audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOガイド】中華イヤホン・IEM購入ガイド 2021

ヘッドライン

中華イヤホン・IEM購入ガイド 2021

中華イヤホン・IEM購入ガイド 2021

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

 

 KineraQOAの流通方針に基づき、元記事から以下の製品についての情報は割愛しております。

 

中華イヤホン・IEM購入ガイド 2021

 一般にIEMとして知られているインイヤーモニターは、最も広く使用されているトランスデューサータイプの1つです。高品質の音楽を楽しむために、必ずしもHiFiオーディオのセットアップは必要ありません。外出先では携帯音楽プレーヤーやスマートフォンで、自宅ではデスクトップチェーンで気軽に使うことができます。HiFiブランドもこの点を考慮し、常に最新の製品を市場に送り出すことに尽力しています。

 2021年の第1四半期はもうすぐ終わります。 DUNU、Kinera、Moondropなどの多くのHiFiブランドが、コミュニティから高い評価を得ている多くの最新のIEMをリリースしています。今日は、それらのいくつかについて、あなたが次のIEM購入を決定しやすくするかもしれない私たちの考えをご報告するつもりです。それでは、始めましょう。

 

  以下が今日話題にするIEMのリストです。

 

 

 昨年末に発売された製品もありますが、その価格帯でも高い評価を得ているため、この記事に掲載しました。また、様々な価格帯のIEMを掲載することで、様々な予算のユーザーがこの記事を参考にできるようにしています。最初に、これらの製品がどのように見えるのか、どのように組み合わされるのかを画像で紹介し、その後、それぞれのサウンドの音色や特徴について紹介します。では、始めましょう。

 

デザインと外観

中華イヤホン・IEM購入ガイド 2021

中華イヤホン・IEM購入ガイド 2021

中華イヤホン・IEM購入ガイド 2021

 

DUNU Studio SA3

DUNU Studio SA3

DUNU Studio SA3

 

 DUNU Studio SA3は、DUNU社初のマルチBA IEMです。高性能バランスド・アーマチュア・ドライバーを片側3基ずつ搭載し、高精度な3Dプリントのイヤーシェルを採用しています。さらに、高品質の単結晶銅ケーブルを付属し、音質の向上を実現しています。

 

サウンドシグネチャー

 DUNU SA3は、自然なトーンと音色を持ち、非常に美しく、豊かなボーカルを表現します。男声ボーカルも女声ボーカルも、究極の透明感で表現され、心を和ませ、リラックスした聴き心地を提供します。豊かな質感を持つ低音のインパクトが良く、高音は透明でリラックスしています。私はこのIEMを、リラックスしたアコースティック音楽のために常に使用しています。

 

ビルドクオリティと装着感

 DUNU Studio SA3のビルドクオリティは素晴らしいです。イヤーチャンバーは高精度の3Dプリント技術で作られており、そこにユニークなハンドペイントのフェイスパネルが取り付けられています。重さはわずか13gで、非常に快適でしっかりとしたフィット感が得られます。

 

小括

 周波数範囲全体でくっきりとした明瞭さを備えた、美しく詳細なボーカルを聴くのが好きな場合は、DUNU StudioSA3が最適です。 それは$159.99の価格を持っています。 こちらのストアページでより多くの詳細をチェックすることができます。

 

 

DUNU Studio SA6

DUNU Studio SA6

DUNU Studio SA6

 Studio SA3に続き、進化したマルチBA IEM DUNU Studio SA6が登場しました。その名の通り、SA6は高性能BAドライバーを片側6基搭載しています。また、UV樹脂製のイヤーチェンバーや高品位の無垢材を使用した木製のフェースプレートなど、DUNUの美しいクラフトマンシップが発揮されています。DUNU SA6は、無垢のスタビライズドウッド製パネルの独特の質感により、一台一台がユニークな外観を持っています。

 

