audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOガイド】$1200未満で組む、おすすめのポータブルオーディオ構成

f:id:kanbun:20200510135822j:plain

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

$1200未満で組む、おすすめのポータブルオーディオ構成

 オーディオファンにとって、最高の音楽品質を得ることは常に最優先事項です。 しかし、次に購入すべき対象を検索するときはいつでも、市場にある多くの新製品に困惑させられます。Hifigoは常にコミュニティをサポートするために最善を尽くしており、最高の製品を最高の価格で提供するために最善を尽くしています。また、コミュニティの友人や顧客が次回の購入の混乱を軽減できるように、構成の推奨記事をさまざまな価格帯で提供しようと思っています。前回、初心者から中級レベルのオーディオファン向けの$500未満の価格帯のポータブルセットアップについて言及しました。こちらで確認できます。

www.ear-phone-review.com

 

 今回は、約$1000〜$1200の価格帯でポータブルセットアップの推奨構成を提供します。これにより、現在のセットアップをアップグレードして、より高いフィールドで音楽のゲームを楽しみたいユーザーや、オーディオの旅を始めたいと思っている友人のために、 この記事では皆さんのために、ミドルレンジからハイレベルのオーディオ製品まで取りそろえました。

 

良い音楽を楽しむコア、オーディオチェーン

 優れたオーディオチェーン(オーディオ製品の組み合わせ)は、音楽にあらゆる輝きと栄光をもたらしてくれ、音楽を楽しむためには非常に重要です。オーディオチェーンは、それによって組み合わされるアイテムとすべての側面に依存します。オーディオチェーンをこれから始めるユーザーは、優れた録音品質、CD品質かそれ以上のflacファイル、優れたオーディオソース、優れたアンプ性能、そして最も重要なことには優れたイヤホンを必要としています。ポータブルチェーンの場合、ユーザーが高品質の録音ファイルを持っていることを考慮して、通常は2つのアイテムでチェーンを構成します、1つは強力なソースで、たいていの場合、ポータブルを想定したデジタルオーディオプレーヤー(DAP)で、それを強力なアンプとインイヤーモニター(IEM)に組み合わせます。現在、市場には$60〜$70から$2000〜$3000までのDAPが数多くあります。しっかりしたIEMを使用して、予算内で強力で十分なDAPを実現するということであれば、ユーザーに素晴らしい音楽体験を提供するミドルハイレンジのIEMとそれに組み合わせるべきミドルレンジのDAPを検討するのがよいでしょう。それでは、これ以上議論せずに始めましょう。

 

iBasso DX160 2020 + Moondrop S8

価格

 $1099.98(117342円相当):iBasso DX160 2020($399.99)+ Moondrop S8($699.99)

長所

 1080P解像度の鮮明なディスプレイ、スムーズなUI、DAPのデュアル出力ポート、4.4mmバランス、フルオープンAndroid OS、両側に8BAドライバーを搭載したフラッグシップIEM、3Dプリントされた肌に優しい透明なイヤーシェル、快適なフィット感、優れたノイズ分離

短所

 DX160には2.5mmポートはありません

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Moondrop_S8_1024x1024.jpg?v=1589037723

 最初のポータブルセットアップの推奨構成として、iBasso DX160Moondrop S8で問題が発生することは決してありません。iBassoは最近、DX160 Android DAPを2020バージョンに更新しました。これは、より広い帯域幅とより高い出力電流を提供する新しいバッファを備えており、より優れ、よりクリーンな出力をもたらします。オープンなAndroid OSを実行できるので、ユーザーはTidal、Qobuzなどのストリーミングサービスを使用できます。3.5mmアンバランス出力の他に、DX160 2020は4.4mmバランスポートを備えた完全バランス出力も備えています。デュアルCS43198 DACチップを非常に効率的に利用し、最大13時間の良好なバッテリー寿命を提供します。Hi-Resコーデックを搭載したBluetooth機能、鮮明な1080P JDIディスプレイなど、必要なすべての機能を備えています。 DX160はクリーンなサウンド出力を備えています。すべてのIEMを簡単に駆動できます。

