audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOガイド】サウンドシグネチャーとは何か?解説します

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

f:id:kanbun:20200514144333j:plain

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com


サウンドシグネチャーとは何か?解説します

 オーディオ機器のほとんどのレビューには、「サウンドシグネチャー」という単語が含まれています。しかも、それは少し不可解です。サウンドシグネチャーはデバイスの特性です。その一方で、誰もが自分の好みを持っています。オーディオギアを購入するとき、私たちは自分の好みに合うことを願っています。ヘッドホン、イヤホン、スピーカーは、そうした土俵の上で判定されるのです。新しいギアの追求は、実際には私たちが好きなものを探すことです。新しいギアを見つけ体感するためにHiFiGOを是非利用して下さい。

 しかし、実のところ、私たちのほとんどは自分が好きなものについて混乱しています。重低音が好きですか?それとも、もう少し高域がほしいと思いますか?私たちが求めているのは明快さですか?これらの質問は私たちを非常に悩ませます。さらに、音の好みは人によって異なります。それも、時間とともに変化します。したがって、私たちは常に何が欲しいのかを厳密に理解しているわけではありません。この点で、検索は難しくなります。しかし、完璧なサウンドこそ私たちが愛するものです。

 なお、私はHD600が大好きです。しかし、もしかするとあなたはそれをこれまで聞いた中で最悪のヘッドホンだと思うかもしれません。しかし、それはそのヘッドホンのせいではありません。そうではなく、その音の特徴(サウンドシグネチャー)が気に入らなかったということです。つまり、好みに合わなかったのです。したがって、この好みは非常に主観的なものです。 好きなものと嫌いなものを区別するのは難しいことです。不可能ではありませんが、時間をかけて考える必要があります。

 精度、周波数応答、S/N比、歪みに基づいてオーディオギアをテストできます。しかし、それはベンチマークではありません。好みの要素においては、それは常にあなたの好みで終始します。よく構築され、調整されたヘッドホンでも、好みに合ったり合わなかったりすることはあります。好みに影響されるからといって、それが悪いオーディオギアであるということにはなりません。

 

サウンドシグネチャー

 すべてのオーディオ機器には、独自のサウンドプロパティがあります。 一部のパッケージは高音域を拡張しています。低域を強く揺らす製品もあります。その他、全体的にかなりバランスの取れた音質を提供するものもあります。ほとんどの場合、サウンドプロファイル全体はサウンドシグネチャーと呼ばれます。その基本を理解し、カテゴリを体系化すると、自分に適したオーディオ機器を見つけることができます。その後、好みに合わせて微調整することができます。 相性を考えたり、ケーブルをアップグレードしたり、ミュージックプレーヤーをアレンジしたりすることによって。

 まず、音の周波数の基礎を知る必要があります。 人間の耳は20kHzから20Hzまでの音を聞くことができます。 低域、中域、高域という言葉をよく耳にします。ですから、基本から学んでいきましょう。

 

サウンドシグネチャーの基本
  • 低域:音楽のスペクトルの最も低い部分または最も深い部分です。通常、10hz〜256hzのサウンドは低域と見なされます。 ベース楽器は低域を作り出します。そのため、これらの楽器はあなたの音楽に雰囲気の存在感を作り出します。ハーモニーの中で最も音の低い部分です。ベースギター、ドラムなどは、音楽のベースラインを作成します。
  • 中域/ボーカル:音楽の中間部分です。 250-2000hzが中域とされる範囲です。それにもかかわらず、ここは音楽にとって魔法がかかっている部分です。ほとんどの楽器やボーカルはこの範囲にあります。ですから、それらが自然に聞こえるためにあらゆるオーディオデバイスにとって、心臓部ともいうべき重要な部分です。
  • 高域:音の周波数のピークです。 範囲は2000〜20kHzです。 ただし、オーディオデバイスのディテールや明瞭性に影響することがよくあります。 私の意見では、ディテールはあらゆる周波数域に存在します。ただし、ソプラノの声、フルートの音色、ピッコロなどの楽器は高域音を作り出します。