サウンドシグネチャー

 DUNU Studio SA6は、温かみのあるニュートラルなアプローチのアコースティックモデルです。音の出方は豊かで、音楽の細かなディテールをよく再現してくれます。SA6で美しく聞こえないジャンルはありません。ロック、ポップス、EDM、ボーカル、アコースティック、ライブなど、私がテストしたすべてのジャンルを引き立ててくれます。また、このIEMにはチューニングスイッチが搭載されており、オンにすると低音域のレスポンスが向上します。SA6の低音域はパンチが効いていて、深みがあり、一発一発にインパクトがあります。技術的なパフォーマンスと優れたサウンドの透明性のために、私が日常的に使用しているモデルです。

 

ビルドクオリティと装着感

 DUNU SA6のイヤーシェルは、見た目にもとても華やかです。熟練した技術者によって完全に手作りされています。金型への流し込み、研磨、サンドブラストなど、様々な工程を綿密にチェックして、SA6の品質を実現しています。フェイスパネルには独自の無垢材を使用しており、一台一台に個性的な表情を与えています。イヤホン本体はわずか10.6gの超軽量に仕上げられています。長時間のリスニングでも気にならない快適でしっかりとした装着感を実現しています。

 

小括

 DUNU Studio SA6は、オールラウンダーなIEMです。聴くジャンルを選ばず、優れた透明感とディテールで音楽体験を楽しくしてくれます。このIEMには、高品質の銀メッキ単結晶銅ケーブルが付属しており、エンドプラグは交換可能です。現在、私が最も気に入っているIEMの1つです。価格は$549.99で、詳細はこちらのページをご覧ください。

 

 

DUNU DK-3001 Pro

DUNU DK-3001 Pro

DUNU DK-3001 Pro

 DUNU DK-3001 Proが登場したのは昨年のことでした。それ以来、多くの好意的な評価を得てきました。この製品は、1基のDDと4基のKnowles製BAドライバーを片側に装備した5ドライバーハイブリッド構成を採用しています。DK-3001 Proには、DUNU社が特許を取得したモジュラークイックスイッチ技術を採用した高品質の単結晶銅ケーブルが付属しています。ケーブルには交換可能な終端プラグが付いており、パッケージには3.5mm SE、3.5mm PRO、2.5mm Bal、4.4mm Balのエンドプラグがバンドルされています。

 

サウンドシグネチャー

 DK-3001 Proは、バランスのとれた自然なサウンドを提供します。伸びやかでパンチの効いた低音域から、魅力的で生き生きとした高音域まで、DK-3001 Proはすべてを提供します。ボーカルも自然な音色で表現されています。また、周波数帯域全体の透明感も素晴らしいです。W型の特徴を活かしたスムーズで透明感のあるサウンドが気に入っています。

 

ビルドクオリティと装着感

 DK-3001 Proイヤピースは、フォームファクタが小さく、イヤーノズルが長いです。 金属製ですが、重すぎるということはなく、実際にはむしろ非常に軽量です。IEMは私の耳にしっかりと座って外耳道を完全に覆い、環境ノイズから隔離してくれます。DK-3001Proのビルドクオリティはかなり良いと思います。

 

小括

 DUNU DK-3001 Proは高品質のパフォーマーであり、透明で生き生きとしたサウンドシグネチャーをユーザーに提供します。明快さと自然な色調でさまざまなジャンルを引き立ててくれます。DK-3001Proの価格は$469です。詳細については、こちらのページをご覧ください。

 

 

BGVP DM8

BGVP DM8

BGVP DM8

 BGVPのIEM「DM」シリーズは、マルチBAのセットアップを提供し、コミュニティで高く評価されています。その最新作が8BAのIEM、BGVP DM8です。緻密なディテールと高解像度の透明感を備えた、洗練されたサウンド出力を実現しています。シルバーの透明樹脂製シェルと、独自のスタビライズド・ウッド・イヤー・シェルの2種類が用意されています。

