audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【フォトレビュー】audio-technica ATH-ANC300TW:独特の夕映えのようなノスタルジックな美しいサウンドがとても好き

audio-technica ATH-ANC300TW

audio-technica ATH-ANC300TW

 

 

audio-technicaについて

 audio-technica(オーディオテクニカ)は東京都町田市に本社を置く日本の音響機器メーカーです。もともとはレコードプレーヤー用のカートリッジ販売で創業しましたが、その後業務用音響機器を取り扱い、ヘッドホンやマイクロホンの市場に参入しました。ヘッドホン・イヤホンでは、いまや民生の廉価なモデルからプロ用のモニターモデルまで幅広いラインナップをそろえるようになり、世界の家電量販店で見ないことはない、日本を代表するオーディオブランドです。

 そのaudio-technicaのフラッグシップ完全ワイヤレスイヤホンとして発売されたのがaudio-technica ATH-ANC300TWです。

 

audio-technica ATH-ANC300TW

 

オーテクの高い技術力と音響センスが凝縮されたATH-ANC300TW

 実際のところ、audio-technica ATH-ANC300TWはスペック的にみると、ライバルの機種に比べてわりと物足りなく思えることは事実です。専用アプリ「Connect」も使い勝手が良いとは言えませんし、連続再生時間は長くなく、搭載されているドライバー口径も小さめで、技術仕様をライバルのANC搭載完全ワイヤレスイヤホンと比べると、みすぼらしく覚えるかもしれません。しかし、だからこそ私にはATH-ANC300TWの独特の美しいサウンドはわりと驚異的に思えるのです。限られた資源をフル活用して、静寂感があり歪みも少なくて、音像が丁寧に聞き取れるだけでなく、聞き疲れのしないサウンドを実現しています。

 

 一方で私はこのサウンドがとても好きで入れこんでいるというより惚れこんでいるので、客観的なレビュアーとしての立場を踏み越えてほめちぎってしまうかもしれないという恐れも抱いており、そしてこの美しいサウンドを独占したいし、この良さがわかる人とだけ体験を共有したいというような浅ましさも持っています。

 あるでしょ?初期から応援してたアーティストが有名になってくると、なんか居心地が悪くなる感じ。私はいきものがかり*1が好きで、すごく熱心に聴いたり褒めたりしてたんですけど、いきものがかりが紅白とかに出始めると、少し冷めちゃうというか。たとえば家族に「あんたの好きな、いきものがたりが、紅白出てるよ」とか言われると、なんか気持ちよくないといった感じ。

 まあとにかく何が言いたいかというと、ATH-ANC300TWのことが好きなので、できることなら世間にあまり知られず、このイヤホンを楽しめる特権みたいなものを独占したいところがあるってことです。このATH-ANC300TWは個人的には当初ほとんど期待してなくて、オーテクのANC対応機種ってだけで予約購入したんですが、聞きこむうちにそのサウンドに魅了され、いまや私の大好きなイヤホンの1つになっています。

 あまりに好きなんで、これまでもATH-ANC300TWについてたくさん記事を書いてきました。今回また書いてるわけですけれどもw

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

オーテクらしいシンプルでわかりやすいパッケージ

 完全ワイヤレスイヤホンはわりとシンプルなパッケージが多く、開梱体験で凝っているということはあまりありません。ATH-ANC300TWもイヤホン本体がすぐ取り出して楽しめるようになっており、どちらかといえば実用性重視のコンシューマーパッケージです。

audio-technica ATH-ANC300TW
audio-technica ATH-ANC300TW
audio-technica ATH-ANC300TW

 

 付属品には十分な数のイヤーピース、専用充電ケーブル(Type-C)、専用充電ケース、マニュアル類などが含まれています。

audio-technica ATH-ANC300TW
audio-technica ATH-ANC300TW

 

ビルドクオリティは良好

 全体的に高級機らしい落ち着いたデザインになっており、ビジネススーツに合わせても違和感がなさそうです。モールドが強調されたメカニカル感のあるデザインになっており、フェイスプレートには光を当てると輝く金属光沢もあって、全体としてシックでありながら、細かい作り込みが感じられ、安っぽさはありません。

ATH-ANC300TW
ATH-ANC300TW



 ケースから出せば自動ペアリングが開始され、スマホやデジタルオーディオプレーヤー(DAP)のBluetooth画面からすぐに接続できます。

 専用アプリConnectがありますが、GPS機能などが必要なのでほとんどDAPで使えないということもあり、またできることがノイズキャンセリングやヒアスルーの効果を調整するのとファームウェアアップデートくらいなので普段から頻繁に使うアプリでもないと思います。

 ただし、ファームウェアアップデートのためには必須ですので、DAPで使うのがメインの人でもときどきはスマホに接続してファームチェックはしておいたほうがいいかもしれません。

 

 audio-technicaのもうひとつのお気に入り機種、ATH-CKS5TWと一緒に写真に収めてみます。ケースデザインはATH-ANC300TWのほうがよくまとまっていて一般的には持ち運びやすいと思いますが、場合によってはATH-CKS5TWの横長サイズのほうが使いやすい場合もあるかもしれません。個人的にはATH-CKS5TWのケースはでかくてオーディオバッグに収納しにくい感じだったので、ATH-ANC300TWのほうが好みですね。

www.ear-phone-review.com

  

ATH-ANC300TW
ATH-ANC300TW
ATH-ANC300TW

 

 なお、ATH-ANC300TWとATH-CKS5TWの音質の比較については以下の記事を参照してください。

www.ear-phone-review.com

 

装着サンプル
audio-technica ATH-ANC300TW
audio-technica ATH-ANC300TW
audio-technica ATH-ANC300TW

 

ATH-ANC300TWのノイズキャンセリング性能はどれくらいですか?

