audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

LDAC

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー Astell&Kern KANN ALPHA インプレッションレビュー】それはFiiO M15を追い落とすことが出来るのか?

KANN ALPHAはKANN CUBEをより手軽に持ち運びたいというオーディオファンの夢を半ば実現しています。音質が少し変更されているのは残念ですが、機種の棲み分けという点でも全く同じものを作ってもしょうがないので、その点は批判するところではないかも知れま…

【HiFiGOアナウンス】CSR8675搭載Bluetooth 5.0対応のワイヤレスネックバンド型レシーバー Shanling MW200がリリースされました

現在市場に存在するブランドの多くは、Bluetoothワイヤレス接続を介してハイレゾオーディオエンターテイメントを楽しめる製品をリリースしています。Shanlingは、MMCXコネクタを搭載したIEM用のBluetooth対応の最新アップグレードケーブル、Shanling MW200を…

【HiFiGOレビュー】FiiO EH3 NC:ANC搭載ワイヤレスBluetoothステレオヘッドホンレビュー

FiiOは2007年に設立された中国のプレミアムコンシューマーオーディオブランドであり、その主要なラインナップは無数のポータブルミュージック製品にあります。デジタルオーディオプレーヤー(DAP)、ポータブルDACアンプ、インイヤーモニター(IEM)、優れた…

【HiFiGOレビュー】BluetoothドングルDACアンプ Hiby W3:その簡潔なレビュー

LDACが対応コーデックに含まれていることで、エントリーレベルのバージョンでありながら、素晴らしいアイデアを実現していて、優れた音質を持ち、大きな違いが生まれます。 価格も$63.99と競争力があります。その価格で、高品質のIEMをつないでBluetoothが実…

【ANC対応ワイヤレスイヤホン 1more EHD9001BA フラッシュレビュー】LDACに対応し、ANC性能も充分。バッテリー性能も良く、スポーツや通勤通学におすすめしたい機種

今回取り上げる機種は1more EHD9001BAです。1moreの最新アクティブノイズキャンセリング技術が導入されているワイヤレスイヤホンで、アクティブノイズキャンセリングON時でも15時間という長い再生時間を実現しているのが特徴です。また独自の「風切り音低減…

【HiFiGOレビュー】デジタルオーディオプレーヤー Hidizs AP80 Pro:そのパッケージ開封とクイックレビュー。絶妙なビルドとパワフルなサウンド!!

先月、Hidizsは財布に優しい最新のデジタルオーディオプレーヤー、Hidizs AP80 Proをリリースしました。このDAPは、高い評価を得ているこのブランドのオーディオプレーヤーAP80のアップグレードとしてリリースされます。最新のモデルは、強力なESS9218P DAC…

【HiFiGOレビュー】FiiO BTR3K vs BTR5:Bluetooth DACアンプを比較したユーザーレビュー!

定期的に革新的なオーディオ新製品を世に送り出し続けているブランドであるFiiOを知らない人は手を上げて! このブランドはほぼすべての価格帯とカテゴリーの製品を取り揃えており、高解像度オーディオプレーヤー、デスクトップDAC/AMPなどを製造しています…

【HiFiGOアナウンス】コンパクトなのにパワフルなデジタルオーディオプレーヤー Hidizs AP80 Proがリリースされました!!

Hidizsは最近、アップグレードされた新しいミニポータブルDAP – Hidizs AP80 Proを発表しました。AP80 Proのオーディオ機能の心臓部には2つの高性能DACチップがあり、くっきりとした透明感のあるリアルなサウンド出力を提供します。 DAPには、背面に立体視用…

【HiFiGOアナウンス】MQA対応据え置き型Bluetooth DAC「Topping D90」推参!!!

Toppingブランドのファンなら、ポータブルDAC/アンプのNXシリーズと据え置き型DAC/アンプのDXシリーズの成功をよく知っているでしょう。 彼らは最新のデスクトップレベルのDAC/PreAMPを昨年末に2019年12月にTopping D90の形でリリースしました。現在、D90は…

【HiFiGOアナウンス】Fiio BTR3Kがリリースされました!最新のBlurtoothレシーバーDAC/アンプです!

Fiioが2020年の製品ロードマップを発表したのは、昨日のことでした。そして本日、彼らは、近々登場するBluetooth DAC/AMPであるFiio BTR3Kの最初の外観を公表しました。 BTR3Kは、エントリーレベルのBluetoothドングルアンプであるBTR3のアップグレードとし…

【HiFiGOレビュー】FiiO LC BT-2:これぞハイレゾBluetoothケーブル!

