audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【中華イヤホン MacaW GT600s Pro ファーストインプレッション①】銀ノズル:シャープでソリッド、メタリック。しかしのびやかで清潔な抜けの良いU字サウンド

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

MacaW GT600s Pro

MacaW GT600s Pro

【国内正規品】 MacaW チューニングノズル搭載 ハイブリッド カナル型 イヤホン GT600s Pro

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「小型で耳への収まりは良い」

ASIN
B083YXJVYX
スペック・評価
再生周波数帯域 10~40000Hz
インピーダンス 16Ω
感度 98dB
ドライバー

ハイブリッド型(ダイナミックドライバー×1, バランスドアーマチュアドライバー×1)

 小型の金属ハウジングは耳への収まりが非常に良いです。遮音性はそこそこです。 

 

テスト環境

 今回のファーストインプレッションのテストはONKYO GRANBEATを使って行っています。

www.ear-phone-review.com

 

【2】外観・インターフェース・付属品「ビルドクオリティは充分に高級感あり。mmcxリケーブル可能」

 付属品はイヤーピースの替え、ノズルの替え、説明書です。ケーブル端子はmmcxです。イヤーピースは茶軸のシリコンタイプの他にウレタンフォームタイプが付属しています。

 ONZOのサブスク版なので付属品の詳細はこれ以上は割愛します。ONZOのサービスについて興味がある方は以下をご確認下さい。

 

www.phileweb.com

www.onzo.co.jm

 

MacaW GT600s ProMacaW GT600s Pro

MacaW GT600s ProMacaW GT600s Pro

 

【3】音質「3種類のノズルで3種類の音。ノズルごとの変化はそれなりに大きく、フラットに近いバランスからザ・ドンシャリな音まで出せます」

周波数特性イメージ(試験運用中)
銀ノズル(標準)

 

黒ノズル(低域強調。実際にはフラットに近い)

 

金ノズル(高域強調、典型的なドンシャリで最もアグレッシブ)

※周波数特性イメージはあくまでレビューの便宜上、個人的に周波数分布のだいたいのイメージを掴むための参考情報で、測定方法も測定されたデータも非常にアバウトで厳密な信頼性や正確性に欠けます*1

 

各ノズルの違い(水瀬いのり「ハートノイロ」)

 パッと周波数特性イメージを見て、音質を軽く聞いた感じ、水瀬いのり「ハートノイロ」みたいな曲が楽しめ、かつ音質変化も感じられやすいかなぁと予想したので、それで各ノズルの違いを簡単に解説します。

ハートノイロ

ハートノイロ

 

銀ノズル

 標準ノズルです。全体的な印象はやや高域に寄せたU字サウンドという感じで、抜けが良くのびやかですが、輝きは相対的に抑えられており、清潔感が意識されています。すべてのノズルの中で風通しが最も良いサウンドで、ボーカルに爽やかな清涼感があり、適度なスネアも金ノズルほどではありませんがアタック感を出し、ハイハットも元気にアタックしてくれます。

 全ノズルの中ではどちらかというと高さを最も意識させるサウンドになっており、音場は開放的です。ピアノ音などは自然よりは少し明るい色づきで、わずかにキンとした緊張感のある凛とした透明感のある音色です。低域は薄味気味なので、全体的にアップトーンな雰囲気があり、音楽全体が上昇気流に乗って聞こえます。

www.ear-phone-review.com

 

黒ノズル

 低域強調ノズルです。しかし、実際には低域が強調されると言うよりは全体的に凹凸が減ってフラットに近くなると言った方が当たっており、一般にボーカルは銀ノズルより前に出ており、最もボディが乗って聞こえると思います。

 全ノズルの中で最も聴き心地の良い、落ち着いたサウンドを持っており、銀ノズルの持っていた高域の派手さを適度に維持しつつ、シャープネスを抑え、楽器音に甘味を少し出して聴かせます。その代わりに、楽器音の伸びやかさ、ダイナミズムは明らかに減少し、最も安定的なサウンドを実現します。リズムは落ち着き、スピード感は適度にセーブされますが、元々スピード感早めのイヤホンなので、これでも速いくらいに感じられるかも知れません。

 エレキベース音が明瞭にはなりますが、元々低域は薄味のイヤホンなので、低域強調だからと言って、低域ジャンキーを満足させられるような低域は出ません。

www.ear-phone-review.com

 

金ノズル

 高域強調ノズルです。しかし、実際には中域の谷間を深くし、中高域が持ち上げられてアタックが強調されたドンシャリサウンドを作り出すノズルです。そのため実際のところ、抜けの高さは銀ノズルの方が良好に思え、音がより高くまで伸びている気がするかも知れません。

