audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【中華イヤホン CCA C12 レビュー】爽やかでドライな見通しの良い高解像度系正統派モニター。音はやや乾燥していて、無愛想だが、低域の活きも良く、清潔感があってかなり良い。おすすめ

ヘッドライン

CCA C12

CCA C12

CCA C12中華イヤホン カナル型イヤホン ハイブリッド有線イヤフォン ハイレゾイヤホン 5バランスド・アーマチュア・1ダイナミック&(5BA+1DD) 6ドライバ搭載亜鉛合金プレート+PC樹脂筐体 2PIN 3.5MM 高音質 ノイズ遮断 フィット感良い 中華イヤホン (金・マイクなし)

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「ややハウジングは大きめだが、耳への収まりは良い」

おすすめ度*1

CCA C12

ASIN

B07WTC5C4B

スペック・評価
再生周波数帯域 7~40000Hz
インピーダンス 24Ω
感度 112db
ドライバー構成

ハイブリッド型(DD×1, BA×5)

音質傾向

ドンシャリ、カリカリ、爽やか、ドライ、すっきり、パチパチ、ドンスコ、快活、風通しが良い

 ハウジングは若干大きめとも思うが、ノズル部分はほどよく突起しており、耳への収まりは良い。遮音性もそこそこ高い。

 

テスト環境

 今回のテストはAstell&Kern KANN CUBEa&norma SR15ONKYO GRANBEATで行っている。


www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

【2】外観・インターフェース・付属品「リケーブルは2pin」

 付属品はイヤーピースの替え。

 

 

CCA C12CCA C12



【3】音質「高域カリカリ、低域もパスパスした感じの明るめの床面、ドライな音質で清潔感があり、見通しが良い」

 CCAはKZの関連ブランドなので、直前にKZ ZSXを比較的酷評した感じになってしまったこともあり、レビュー依頼を受けるときに「低評価をしてしまう可能性もあるがOKですか?」と確認した。問題ないというお返事を頂いたので、今回レビューすることになった。

www.ear-phone-review.com

 

 で、CCA C12。ZSXと構成が似ているのでなんとなく身構えて不安に思っていたが、案に相違して非常に正統派的なモニターサウンドでちょっとびっくりした。

 具体的には高域が少し派手めにカリカリ、中高域はやや硬いが充分明るく、ボーカルも伸びやかで、低域は膨らまずにタイトだが、ビシバシ過ぎず、パスパスくらいのパンチで耳障りな感じにならず、ベース音はやや埋没している気がするが、音量を取れば聞こえてくる。

 音の見通しと音数的な解像度感がよく、ややシャープで硬質にはっきり音が刻まれて聞こえる。低域の制動もよく、量感的にもよく考慮されていて、中域との分離も丁寧でマスキングされる感じがなく、基本的に篭もった印象は受けない音である。手持ちのWestone B50のほうがむしろ一聴した印象では少し篭もっているくらいの印象を受けるくらい、清潔感には配慮が見られる。

 

 弱点としてはKZ ZSX同様中域は不足しており、とくにボーカルが顕著だが、中域でボディが充分に出ないので、音が薄めで存在感が少し足りず、細身に聞こえやすいことがまず挙げられる。中域の甘味は充分に出ず、埋没感もあるが、サビに向かえば充分に伸びてくる。音量を上げるとやや音が膨らんで、中高域以上のカリカリキラキラな派手さが強くなるので、うるさくなる感じがあるのも欠点と言えるかもしれない。

 一方で、小音量でもボーカルと床面の張り、中高域以上のキラキラ緻密な感じはよく聞こえるのは美点。またパワーを必要とする感じではないので、スマホでも充分にシャキシャキカリカリの解像度感は味わえるだろう。

 

 

美点
  1. 高域のディテールが良い
  2. キラキラした煌めき感が強く派出さがしっかり感じられる
  3. 中高域はドライでさわやか、必要以上にツヤを強調せず、臭みがない
  4. ボーカルは太くなく、すっきりしていてやや淡い爽やかな声色
  5. タイトで元気にパスッと乾いた快活な床面
欠点
  1. 音源と曲によるが、ボーカルの子音は尖りやすく、場合によって刺さる
  2. 潤い感に欠ける
  3. 中域に厚みがなく、全体的に薄味

 

[高音]:高域はかなり高いところまでディテールが強調されており、シンバルの空気感も派手めにシャーンと出るし、電子音もキラキラ。ボーカルのサ行、子音はやや強調される(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中高域は明るく、エレキギターのエッジが目立ち、タムもスコンスコンした音が聞こえ、ピアノもややキンキンする。弦楽も明るい。中域真ん中に後退が見られ、清潔感はやや過剰に確保されている。ピアノやボーカルは暖かみと深さ、豊かさに欠けるので若干無愛想なところはあり、ボディの実体感が少し不足するので、曲によっては埋没しやすいところがある。基本的に見通しが良い。

