audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【aptX HD対応ネックバンド型リケーブルレシーバー KBEAR S1 レビュー未満】aptX HDでなかなか良さそうなBluetoothレシーバーですが、技適マークがありません

KBEAR S1

KBEAR S1

KBEAR S1 bluetooth ケーブル 2PIN bluetooth リケーブル 着脱式 ワイヤレス リケーブル 2PIN 高音質オーディオコーデックapt-X Bluetooth5.0 Qualcomm のQCC3034チップ CVC8.0イズキャンセリング IPX5防水 同端子採用のイヤホンなどに対応 Yinyoo【国内正規品】 (2PIN・Bluetoothケーブル)

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「通信テストはしておりません」

ASIN

B08D75WGHQ

スペック・評価
連続再生時間

7-10h

Bluetoothバージョン 5.0
対応ワイヤレスコーデック aptX HD/aptX/AAC/SBC
防水性能

IPX5

 対応コーデックはたぶんaptX HD/aptX/AAC/SBCです。

 残念ながら、この製品は技適を取得していない可能性が極めて高く、本体に技適マークがありません。そのため、レビューテストは断念しました。

 

 

【2】外観・インターフェース・付属品「パッケージとビルドクオリティは良好です」

 付属品は専用充電ケーブル(Type-C)、説明書(日本語なし)などです。パッケージングはこの価格帯では標準クラスです。同じ価格帯の類似のケーブルタイプのBluetoothレシーバーと比べると、本体のビルドクオリティは少し上等に思え、高級感を感じます。

 

KBEAR S1
KBEAR S1

KBEAR S1

 

【3】音質

 技適マークがないので、音質はテストしていません。

 あくまで直感によると、このケーブルでaptX HD接続する場合、もしかすると低域の深みと重みが少し減り、高域が少し派手に聴こえ、静寂感がわずかに減るように感じるかもしれませんが、機器同士の相性もあるでしょうから、詳しくはわかりません。どちらにしろテストはしていないので、想像で語っています。おそらく重低域が物足りなく、高域でわずかにピークが変化する感覚があるくらいだと思われるので、低域を重視する人でなければ、音質の再現度はそれなりに高いのではないかと私の本能が告げています。

 

【4】概括

 残念ながら本体に技適マークがありません。CEやFCCの認証マークもないので、これらの認証試験も受けていないようです。ビルドクオリティやパッケージの内容は価格を考えると、わずかに満足度が高いかもしれませんから、技適対応さえしていれば魅力的な製品になったかもしれません。

 

KBEAR S1

KBEAR S1

KBEAR S1 bluetooth ケーブル 2PIN bluetooth リケーブル 着脱式 ワイヤレス リケーブル 2PIN 高音質オーディオコーデックapt-X Bluetooth5.0 Qualcomm のQCC3034チップ CVC8.0イズキャンセリング IPX5防水 同端子採用のイヤホンなどに対応 Yinyoo【国内正規品】 (2PIN・Bluetoothケーブル)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


【完全ワイヤレスイヤホン katusy m7 レビュー未満】ビルドクオリティとパッケージングは価格相応。おそらく技適は取得していません

katusy m7

katusy m7

完全ワイヤレスイヤホンbluetooth 最新bluetooth 5.0+EDRが搭載 小型軽量 IPX5防水 両耳通話可 CVC8.0ノイズキャンセル 高音質 重低音 安定 ブルートゥース イヤホン 左右分離型 Siri起動 通話マイク内蔵 自動ペアリング (黒)

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「装着感はそこそこ良好」

ASIN

B0887WXZPR

スペック・評価
連続再生時間/最大再生時間

5.5h/27.5h

Bluetoothバージョン 5.0
対応ワイヤレスコーデック AAC/SBC
防水性能

IPX7

 そら豆型の外観をしています。比較的小型なので耳が小さい人でも装着感に違和感は出ないと思います。装着感はなかなか良好です。

 