 ANC性能はライバルに比べて強力というわけではありませんが、価格帯の標準クラスを満たしています。空調の音はほとんど聞こえなくなります。またヒアスルー時は不自然なホワイトノイズの感覚もありません。

 

音質

 ATH-ANC300TWの音質はピーク感が抑えられ、低域のノイズ感も少ない、聞き心地のよいサウンドが特徴です。今回はPioneer XDP-20 ごちうさコラボモデルにつないで音楽を聴いてみます。XDP-20はBluetoothで相性問題があったりする機種ですが、ATH-ANC300TWとつないでもとくに不具合は感じません。

www.ear-phone-review.com

 

冬眠

冬眠

 

 普段からATH-ANC300TWで聞くのが大好きなのはヨルシカの曲です。ヨルシカの曲は私には独特のノスタルジックな味わいが感じられるのですが、ATH-ANC300TWは空間の静寂感を増し、色合いを少し暗く、音楽をどことなくセピア色というか、夕焼けの中で聞くような雰囲気で聞かせてくれるので、ヨルシカの曲の物悲しいあたりをうまく引き出してくれます。

 今回はヨルシカの中でもわりと暗い曲である「冬眠」を楽しんでみようと思います。ATH-ANC300TWはボーカルが前面に出てくるようにはなっておらず、少し暗いところにいるのですが、ボーカルの周辺に十分な静寂感があるのでフォーカスはしっかりしています。ボーカルは少し暗めなのですが、背景がそれ以上に暗いので、幽玄というか輪郭はぼんやりしているのにはっきり聞こえます。息の端は空間に消え入るようで嫋やかなのですが、ボーカル自体には十分にスポットライトが当たります。また中域下部から中低域の支えも良いので、ボディは十分にあり、甘いサウンドになっています。「冬眠」の静かな雰囲気をさらに音の輪郭を柔らかくして、音場全体を滲ませて聞かせるような、より懐かしさを感じさせる表現になっていて、レトロな味わいに思えます。「耳に馴染む」ような音で、聞き心地は非常によく、長時間聞いても疲れません。それでいて色づきは良く、ほのかな明るさの光沢があって艶があり、高域はシャープで音楽全体が引き締まっているので、音像は明確で聞き飽きません。

 

audio-technica ATH-ANC300TW
audio-technica ATH-ANC300TW

 

ATH-ANC300TW

 

audio-technica ATH-ANC300TWの技術仕様

ヘッドホン部
  • 型式:ダイナミック型
  • ドライバー:φ5.8mm
  • 出力音圧レベル:106dB/mW
  • 再生周波数帯域:20~25,000Hz
  • インピーダンス:14Ω
マイクロホン部
  • 型式:MEMS型
  • 指向特性:全指向性
  • 感度:−32dB(1V/Pa,at1kHz)
  • 周波数帯域:100~10,000Hz
通信仕様
  • 通信方式:Bluetooth標準規格Ver.5.0準拠
  • 最大通信距離:見通しの良い状態で10m以内
  • 使用周波数帯域:2.4GHz帯(2.402~2.480GHz)
  • 変調方式:FHSS
  • 対応Bluetoothプロファイル:A2DP、AVRCP、HFP
  • 対応コーデック:Qualcomm® aptX™ audio、AAC、SBC
  • 対応コンテンツ保護:SCMS-T方式
  • 伝送帯域:20~20,000Hz
その他
  • 電源:
    • ヘッドホン:DC3.7Vリチウムイオン電池(内蔵式)
    • 充電ケース:DC3.7Vリチウムポリマー電池(内蔵式)
  • 充電時間
    • ヘッドホン:約1時間
    • 充電ケース:約2.5時間
  • 使用可能時間 
    • 連続通信(音楽再生時):最大約4.5時間(ヘッドホン)
    • 最大約18時間(充電ケース併用時)
  • 質量
    • ヘッドホン:約7g(L側),約7g(R側)
    • 充電ケース:約50g
  • 防滴仕様:IPX2(ヘッドホン本体のみ)
  • 使用温度範囲:5~40℃
付属品
  • 30cm 充電用USBケーブル(USB Type-A/USB Type-C™)
  • イヤピース(XS,S,M,L)
  • COMPLY™ フォームイヤピース(M)

 

まとめ

 audio-technica ATH-ANC300TWはスペックだけ見ると平凡に思えるかもしれません。連続再生時間は4.5時間と短めですし、防水性能はIPX2とかなり控えめです。アクティブノイズキャンセリングの性能は十分ですが、ライバルに比べて優れているというレベルではありません。アプリの完成度も高いとは言えず、機能性で優秀というわけでもありません。

 しかし、その独特のサウンドはとても聞き心地がよく、静寂感のある美しいサウンドで、しかも長時間聞いていても疲れない絶妙なバランスになっています。もしあなたが完全ワイヤレスイヤホンのANC対応機種を探していて、まだこの機種を聞いたことがないなら、私のお気に入りの機種を、どこかで聞いてくださるとうれしいです。

 

audio-technica ATH-ANC300TW

audio-technica ATH-ANC300TW

audio-technica 完全ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング Bluetooth マイク付き ATH-ANC300TW

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:吉岡聖恵さん、ご結婚おめでとうございます!

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事