FiiOはChi-fiオーディオ界隈でよく知られた名前であり、最新の高品質な製品をそれなりの頻度でリリースしています。今回は新しいBluetoothケーブル、FiiO LC BT-2をリリースしました。 FiiO LC BT-2は、以前に発売されたLC BT-1のBluetoothケーブルのアップ…

【HiFiGO レビュー】FiiO BTR5:これぞベストなBluetooth DAC/アンプ!!

FiiOは、Chi-fiオーディオ市場における革新的な存在であり、最新のBluetooth DAC/アンプであるFiiO BTR5をはじめ、あらゆる部門で常に新製品を提供し続けています。 BTR5は、FiiOの最新のBluetooth DAC/アンプであり、同じくBluetooth DAC/アンプの旧世代…

【HiFiGO レビュー】xDuoo 05BL Pro vs 05BL:5つのアップグレード

xDuooは価格重視のオーディオファン向きのブランドですが、常に非常に優れたコスパの製品を提供してきました。XD-05 DACアンプ――据え置きクラスの音をポケットに持ち運べる汎用性の高さによって常識を変えたDAC/アンプです――は注目を集めたモデルで、たちま…

【HiFiGOレビュー】Shanling M6:Android DAP!

中華オーディオの世界は過去10年間で爆発的に拡大しました。この国が特に得意とするのは、優れたデジタルオーディオプレーヤーを製造することです。Shanlingはまさにその分野に特化した企業であり、そして完全にスタープレーヤーとなっています。このレビュ…

【HiFiGO レビュー】Fiio BTR5:クイックレビュー

最上級クラスのスマートフォンやデジタルオーディオプレーヤー(DAP)はますます大きく重くなっており、何らかの解決方法が発見されない限り、ポケットを圧迫し続けるでしょう。FiiOのラインナップで4番目のBluetoothレシーバーアンプであるFiiO BTR5を導入…

【ポータブルヘッドホンアンプ Shanling UP4 レビュー】現状で最高のBluetoothレシーバーアンプの一つで、しかも最もコスパが良い。おすすめ

ぶっちゃけ肝心のアプリがまだリリースされていないので、この機種の真価を評価するのは不可能なんですが、今の段階でも充分に完成度は高く、現状ではFiiO BTR5との実質的な差は少ないと思われるので、こちらのほうが安上がりに済むだけお得かも知れません。…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー FiiO M15 ファーストインプレッション】現状で最高のポータブルDAPと思える圧倒的機能性とハイエンドの音質

FiiO M15のファーストインプレッションはかなり驚くべきもので、10万円台の高パフォーマンス機と比べても同等か、より優れた音楽再生環境を提供してくれるはずです。アンプパワーは充分にパワフルで、音質もナチュラルかつ高解像度でバックグラウンドノイズ…

【ANC搭載ワイヤレスヘッドホン SONY WH-H910N レビュー】中華の1万円以下のノイキャンヘッドホンに比べると少し性能が勝るが、使い勝手で劣る。LDACに対応しているのが魅力かな。

中域に適度に音を集めつつ、高域で透明感を出すような味付けになっています。ボーカルは子音が目立たず、滑らかに聞けるバランスになっています。比較的万能に聞ける感じではあると思いますが、アタックを強調する感じではないので、立体感は少し緩く思える…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー Hiby R6 PRO レビュー】Android系DAPでアプリ対応が良い。音質は見通し感と厚みのバランスが良く、すっきりしつつも風味がある万能系。おすすめ

世間の評判があまり良い感じに思えなかったんで、結構後回しにして慎重に選んだんですけど、使い勝手は想像以上で、個人的にはFiiO系よりよほど使いやすいです。確かに最初に述べたように問題点の指摘が多い機種で、それが適切な批判であるかは別にして、人…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー Cayin N6II レビュー】完全ワイヤレス&サブスクリプション時代到来の現代のオーディオファンのための最強DAP降臨!女声ボーカル最強伝説。おすすめ

完全Androidで遊べるっていうのが私には一番の魅力になっている機種です。もちろん音質的にも非常にツヤがあって奥深い風味のある音を出すので、女声ボーカルはかなり聴き応えを感じます。オーディオマザーボード交換でどれだけ音が変わるかはこれからですが…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー SONY NW-A55/LLS 『ラブライブ!サンシャイン!!』Edition レビュー】なんだかんだ言って使い勝手と音質のバランスが良く、最高にコスパが良いのはNW-A50シリーズだ。だから2台目も買っちゃったぞ