 これらは最も簡単な基本であることに注意してください。 詳細を知りたい場合は、一言お願いします。

 最後に、サウンドシグネチャーの用語について説明します。 主に高低を指し、音が強調されているかどうかを示します。 強調されている場合、それがどこであるかをです。 そこで今回は、明るい、分析、中立、暖かい、暗い、V字のサウンドシグネチャーなどについてお話します。

 

さまざまなサウンドシグネチャー
分析的/モニターサウンド

 まず、いろはの「い」から始めます。 モニターサウンドは非常に中立的でバランスの取れたプレゼンテーションを提供します。しかし、高音域には少し存在感があります。 プレゼンテーションでは、微視的でマクロなディテールがより多く聞こえます。したがって、少しはっきりした印象になりますが、より複雑に音楽が再生されて聞こえます。一部の人々は、このようなプレゼンテーションには本当に対応できません。そのため、このようなサウンドは長時間聴いていると疲労感をもたらします。Beyerdynamic DT 1990 proはその良い例です。qdc Anole VXは、分析的なモニターIEMの最高峰の1つです。

 

バランスサウンド/ニュートラル

 バランスサウンドの特徴は、たとえるなら、ホットケーキです。 ほとんどのオーディオメーカーはこの目標を達成しようとします。低域から高域まですべての周波数にバランスがあります。そのサウンドのほとんどは自然に再現されます。どちらも凹んでいたりしませんが、平坦でもありません。色づけがないわけではありませんが、決して目立ちません。 原音に忠実で信頼性が高いサウンドです。

 それにもかかわらず、バランスサウンドは暖かく明るめのシグネチャーに分類される傾向にあります。 これらのタイプのギアは、音楽を正確に配信します。 したがって、低音、中音、高音の完璧な混合により、自然なサウンドの進行が得られます。

 $400の価格帯で最も自然な音色を持つDAPであるiBasso DX 160に注目すべきです。しかし、もしあなたがIEMの購入を計画しているなら、Audiosense AQ3は良好で自然な音色を提供します。

www.ear-phone-review.com

 

ブライトサウンド

 次に、ブライトサウンドについてですが、その意味はより高い周波数範囲でよりブーストされているということです。つまり、通常の中域周波数より高いところに強調があります。多くの人が鋭い高音を楽しんでいます。しかし、私たちの耳はこの音域でより敏感です。 明るいオーディオ機器を聴くと疲れやすい傾向があります。ただし、より明るい=よりディテールがあるという概念があります。とはいえ、それは常に本当であるとは限りません。先に述べたように、ディテールは全体に存在します。それにもかかわらず、「ディテール」の用語は高域強調型の、過酷な音質とともに認知されています。実際のところ、明るい音を持つオーディオギアは、録音の不完全さを明らかにしてくれるところがあります。したがって、専門家はしばしばブライトな音のヘッドホンを高く評価します。

 可変調整ノズル付きのLz A6は、他のサウンド調整オプションを備えたイヤホンと同じように、明るいイヤホンに分類することができます。

 

ダークサウンド

 ダークサウンド、つまり暗い音は、ウォームサウンドの一亜種である可能性があります。これは、低域周波数が大幅にブーストされていることを意味します。低域セクションが豊かで支配的に聞こえます。ただし、高域はロールオフの影響を受け、隠されているように聞こえるかもしれません。 ダークシグネチャーが好きな人はたくさんいます。それでも、ブライトシグネチャーのように多くの場合、極端になる可能性があります。

 

フラット

 フラットはオーディオファンの間で最も人気のあるシグネチャーの1つです。 ここでは、中域、低域、高域が常に同じレベルにあります。 それらのどれもブーストされたり強調されていません。 周波数特性グラフを描くと、平らな線のようになります。そこで、フラットというわけです。