 

サウンドシグネチャー

 BGVP DM8は、優れたトーンバランス、スムーズで透明感のある高音、素早い低音、魅力的な中音を備えた完璧なバランスのサウンド出力をユーザーに提供します。DM8で聴くボーカル・レスポンスは素晴らしく、男声ボーカル、女声ボーカルともに鮮明でクリーンなサウンドを聴かせてくれます。洗練された成熟したサウンドシグネチャーを生み出し、さまざまな音楽ジャンルをうまく引き立てます。

 

ビルドクオリティと装着感

 BGVP DM8は、精巧に作られた完璧な仕上げのイヤーシェルを実現しています。トランスペアレント・シルバーとソリッド・スタビライズド・ウッドの2種類のバリエーションがあります。人間工学に基づいた形状で、重量は両耳で8.6gと軽量です。私の耳にぴったりとフィットし、外耳道全体をカバーしてくれます。

 

小括

 BGVP DM8はその役目をしっかりと果たし、優れた音色で愛らしく音楽的な音を出力します。 装着感も非常によく、音楽を聴くのが楽しくなるような製品です。価格は$350で、詳細はこちらのページをご覧ください。

 

 

KBear Believe

KBear Believe

KBear Believe

 昨年末、KBearはBElieveを発表しました。BElieveは、現在主流となっているベリリウム素材を振動板に採用したシングルダイナミックドライバーユニットです。ベリリウムとは、超軽量かつ超高剛性という希少な素材で、高品質なDD振動板には欠かせない素材です。これまではハイエンドのIEMやヘッドホンにしか搭載されていませんでしたが、$180という低価格で提供されたことで注目を集めました。

 

サウンドシグネチャー

 KBear Believeに搭載されているDDドライバーは、太くてパワフルなサウンドパフォーマンスを生み出します。太くて重いパンチが深くヒットし、瞬時にインパクトを残します。ボーカルは瑞々しく、感情がよく伝わります。高音部は伸びが良く、疲れない出力です。実にゆったりとしたリラックスした出力で、パンチのある低音が他の周波数をよく引き立てています。

 

ビルドクオリティと装着感

 KBear Believeのイヤーシェルは、樹脂素材のシェルに比べて重めの作りになっています。ケーブルを除いた重量は約22gです。メタリックなキャビティとカーボンファイバー製のフェースプレートを採用しています。 イヤーピースには短い金色のノズルが付いており、IEMの外観を引き立てています。装着感については、重さはあまり気にならず、しっかりとしたフィット感が得られます。

 

小括

 ベリリウムであろうとなかろうと、KBear Believeの音はとてもしっかりしています。リラックスしてゆったりとした音が特徴で、スムーズなリスニングセッションのためのお気に入りの1つです。価格は$180で、詳細はこちらのページをご覧ください。

 

 

Moondrop Illumination

Moondrop Illumination

Moondrop Illumination

 Moondrop社は、中国の有名なオーディオ機器製造ブランドです。Illuminationは、シングルダイナミックドライバー構成の彼らの最新フラッグシップIEMです。金色に輝く光沢仕上げにより、業界で最も美しいIEMの1つとなっています。

 

サウンドシグネチャー

 Moondrop Illuminationは、ニュートラルなアプローチで、ほのかに温かみのあるサウンドを出力します。低音域は存在感があり、素早く深い音を奏で、重低域はよく伸びるランブル、中音域はかなり豊かできめ細やか、高音域は滑らかで透明感があります。疲れを感じさせないスムーズな音響特性を示しています。

 

ビルドクオリティと装着感

 Moondrop Illuminationは、金色の光沢仕上げで、まるでジュエリーのように美しく仕上げられたIEMです。イヤーシェルには傷防止の錫メッキが施されており、傷から保護されています。完全に金属製であるにもかかわらず、イヤーシェルはそれほど重くなく、両側あわせてわずか14.5gしかなく、快適な装着感が得られます。しかし、個人的にはイヤーシェルのサイズが少し大きく、耳の小さい方にはフィット感に問題があるように感じました。