 Moondrop S8との相性はよく、リアルで自然なサウンドを出力します。Moondrop S8は素晴らしい音質を持っているだけでなく、絶妙に美しい外見を持っています。両側に8基のバランスドアーマチュアドライバーがあります。このIEMは一緒に優れた音を出し、鮮明なディテールを持ち、ニュートラルで自然なサウンド出力を再現します。エネルギッシュな感触があり、ボーカルは自然な風合いと音色を示します。IEMはエレクトロニック、ヒップホップ、ボーカル、アコースティックの曲にとてもよく合うので、これらのジャンルの楽曲が特にお好みなら、これは手に入れるべきイヤホンです。

 この組み合わせは約$1100の費用がかかり、最高峰のサウンド出力を楽しめ、音楽鑑賞の趣味への良い投資になるでしょう。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

ワンポイントアドバイス

 $80の追加投資でFiiO M11を購入できます。AK4493EQデュアルDAC構成に、3.5mmアンバランス、2.5mm、4.4mmバランスポートを含む3つの出力ポートが備えています。 ただし、DX160とは違い、鮮明な1080Pディスプレイはありません。

www.ear-phone-review.com

 

Shanlng M6 Pro + Moondrop Blessing 2

価格

 $1079.98(115208円相当):Shanlng M6 Pro($759.99)+ Moondrop Blessing 2($319.99)

長所

 オープンなAndroid OS、トリプル出力ポート、プレミアムなビルドクオリティと仕上がり、卓越したディテール再現、美しいルックス、明るい輝きのあるサウンド、広い音場

短所

 わずかに高域がピーキー

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Shanling_M6_Pro_fc621d47-0bb0-45e8-b461-bf7904a95586_1024x1024.jpg?v=1589038090

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Blessing_2_4981c9bf-9892-4581-8b5f-a1f5c523923f_1024x1024.jpg?v=1589038185

 

 Shanling M6 Proは、デュアルAK4497EQ DACチップを搭載したFiiO M11 Proと同様の仕様ですが、THXアンプ回路の代わりに、OPA1622 OPAMPおよびその他のローパスフィルターチップを備えたカスタムアンプユニットを備えています。M6 Proは強力な出力を生成し、IEMとヘッドホンに簡単に電力を供給します。

 Blessing 2は、両側に1基のダイナミックドライバーと4基のバランスドアーマチュアドライバーユニットを備えたハイブリッドドライバー構成を搭載した驚くべきインイヤーモニターです。くっきりとした透明感のあるきめ細かいサウンド出力を備えています。Blessing 2は低インピーダンスで高感度ですが、Shanling M6 Proのような強力なソースで美しく輝きます。IEMは、優れたサウンド出力を生成します。このイヤホンは、美しいボーカル、豊かな重低音、そして詳細な風通しの良い楽器音を持っています。 Blessing 2の唯一の問題は、一部の人々を悩ませるかもしれない高音域のわずかなピークが生じる可能性があるということです。EDM、メタル、その他の音楽のクイックジャンルによく合います。そして強力な低域と詳細な高域があります。

 この組み合わせの総費用は$1079.98です。これは、詳細なサウンド出力のための私たちの手助けになるオーディオ構成の1つです。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

FiiO M11 Pro + Dunu DK3001 Pro

価格

 $1148.99(122570円相当):Shanlng M6 Pro($679.99)+ Dunu DK3001 Pro($319.99)

長所

 バランスのとれたニュートラルサウンド、豊かでみずみずしいディテール、ナチュラルで透明なボーカル、深い低域、パワフルでクリーンなTHX AMP、モジュラープラグ、プレミアムケーブル、ストリーミングアプリへの対応、トリプル出力ポート

短所

 M11 ProのAndroid OSはV7.0で古い

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Dunu_DK3001_Pro_1024x1024.jpg?v=1589038299

 

 これは、私たちがほぼ毎日使用するお気に入りのポータブル構成の1つです。

 DUNU DK-3001 Proは、非常にバランスのとれたニュートラルなIEMであり、両側にハイブリッド5ドライバーセットアップを搭載しています。Dunuが設計したモジュラープラグ付きの非常にプレミアムな単結晶銅ケーブルが付属しています。パッケージには、3.5mmアンバランス、2.5mm、4.4mm、および3.5mmバランスプラグを含む複数のエンドプラグがバンドルされています。したがって、ソースにある出力ポートが何であれ、そのままの状態でそれらすべてをサポートします。