 黒ノズルではボーカルのボディが増える感じでしたが、こちらはボーカルの最も媚びたあたりを強調するので、艶やかで華やかな雰囲気を加え、同様に銀ノズルより前進させます。ボーカルの強調される位置が異なるので黒ノズルとはどちらが前進しているかは単純に比較できませんが、一般に男声ボーカルなら黒、女声ボーカルなら金が相性が良いでしょう。子音の強調が強くなるので、臭みは少し強くなるかも知れません。サ行の刺さりが出る可能性も高いです。

 中高域の楽器音は非常にアグレッシブでスネアは最も前進してビシバシ感を強調し、ハイハットもギラつきを強めます。一方で中域の奥行き感は増すので、ピアノは若干後退し、中域の見通しは非常に良くなっているとともに前方定位的になり、左右も少し広く聞こえます。実際説明書ではクラシック向きと書かれていますが、音の雰囲気がクラシック向きかは好みがあるので置いておくにしても、音場の雰囲気はオーケストラ的になります。

 またリズムはスピード感が最も速く、たたき込みも強く、アタック感が最も強いです。

 銀ノズルや黒ノズルになかった艶やかさと華やかさのある音になりますが、中高域で輝きも強く、押し出し感も強く、ガチャリやすいところがあり、圧迫感もあるので少し聞き疲れはしやすいかもしれません。

www.ear-phone-review.com

 

ファーストインプレッション(銀ノズル)

 今回は標準イヤピの中で、茶軸シリコンのLサイズを使ってファーストインプレッションを確認します。

 

明るいながらも自然な光沢感のあるピアノ、ボーカルは少しささくれ立つ(Aimer「六等星の夜」)

六等星の夜

六等星の夜

 MacaW GT600s Proの全ノズルの中で、銀ノズルの最大の特徴はボーカルのボディが薄いことかも知れません。たとえばAimer「六等星の夜」のような曲を聴くと、出だしのピアノは非常にきれいに光沢を出し、適度な打ち込みの硬さもあって鮮明度が高く、解像感が非常に高く思えます。しかし、直後に入るボーカルは口を開いた瞬間のスーッという息を吸い込む音さえヒスノイズのように強調されており、シャーシャーした毛羽立ちの強い、乾燥した、ハッハッと息継ぎをする犬のようにハスキー気味の声色になります。またツ音に少し尖りが出てややとげとげしいところがあり、ボディが膨らまないので、上下の動きはシームレスですが、その分味わえるポイントは多くなく、やや一本調子のボーカル表現になっています。

 むしろボーカル付近で一貫して透明感のある、しかも打ち込みのしっかりしたやや硬いメロディーを奏でるピアノのほうが主役なのでは?と思えるくらい活き活きしています。低域は薄味でベース音の存在感が薄いので、重厚感はあまりありません。ドラムはやや浅いですが、アタックは適度に強く出します。そのため傾向としてはタイトな音ですが、活き活きしています。そして胴鳴りが相対的にしっかりしており、量感が極端に不足している感じもありません。この曲の場合少し粘りながらバチバチした感じに聴かせます。

 弦楽は少し筋立ちが強く、倍音の強調がちょっと強めです。ややギリギリしたエッジのある音になりますが、自然な風味を逸脱していない感じで、倍音の雰囲気が好きな人を充分に満足させつつ、露骨にギシギシする不自然さは出しません。

 

エレキギターは相対的に穏和でのびやか、見通し感が良い(奥華子「一歩前に」)

一歩前に

一歩前に

 「一歩前に」というタイトルの曲ですが、銀ノズルで聴くと、ボーカルはむしろ一歩下がって聞こえます。しかし、中域ではほかの楽器、たとえばエレキギターは穏和でボーカルと距離を取り、ボーカルよりは少し華々しい雰囲気がありますが、それでもアタックを抑え、ボーカルを邪魔しないようサポートしています。

 ボーカルよりもピアノの方が活き活きしているような気がしてしまうのは「六等星の夜」と共通で、この曲のピアノは穏和なほうだとは思いますが、やはり打ち込みがしっかりし、力強い感じで艶やかさを出すので、ボーカルよりは音にハリがあって、手がかりが多く、存在感で勝ります。

 全体的にボーカルはピアノとせめぎ合いをしている感じで、息が高く伸びるサビでは、ピアノより高い位置に頭を出してのびやかさを出してくれますが、普段はピアノの存在感に頭を抑えられているような雰囲気があります。

 