 

小括

 Moondrop Illuminationは、唯一無二の外観を提示します。このペアは、ゴールドの光沢仕上げを施した見事な作りで、人目を引くだけでなく、高級感と完成度の高さを感じさせます。開放感のあるサウンドが気に入っており、現在、MoondropのIEMの中で最も気に入っている製品の一つです。価格は$799.99で、詳細はこちらのページをご覧ください。

 

 

See Audio Yume

See Audio Yume

See Audio Yume

 See Audioは、業界では新しい名前かもしれませんが、このブランドの最初の製品であるSee Audio Yumeで注目を集めました。この製品は、強力なDDとカスタムチューニングされた2基のBAドライバーを搭載したトリプルドライバーハイブリッド型のインイヤーモニターです。このIEMは、2020年のハーマン・ターゲット・カーブに沿っていると言われています。

 

サウンドシグネチャー

 See Audio Yumeは、非常にスムーズで透明感のあるサウンドシグネチャーを持っています。私の意見では、このIEMは他の周波数を引き立てる十分な低音を再生し、中域は空気感と透明感があり、高音は魅力的で生き生きとしたレスポンスを示します。このIEMは、様々なジャンルをよく引き立て、ユーザーに楽しいリスニングを提供します。私の意見では、See Audio Yumeは$200以下の価格帯で最高のIEMの一つです。

 

ビルドクオリティと装着感

 See Audio Yumeは、非常に美しい樹脂製のイヤーシェルに、きらびやかなデザイナーズフェイスパネルを採用しています。人間工学に基づいたデザインで、重さはわずか8.6gです。外耳道全体をカバーする快適でしっかりとしたフィット感を実現しています。

 

小括

 See Audio Yumeは、鮮やかな外観と優れたサウンドを備えたIEMです。価格は$169で、詳細はこちらのページをご覧ください。

 

 

See Audio Neo

See Audio Neo

See Audio Neo

 See Audio Neoは、片側10BAのマルチBAを搭載したフラッグシップモデルです。ドライバーは、低域用に4個、中域用に2個、高域用に4個を備え、3ウェイの周波数分割で配置されています。鮮やかなトランジェントレスポンスと、広い周波数帯域に渡ってスムーズできめ細やかな出力を実現しています。

 

サウンドシグネチャー

 See Audio Neoは、ダイナミックで透明感のある音響性能を持っています。このIEMは、ニュートラルなサウンド・シグネチャーを持ち、わずかに低音を増強することで全体の出力を引き立て、わくわくして楽しいものにしています。技術的にも、バランスのとれた音色と広がりのある音場を実現しています。聴いていて実に見事なIEMです。

 

ビルドクオリティと装着感

 See Audio Neoは、卓越したビルドクオリティを特徴としています。イヤーシェルは、肌に優しい樹脂素材を使用し、ゴールドのフェイスパネルが輝きを放ちます。人間工学に基づいたデザインと軽量な造形で、長時間のリスニングにも快適な装着感を提供しています。

 

小括

  Crinacleのレビューサイトでは、See Audio Neoに非常に良いとされるA-の評価をつけています。美しいデザイナーズイヤーシェルと、バランスのとれたニュートラルなサウンドシグネチャーを持つSee Audio Neoは、所有するに値する素晴らしいIEMです。価格は$1099で、詳細はこちらのページをご覧ください。

 

See Audio Kaguya

See Audio Kaguya

See Audio Kaguya

 See Audioの新たなフラッグシップモデル See Audio Kaguyaが登場しました。Kaguyaは、非常に美しいイヤーシェルの中に4基のBAドライバーと4基のESTドライバーを搭載した、ユニークな8ドライバーハイブリッド構成を採用しています。

 