 一方、FiiO M11 Proは、デュアルAK4497EQ DACチップセットとパワフルなTHXアンプ回路を備えたFiiOブランドのミドルレンジDAPです。3.5mmアンバランス、2.5mm、および4.4mmバランスポートの3つの出力ポートがあります。この組み合わせは際立って透明に聞こえます。このペアリングは、ローエンドとハイエンドで素晴らしい拡張機能を使って、パリッとした心地よいディテールを作り出します。低音のレスポンスは深くてパンチがあり、ボーカルは自然で透明感があり、楽器は自然な音色とトーンを持っています。このオーディオチェーンは自然な音色とトーンを持ち、サウンド出力を有機的で生き生きとしたものにします。細部が豊かで完全にバランス接続されるサウンド出力を探している場合は、これ以上探す必要はありません。Dunu DK-3001 Proを搭載したFiiO M11 Proを入手して、長い間満足してください。

 この組み合わせは全体で約1150ドルかかります。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

ワンポイントアドバイス

 ユーザーは、上記のセットアップでFiiO M11 ProをShanling M6 Proに切り替えることができます。 どちらも同じ仕様ですが、Shanling M6 Proの方が出力が高く、ヘッドホンで使用できます。

 

ユーザーが上記のDAPとペアにできるその他の推奨IEM機種
QCA Mojito

価格

 $399

ドライバー構成

 6基のバランスドアーマチュアドライバーユニット(4基のKnowles製BA+2基のSonion製BA)

長所

 非常に美しい外観、駆動が非常に簡単、真空管のようなアナログサウンド、厚みのある緑豊かな中域、中域充実系のチューニング

短所

 ローエンドが遅いため、同じ価格のDunu DK3001 ProやMoondrop Blessing 2と比較すると、ディテールは少し物足りなく感じられます

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Mojito_1024x1024.jpg?v=1589038385

 QOA Mojitoは、Kineraの姉妹ブランドであるQueen Of Audioからの最新のインイヤーモニターです。 これは、現在市場で入手可能な最も美しいIEMの1つです。 両側に6基のBAドライバーユニットがあり、4基のKnowles BAドライバーと2基のSonion BAドライバーを備えています。IEMは、厚いボーカルと風通しの良い楽器を備えた中域充実系のサウンド出力を備えています。 低音は少し遅く感じられ、ディテールは他のIEMに比べてそれほど良くありませんが、美しいボーカルがそれを補います。 あなたが美しい緑豊かなボーカルのためのIEMを購入することを考えているなら、QOA Mojitoの入手を検討できます。

www.ear-phone-review.com

 

Cayin YB04

価格

 $499

ドライバー構成

 4基のバランスドアーマチュアドライバーユニット(2基のKnowles製BA+2基のSonion製BA)

長所

 CNC航空グレードのアルミニウムシェル、優れたマイクロディテールの再現、非常にドライブしやすい、強力なディテール出力

短所

 イヤーシェルは少し重く、ボーカルは大音量ではシャウトがきつくなりやすいです

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Cayin_YB04_1024x1024.jpg?v=1589038480 Cayin YB04は、見た目が美しくエレガントな外観の、見事に構築されたIEMです。 このイヤホンは、CNC航空グレードのアルミニウムの本体で構成され、高品質の結晶OFC銀合金ケーブルが付属しています。ボーカルは音量が大きくなるとやや大きめにシャウトしやすいかもしれませんが、強力でディテール感のあるサウンド出力を持っています。 鮮やかなディテールを生み出し、メタル、エレクトロニック、またはその他の同様の速いジャンルを聴くのに非常に良いペアです。ボーカルに関しては、Cayin YB04を入手することはお勧めしません。価格は499ドルで、上記のDAPと問題なく組み合わせることができます。

www.ear-phone-review.com

 

編集後記

 今回紹介した組み合わせは、消費者が$1200以下の価格帯で入手できる最高のハイミドルレンジポータブルオーディオセットアップです。 これらは弊社でテストされており、ミドルレンジの価格帯で最高のサウンド体験を提供できることを保証します。私たちにあなたの考えや現在の設定を報告してくださる場合や、さらに質問がある場合は、コメントをお寄せ下さい。

 

  • 元記事の公開日:2020/05/09
  • 著者:Candice Song

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事