Ear Fidelity

 周波数特性のサンプルについてはこちらのサイトでご確認下さい。

 

No BS Audiophile

工作精度

 ビルドクオリティは非常に印象的で、300ドルのイヤホンに期待できる最高品質と同等です。 ハウジングは、3Dプリント技術と、非常に滑らかでよく磨かれた特別な生体適合性樹脂材料を使用して、ぎっしりと詰めされています。 ボディ内のすべてのドライバーを簡単に見ることができ、目の保養になります。また、背面には樹脂で埋め込まれたカーボンファイバープレートがあり、光を反射することで外観が変化します。このプレートには、左側にASロゴ、右側にAudiosenseのロゴがあり、どちらも金属製のレタリングで作られていて、構造の細部まで高レベルです。 mmcxメスコネクタは、空きスペースのないハウジングに完全にフィットし、非常に緊密で安全な接続を提供し、その左側には小さなベント穴があります。

 

音質

 全体的なサウンドシグネチャーは、8基のバランスドアーマチュアから生み出される音として私が想像していたようなサウンドシグネチャーではありませんでした。かみそりのような鋭い分析サウンドではありません。そのサウンドは非常にはっきりしていますが、自然な音の凝集感が存在しており、楽器の音色には厚みがあり、非常に重みのある低域、有機的なトランジェント応答と非常に正確なイメージングにより、人工的だったり不自然なようには聞こえません。そのサウンドは特定の周波数範囲が押し出されてくるのを待っているようなパッシブなリスナー向きではなく、むしろ真面目で批判的なリスナーを感動させる性質を持っています。

 

 実際、T800では全体が優しく押し出されますが、しかし個別の音の分離の点では、この数の良質のバランスドアーマチュアドライバーだけが提供できるものがあり、こうした味付けの周波数応答は、すべての楽器の特異性を強調する傾向があり、互いに重なり合っているように聞こえますが、乱雑な方法で楽器音同士が混濁することは避けられており、明るすぎる色調に味付けされているマルチバランスドアーマチュアドライバー機で見られるような、音が人工的に聞こえる感触はありません。

 

 さて、ハープシコードが奥にあるバイオリン協奏曲のように、楽器をたくさん使っている複雑な音楽を聴くと、最初はオーケストラの音がすごく澄んでいるのに感動します。しかし、このイヤホンの魅力は、すべてのヴァイオリニストを他の楽器から抽出し、その演奏と楽器の音色に集中させることができるようになったときに発揮されます。すべての楽器は同様にリラックスした存在で扱われており、T800のアプローチは非常にニュートラルになっています。おそらく、退屈に聞こえるのではないでしょうか。低域も非常に強烈でフルサウンドであることを恐れないでください!実際、私もこのイヤホンでIDM(インテリジェント・ダンス・ミュージック)を聴くのが大好きです。低音は太くて速いです。中低域は重低域よりも筋肉質ですが、ローエンドは最もダイナミックなIEMと同じくらい深く掘り下げられています。ほとんどの人は、バランスドアーマチュアドライバーがこれほど深くまで低域を掘り下げることができるとは決して認めないですし、私はKnowles製バランスドアーマチュアドライバーの低域が50hzに限界があることを知っているので、この事実は不思議でしかありません。

 

 もうお分かりでしょう。Audiosense T800はその実際の価格帯で期待されるクオリティを超えており、非常に高価なイヤホンと競合できます。このイヤホンは、豊かなトーン、自然な音色、高速で重厚なアタック、およびハイエンドオーディオレベルのレイヤリングの感覚を備えた、信じられないほど明確なサウンドを提供してくれます。

 

総評

 T800はChi-Fiの世界を大きく変えるものであり、Audiosenseのストーリーはまだまだ終わることはないでしょう。

 

AUDIOSENSE T800 REVIEW: The BEST sub-1000$ iem I ever heard (Deal with it)

AUDIOSENSE T800 REVIEW : SOUND: 9.5/10 CONSTRUCTION: 9.5/10 DESIGN: 8.5/10 ACCESSORIES: 9/10 VALUE: 10/10 THE PLUS: Extremely revealing yet extremely musical Beefy Thumping bass that dig deep and do not bleed on mids Extremely rich mid range with high clarity and definition Incredible imaging and impressively out of your head soundstage Thick and smooth timbre...