サウンドシグネチャー

 See Audio Kaguyaは、わずかにU字型のサウンドシグネチャーを持ち、究極の透明感とディテールの再現性を備えています。高音域、低音域ともによく伸びています。中域のパフォーマンスに関しては、わずかに後退しているにもかかわらず、その透明感は全く別のレベルにあります。ただ接続するだけで好きな音楽を思う存分楽しむことができるIEMの一つです。

 

ビルドクオリティと装着感

 他の2つのSee Audio IEMと同様に、Kaguyaにも素晴らしいイヤーシェルがあります。実際、現在の市場で最も見栄えのするIEMの一つです。紫色のイヤーピースと、その外観を引き立てるキラキラしたフェイスパネルを採用しています。イヤーピースの重さはわずか10.6gで、他のSee Audio IEMと同様に人間工学に基づいたデザインを採用しています。ぴったりとフィットし、装着感に問題はありません。

 

小括

 KaguyaはSee Audioのフラッグシップモデルであり、その性能も同様です。鮮やかなサウンドのディテール、優れたビルドクオリティ、そしてその機能のリストは尽きることがありません。価格は$1399で、詳細はこちらのページをご覧ください。

 

NiceHCK EBX21

NiceHCK EBX21

NiceHCK EBX21

 NiceHCK EBX21は、IEMではなく、高級感のある造りと滑らかな音質を実現したフラッグシップグレードのイントラコンカ型イヤホンです。イントラコンカ型イヤホンはIEMとは違うかもしれませんが、最終的には音楽がすべてですよね!?だからこそ、高性能なイヤホンをこのリストに入れました。

 

サウンドシグネチャー

 NiceHCK EBX21は、ニュートラルなサウンドシグネチャーを持ち、広大なサウンドステージを持っています。滑らかで透明感のある音を出力し、ディテールをきちんと再現します。このイヤホンは、広い広がりのあるサウンドステージと、出力の開放感で良いパフォーマンスを発揮します。ヴォーカルの透明感は言うまでもなく素晴らしいものです。

 

ビルドクオリティと装着感

 このイヤホンは、シルバーマット仕上げのプレミアムメタリックイヤーピースを採用しています。耳の外側にすっぽりと収まり、非常に快適なリスニング体験を提供してくれます。唯一の問題は、イヤーバッドタイプであるため、ノイズの遮断性がそれほど高くないことです。イヤホンの重さはわずか7.9gです。

 

小括

 NiceHCK EBX 21は、とてもいい音のするイヤホンです。広々としたサウンドステージは素晴らしい開放感をもたらし、周波数帯域全体での高解像度の明瞭さは、この価格帯では想像もつかないほどです。$219で購入できます。詳細はこちらのページでご確認ください。

 

まとめ

 さて、今回の記事はかなり長くなってしまいましたが、最新のIEMのサウンドシグネチャー、ビルドクオリティー、フィット感などについての洞察を提供するために最善を尽くしました。今回は様々な価格帯のイヤホンを取り上げましたので、次回の購入時の参考にしていただければ幸いです。 なお、現在の製品、新製品、または今後発売される製品についてご質問がありましたら、お気軽に support@hifigo.com までご連絡ください。

 

装着比較画像

中華イヤホン・IEM購入ガイド 2021

中華イヤホン・IEM購入ガイド 2021

中華イヤホン・IEM購入ガイド 2021


重量比較

中華イヤホン・IEM購入ガイド 2021

中華イヤホン・IEM購入ガイド 2021

 

HiFiGOクーポン

 HiFiGOで使えるクーポンです。

  • HIFIGO5
    $5 OFF
  • HIFIGOYM10
    $10 OFF 200ドル以上
  • HIFIGOYM20
    $20 OFF 600ドル以上
  • HIFIGOYM30
    $30 OFF 1000ドル以上
HiFiGO買い物ガイド

 

  • 元記事の公開日:2021/03/29
  • 著者:HiFiGO

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事