音は硬く、シャープでソリッド(高橋李依「小さな恋のうた」)

小さな恋のうた

小さな恋のうた

 暖かみはやや不足気味で、かなり硬くクールなサウンドに聞こえると思います。たとえば高橋李依「小さな恋のうた」を聴くと、アコースティックギターはかなり硬くギラつきもあってカリカリしており、シンバルも硬質でシャリシャリというよりはチャリチャリのほうが近く、ボーカルと低域には暖かみがあまりないので、この曲が非常に金属的に聞こえます。そのためミニチュア感があり、オルゴールサウンドに近い雰囲気があるかも知れません。

 ボーカルのボディの不足についてはすでに何度も述べたので詳しくは繰り返しませんが、ボーカルに甘味と媚びが比較的あるこの曲でも、ボーカルは乾いていて、スーハー感は強調されており、子音は尖ります。アタックは強くないのでギャンギャン吠える感じはなく、むしろ媚びを抑えて自然な雰囲気が少し感じられて、息は強いですがほどほど元気な、清楚な感じになります。

 アコースティックギターとシンバルが終始ボーカルの近くに居座って、少しギラつく硬い音を出していますが、刻みはきれいで清潔感はあるので、くどめではありますが、極端にくどい感じではありません。

 金属光沢感を相対的にしつこくない感じで出しつつ、しかし硬いギラつく感じは充分に出してくれて、しかも清潔な後味があるので、金物的なサウンドが好きな人にはむしろ心地よいでしょう。少し派手めでしかも白っぽい音ですが、アコースティックギターのエッジの粒立ちはきれいです。

 

分解能は高く、EDMトラックに緻密さがある(Snail's House「Cinnamon」)

Cinnamon

Cinnamon

 高域は緻密さをかなり出すので、たとえばSnail's House「Cinnamon」のようなEDMトラックでは非常に音が分解されて緻密な印象を受けます。しかもこのイヤホンの場合、金属的な光沢感に強調が加えられるので、この曲の場合、電子音の一部に金物的な煌めき感が丁寧に感じられ、ただひたすらに細かいだけでなく、その細かい粒子に質感の違いを感じ取ることができます。キラキラではなく、ジャラジャラ、ギラギラみたいなちょっと濃い色味があるので、電子音が活き活きして聞こえます。

 低域は薄味でタイトですが、床面は浅く軽めながらもパンチが少し感じられ、底が抜けている印象はありません。しかしブーム感は弱いので、深みはなく、音が浮游している感覚が強いです。

 アタックはそれほど強調しないので適度に落ち着いた雰囲気でガチャる感じも少なく、清潔感があります。分解能が高く聞こえる割に音がギシギシする感じが強いわけでもなく、わずかにギシギシ感はありますが、耳障りではありません。

 ここで私が一番強調したいのは、分解能的な解像度は高いイヤホンで、さらに清潔系ですが、高域で金属的な質感を出してくれるので、音がただ粒立つだけのイヤホンではなく、味わいには事欠かないということです。

 

【4】概括

 今回はMacaW GT600s Proの銀ノズルについてその音質インプレッションを確認しました。非常に清潔で爽やかな雰囲気がありながらも、シャープでソリッドな手がかりの多い分解能重視のサウンドを持っており、倍音成分の表現が聴きやすく、メタリックな音がきれいで、ピアノにも充分な存在感があることを確認しました。低域の支えが少し弱く、ボーカルは若干かすれやすくてボディが薄いのが気になりますが、明るい緻密なメタリックサウンドが好きな人には、かなり好ましい音に聞こえるでしょう。

 この製品について興味が湧きましたら、引き続き、レビュー記事をお楽しみください。

www.ear-phone-review.com

 

 

MacaW GT600s Pro

MacaW GT600s Pro

【国内正規品】 MacaW チューニングノズル搭載 ハイブリッド カナル型 イヤホン GT600s Pro

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:音量による変化、各イヤホンの特性を考慮した補正などを行っておらず、測定環境もスマホマイクで集音しているので非常にアバウトで厳密ではありません。レビュー執筆の参考に使っていたものの、これまでは公表してきませんでしたが、これまでサンプルを取って聴感上の印象と照合してきた感じ、それなりに参考にはなりそうなので、試験的に公開していきたいと思います。いずれ勉強を深めて信頼性を高めていきたいとは思いますが、本ブログは周波数特性の測定をメインとしていませんので、期待しないで下さい。私自身も聴感上の音像印象の解釈の補助として利用しているだけで、この周波数特性イメージを全面的に信頼し、依拠しているわけではありません。

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事