 このレビュー、クッソべた褒めです。このレビューからは非常にナチュラルで落ち着いたサウンドだろうということが感じ取れます。というか引用部分以外でもこれでもかと褒めちぎっており、この価格でこの音が手に入るのは信じられねぇ!って感じの賞賛が綴られています(そこらへんは冗長で訳すのめんどくさいのではしょりました)。

 

TECHREDFLEX.NET

音質

 最も興味深い部分はもちろんサウンドについてですが、素晴らしいサウンドであることは当然のことです。 Chi Fi製品はすべての価格帯で優れたパフォーマンスを提供することが知られていますが、このイヤホンも例外ではありません。 8基のバランスアーマチュアドライバーは、旧式のイヤホンではできないことを実際に行うことができます。ドライバーを増やすだけでイヤホンが良くなるわけではありませんが、8基のドライバーの出力処理は非常に優れており、多くのドライバーを持っている場合に直面する可能性のあるオーディオの複雑化の問題はこのイヤホンにはありません。 

 このイヤホンはU字型のサウンドシグネチャを持っているため、中域に凹みがあります。このサウンドの特徴は、ダイナミックレンジが大きくないメタルやロックの曲にも興奮をもたらしてくれるため、古い楽曲でもより魅力的に聞こえます。

 

結論

 チューニングは驚くほど快適で、オーディオギアは時間の経過とともに摩耗しないので、サウンドの全体的な特性は非常に長い間楽しむことができます。

 

Audiosense T800 Review: Putting the Hi in Chi Fi!

Audiosense T800 cost 300 US Dollars or 22,000 Indian Rs., So they are not cheap, but they are still getting great reviews everywhere talking about how good they are, even at their price point, so let's find out if they actually deliver to the hype. The unboxing experience is pretty great, as I was expecting.

  No BS Audiophileほどではありませんが、比較的べた褒めです。それでも低域がちょっと存在感が強めで洗練されてなくてきつく、パンチは非常に楽しいですしベースギターも明瞭ですが、高域に比べるとちょっと平凡かも知れないと論じています。In-Ear Fidelityの周波数特性の印象からもボーカルは活き活きしていることが予想できるのですが、ボーカルニュアンスの良さも指摘されています。あと高域については本当にべた褒めされています。

 

Porta.Fi

音質

 低音は少し前進しますが、量的には適度で、重く弾力があります。これに関してT800は、いくつかのハイブリッドモデルやダイナミックドライバーモデルを思い出させます。低域は厚みだけでなく深さもあり、スラムや鳴動をうまく演奏できます。アタックとディケイは多少加速されますが、こういうタイプのトランスデューサーにとっては自然なことです。もちろん、最大限ではないとしても、コントロールと解像度は優れています。

 

 中域はニュートラルで、素晴らしいディテールとマイクロディテールのバランスの取れたアクセントがあります。トランスデューサー間の接合部がほとんど聞こえないので、全体的な一貫性の点でも驚くべきものであり、これはクロスオーバーを使用しないときに得られるものです。もちろん、IEMはすべての楽器とボーカルであらゆる繊細なニュアンスを出力し、これは批評的なリスニングを愛する人々にアピールします。中域に余計な重み付けがないため、T800は録音の品質とソースにとってかなり重要で、録音の内容を正確に聞くことができます。これは音場にも関係します。幅と奥行きの両方に関して、よくマスターされたトラックでは平均を上回って聞こえます。

 

 プレゼンテーションのバランスを取り、低音の強調を補正するために、高域も強調されています。そのため、この周波数範囲の部分に敏感すぎる場合は、購入前にこのモデルを試聴しておく方が良いでしょう。私の聴覚では、アクセントは過度ではなく、T800の明瞭さを強調しています。高域は拡張性が良く、細かいニュアンスや倍音がたくさん含まれていますが、圧縮し過ぎた低品質の録音を聴こうとするとやや聞き苦しいです。高域は解像度が高く、アタックとディケイはわずかに加速されますが、基本的なレイヤリングがよく維持されています。高域のウェイトバランスはちょうど良いレベルです。

 

結論

 Audiosenseが設計からサウンドまで、このIEMに多大な労力を費やしたことは明らかです。 T800は高価な音に感じられ、かなりの高水準の演奏を実現しており、詳細ですが退屈ではないプレゼンテーションを持っています。

 

Audiosense T800 - cleverly made IEMs - Porta Fi

Constant monitoring of non-brand Chinese IEMs market has taught me that there may be companies that release successful models, but there are very little of them, who do this constantly without faults. One of good examples is Audiosense and their new flagship T800.

  Porta.Fiも比較的べた褒めです。3つのレビューを総合して分かることは、低域は少し強め、中域は少し引っ込むがU字でボーカルフォーカスとニュアンスの再現が良く、高域はかなりディテールを出しながらも、デジタルにならないレベルの自然なトランジェントを実現しているというところです。個人的にはこの機種はかなり好印象に思えます。

 

 AUDIOSENSE T800

AUDIOSENSE T800

AUDIOSENSE T800 Knowles 8 バランス アーマチュア ドライバー HiFi IEMs 取り外し可能なMMCXケーブル付き 3D プリント樹脂シェル

 

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事