[低音]:100hz~50hzまで締まりのある振動。40hzでわずかにジジッとしたノイズ感があり(エイジング不足の可能性あり)、30hzで沈む。20hzでほぼ無音。低域はパンチが少し明るめにはっきり、しかし強すぎない感じでパスパス、キックは明瞭に分離されてドンと重みを出す。ベースは少し浅いのか、キックに近づいていて、埋没してはいないが、パンチとキックの分離感に比べると、若干はっきりしない感じがある(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:高域は明るく、ディテールも詳細で、色味も白くはっきりカリカリ、シャリシャリ。中域でやや後退し、再び低域が出てくる典型的なドンシャリサウンド(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムは質感的にはドライで、ややカサカサパリパリしている感じがある。粘りはそこそこ。スネアやハイタムと下のフロアタム、バスドラムにやや分離感がある印象を受ける。基本的には明るい感じで弾みのよいバツンバツンあるいはバッツンバッツン。シンバルはかなり白味が強めで明るめに浮き上がり、シャンシャンした高いところが強調される(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:男声ボーカルは素直に細く、中性的で薄味。女声ボーカルは明るく伸びやかで突き抜け感もあるが、少し子音が強調されるので、声質によってはややハスキーさが強調されて聞こえるかも知れない。

 

【4】官能性「ややドライさが強く、シャリ感を強調する臭みがあるが、分離感は良く、清潔なモニターサウンド」

山崎あおい「アイソレイト」

アイソレイト

アイソレイト

【ONKYO GRANBEATで鑑賞】まずこの曲出だしのドラムだけど、大抵のイヤホンだとズンドコって感じだと思うが、このイヤホンは膨らまずにドンドンドンドンスコスコッと深みを出しつつもかなり軽快な入り方になっているので、爽快感がある。そして、全曲通して存在しているハイハットがかなり目立つバランスになっていて、かなり粒が細かい音でシャンシャン刻むので、爽やかな炭酸飲料のような清涼感がある。一方でボーカルはちょっと甘味が足りなく、やや細身でピアノも少し硬く、ギター音もエッジをやや強調する。全体的にやや毛羽立ちが強いサウンドになっているが、分離感はよく、清潔でモニター的に楽しめる。

 


FLAT

 

fhána「真っ白」

真っ白

真っ白

【KANN CUBEで鑑賞】全体的に若干明るめだが、清潔で軽快なサウンドになっており、ボーカルがとくによく突き抜け、伸びてくれる。大抵のイヤホンだとやっぱり低域が少しズンドコするのと、中域でボーカルがふっくら濃くなるので、それに比べるとこのイヤホンは全体的に音が淡い感じがある。ただそれが清潔な印象を与えてくれ、中高域の電子音がマスキングされることなくしっかり聞こえるので、高域の鮮明感と抜けも充分で、爽やかな音が好きな人にはかなり好みの音を聴かせてくれるはず。高域のキラキラ感は強いが、ツヤのような光沢は抑えられているので、すっきりしているのもなおさら品が良く思える。

 


TVアニメ『ナカノヒトゲノム[実況中]』ED主題歌「僕を見つけて」【アーティスト盤】

 

AXiS「HEAVEN'S RAVE」

 HEAVEN'S RAVE

HEAVEN'S RAVE

【SR15で鑑賞】かなり低域に重量感がある曲でも低域と中高域以上の分離が明確で、低域が中域を浸食する感じが全くない。SR15は結構ドシッと低域の重みが出やすいので、重みはしっかりドンと感じられるにも関わらず、中域がマスキングされる感じがなく、非常に清潔。ボーカルはちょっと乾いていて、甘味がないが、この曲はこれくらいドライで無愛想気味のほうが攻撃的な曲調に合ってそうな気もする。とにかく価格を考えると、高域でとくにディテール感が高く、解像度は高め。

 


HEAVEN'S RAVE(通常盤)

 

小比類巻かほる「City Hunter〜愛よ消えないで〜」

City Hunter〜愛よ消えないで〜

City Hunter〜愛よ消えないで〜

【KANN CUBEで鑑賞】低域がかなり明るく、分離良く、ソリッドに分離されるので、重苦しい感じが全くない。バスバスッとタイトに決まる床面の上から少し離れて、ボーカルやシンバル、シンセが浮き上がって聞こえ、上に気持ち良く透明に伸びていくような清潔サウンドでかなり気持ち良い。このイヤホンで聴くこの曲オススメ。

 


City Hunter Sound Collection X-Theme Songs-

 

【5】総評「価格を考えると文句なくオススメできる」

 爽やかドライ系の音質で、中域にふっくらした充実感がないのが好みを分けそうではあるが、価格を考えると充分な解像度が味わえるモニター系イヤホン。コスパはかなり良く、個人的に文句なくおすすめです。

 

CCA C12

CCA C12

CCA C12中華イヤホン カナル型イヤホン ハイブリッド有線イヤフォン ハイレゾイヤホン 5バランスド・アーマチュア・1ダイナミック&(5BA+1DD) 6ドライバ搭載亜鉛合金プレート+PC樹脂筐体 2PIN 3.5MM 高音質 ノイズ遮断 フィット感良い 中華イヤホン (金・マイクなし)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事