 多くの場合、フラットはナチュラルまたはバランスサウンドと見なされます。 しかし、その間には細かい相違点があります。多くの人がフラットプロファイルを退屈なものとして扱います。しかも、フラットな周波数応答を実現することはほぼ不可能です。 サウンドプロファイルに影響する多くの要因があるためです。

 

V字型/ドンシャリ

 これは人気のあるサウンドシグネチャーです。 ほとんどの消費者向けオーディオ機器には、このシグネチャーがあります。 ただし、オーディオマニアはそれに反対しています。 V字型は、周波数応答グラフの線形が「V」記号の形に表示されることを意味します。 そのため、「V字型」と呼ばれます。ここでは低域と高域のセクションがブーストされます。 中央部分は少し凹んでいます(目立たない)。ですから、あなたはキラキラとした高域音を聴きながら、雷鳴のような低域を感じることができるでしょう。音が大きく感じられ、エネルギーが少し増えます。これは、ヒップホップまたはポップリスナーに最適なオプションです。一方で、中域が穏やかな曲になると、ボーカルが聞き苦しく思えることがあります。したがって、クラシック音楽やボーカル志向の音楽には良い選択肢ではないかもしれません。

 よく「ファン(楽しい)サウンド」と呼ばれます。このシグネチャーの音は私たちの脳にとって楽しい音なので、非常に人気があります。 ただし、U字型シグネチャーという亜種があります。 V字型に似ていますが、中域の後退はあまり見られません。

 KBEAR DIAMONDは、お手頃価格で買える楽しいV字型シグネチャーのイヤホンです。

www.ear-phone-review.com

 

ウォームサウンド

 このシグネチャーはブライトサウンド/モニターサウンドの反対側にあるかもしれません。したがって、低域に重点を置いています。低域だけでなく、中域にも注力します。明るさがシャープさを増し、暖かさが滑らかさを増します。ウォームなオーディオギアはリラックスしたサウンドを提供します。したがって、長時間のリスニングセッションに最適です。ベースギター、チェロ、サックスは豊かで明瞭な音色が心地よく聞こえます。ただし、オーディオギアの温度が高すぎると、低域の存在感が高まります。このことにより雰囲気が混乱させられます。

 TRI i3ハイブリッドイヤホンはウォームなサウンドシグネチャーを持っています。 

www.ear-phone-review.com

 

結局何が欲しいんでしょう?

 これは主観的な部分です。低域の不足、ブーミーさ、高域のシャープネス、中域のボーカルがないことに対して、我々は不満を抱きます。そうした不満は自然なディテールと音の再現性を備えたギアを作ることで解決できますが、しかし、それは不可能です。結局個々人が別のものを選ぶからです。

 音響特性の上でポジティブな要素をすべて詰め込んだオーディオ機器はありません。したがって、完璧なものはありません。最終的なサウンドは、一連の要因の結果です。録音された音源からソースとなるDAPなどに至るまで、すべてが最終結果を変えます。すべてを満たす何でも屋のオーディオ機器はありません。したがって、すべてのジャンルの音楽に対して優れたオーディオ機器を手に入れることはできません。

 さらに、私たちは簡単に自らの脳をだますことができます。さまざまなサウンドタイプに順応できます。したがって、あなたの脳を訓練することが最適な道の一つであるということもありえるのです。ただし、注意を払えば、好きなシグネチャーがわかります。それでも、あなたはたくさんの製品を経験する必要があります。オーディオの世界を探検してください。ギアに適切な時間を与えてください。友人、店、イベントなどを通じて試聴し続けてください。それによって、あなたはオーディオに対するあなた自身の知覚を形成できるのです。

 だから、音楽を聴き、「ステイ・セーフ(余裕を持って)」で行きましょう!

 

  • 元記事の公開日:2020/05/13
  • 著者:HiFiGO

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事