私は普段、店頭試聴はマイイヤホンと聞き比べる感じでやっています。ただDAPの音味の違いが出てしまうところだけが最近気になってきてて、同じDAPが2台あると試聴はかどるだろなーって思ってたんですよね。そしたらちょうどいいくらいにNW-A55がラブライブと…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー SONY NW-A55HN Disney FANTASIA コラボモデル レビュー】なんだかんだ言って使い勝手と音質のバランスが良く、最高にコスパが良いのはNW-A50シリーズだ。

優れたSONY製DAPの中で現状最もコスパが良く、万人向きで満足できるのがNW-A55です。バランス接続に興味があるし、オーディオにお金をかけても構わないという人はNW-ZX300に進むべきですが、音質以外はNW-A55に劣ります。

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー SONY NW-ZX300 レビュー】ミドルレンジ帯最高の使い勝手を誇る高コスパ機。細かな弱点もあるが、連続再生時間はライバルを圧倒する。

SONY製のミドルレンジDAPがNW-ZX300です。SONY製DAPはほかのメーカーと比べても材質感に凝ったところがあって高級に見えるのが好きなところです。そして世界で一番売れているシリーズだけあって、ウォークマンの使い勝手の安定感の高さはなんだかんだいって…

【ワイヤレスオーディオレシーバー FiiO BTR3 レビュー】高級イヤホンをワイヤレス化するのに超便利。価格も手ごろで多くのコーデックに対応する高コスパBluetoothレシーバー

現状でコスパ面で最有力のBluetoothオーディオレシーバーである。この分野ではもはや国産機種は存在感を完全に失っており、中華製品の躍進が目立つ。ワイヤードイヤホンの音質を維持しつつ、ワイヤレス化も実現したい人には有力な選択肢。あるいは現状のワイ…

【ワイヤレスオーディオレシーバー RADSONE EarStudio ES100 レビュー】現状コスパ最強ワイヤレスオーディオレシーバーの一角。バランス接続可能で使い勝手も良く、音質も3万円以下のエントリークラスのDAPに劣らない。ファームウェアアップデートでLDACに対応

DACチップを2つ搭載しているというだけあって、同価格帯の下手なDAPよりも再生品質は高く思える。音の傾向としては若干丸く調和的だが、奥行き感もよく、解像度的には高く思える。旭化成といえば「AK4490」が最近人気で、ミドルレンジのDAPから中華製の低価…

【ワイヤレススピーカー SONY SRS-XB20 レビュー】厚みのあるベースとドライ気味な中高域で渋めのロックサウンドを奏でる。R&Bもよい

音質的にはドンシャリ系。後継機種のSRS-XB21に比べると、出力がよい分、メリハリを感じる。高低の立体感では、SRS-XB21のほうが突き抜け感を感じてより攻撃的なのだが、音場の印象では、XB20のほうがより広い印象を受ける。低域でもXB21がどうしてもブーミ…

【ワイヤレスポータブルスピーカー SONY SRS-XB31 レビュー】どこでもミュージック体験!持ち運ぶのが楽しいポップスタイルな外観と音楽

LDAC対応でワイヤレスでもハイレゾ相当の音質が楽しめるというコンセプトはSRS-HG10と共通。ただこちらはハイレゾ対応ではない。SRS-HG10に比べるとスピーカー出力が向上しているが、それが素直に量感と立体感に表れている。SRS-HG10にはやや骨格の細いとこ…

【ハイレゾ対応ワイヤレススピーカー SONY h.ear go 2 SRS-HG10 レビュー】地平線をしっかり意識させる重厚な低域の上に、音楽を構築する。SONYらしく付加価値で勝負している機種

LDAC対応でハイレゾ相当の音質が楽しめるのがウリ。テスト機に用いたのはSONY製のLDAC対応プレーヤー NW-A27HN。SONY製品同士相性は悪くないはずだが、aptX対応のライヴァル機DENON Envaya DSB250BTに色味でやや負けている印象を受ける。同価格帯で競合関係…

【aptX対応ワイヤレスイヤホン SONY MDR-XB80BS レビュー】ドライでビターなテイストが魅力の低域重視型モデル

ソニー SONY ワイヤレスイヤホン MDR-XB80BS : 防水/スポーツ向け Bluetooth対応 リモコン・マイク付き ブラック MDR-XB80BS B おすすめ度*1 ASIN B01M0PKNUJ かなり大きめのイヤーフック形状をしたワイヤレスイヤホン。耳当たりは意外に柔らかく、装着感は…

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事