 対応コーデックはたぶんAAC/SBCです。

 残念ながら、この製品は技適を取得していない可能性が極めて高く、本体に技適マークがありません。そのため、レビューテストは断念しました。

 

装着サンプル
katusy m7
katusy m7
katusy m7

 

【2】外観・インターフェース・付属品「パッケージは良好です」

 付属品はイヤーピース、専用充電ケーブル(Micro-B)、専用充電ケース、説明書(日本語対応)などです。パッケージングはこの価格帯では標準クラスで、付属品としてキャリイングポーチがついているのはうれしいかもしれません。本体のビルドクオリティはこの価格帯では標準的なレベルです。

katusy m7
katusy m7
katusy m7
katusy m7

 

【3】音質

 技適マークがないので、音質はテストしていません。

 

【4】概括

 残念ながら本体に技適マークがありません。CEやFCCの認証は受けているようです。ビルドクオリティやパッケージの内容は価格を考えると、わずかに満足度が高いかもしれませんが、充電端子がMicro-Bですし、音質以外の面でそれほど優れた製品というわけでもないです。

  

katusy m7

katusy m7

完全ワイヤレスイヤホンbluetooth 最新bluetooth 5.0+EDRが搭載 小型軽量 IPX5防水 両耳通話可 CVC8.0ノイズキャンセル 高音質 重低音 安定 ブルートゥース イヤホン 左右分離型 Siri起動 通話マイク内蔵 自動ペアリング (黒)

  

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


【完全ワイヤレスイヤホン Bluenin T30 レビュー未満】低価格でaptXに対応するスポーツ完全ワイヤレスイヤホン。商品ページには技適取得とありましたが、実際には技適マークがありません。販売業者とやりとりした結果、おそらく技適を取得していないことが判明しました

Bluenin T30

Bluenin T30

ワイヤレス イヤホン 高音質 bluetooth イヤホン スポーツ 耳掛け Hi-Fi 落ちない Bluenin ブルートゥース イヤホン Bluetooth5.0+EDR搭載 IPX7防水 音量調整可 マイク内蔵 ハンズフリー通話 WEB会議/テレワーク Siri対応 接続安定 iPhone/iPad/Android適用

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「装着感はそこそこ良好」

ASIN

B08CMKJX9T

スペック・評価
連続再生時間/最大再生時間

6h/136h

Bluetoothバージョン 5.0
対応ワイヤレスコーデック aptX/AAC/SBC
防水性能

IPX7

 イヤーフックタイプの外観をしており、装着感はなかなか良好です。

 

 対応コーデックはたぶんaptX/AAC/SBCです。

 この機種はamazonの商品ページに技適取得済みとあり、Q&Aでも取得済みとの返答があるにも関わらず、実際には本体を含め製品パッケージのどこにも技適マークがなく、また技適番号に関する記載がありません。

 業者に問い合わせたところ、技適番号ではない、何の番号かわからない謎のIDを返信してきました。おそらく販売業者は技適について充分な知識を持っておらず、この製品は技適を取得していないと思います。ただし、メーカーであるBluenin自体は過去に別製品で技適を取得している事例があります。ちなみに、この製品を売っている販売業者はBluenin(ShenZhen DolTech Technology)の直営店です。

 そういうわけで、この製品は技適を取得していない可能性が極めて高く、販売業者からも技適情報が得られなかったので、レビューテストは断念しました。

 

装着サンプル
Bluenin T30
Bluenin T30
Bluenin T30

 

【2】外観・インターフェース・付属品「パッケージは良好です」

 付属品はイヤーピース、専用充電ケーブル(Type-C)、専用充電ケース、説明書(日本語対応)などです。この価格帯ではわりと上等で、贈答品としても問題なさそうです。本体のビルドクオリティもなかなか良いです。

Bluenin T30
Bluenin T30

Bluenin T30

 

【3】音質

 技適マークがないので、音質はテストしていません。

 

【4】概括

 残念ながら本体に技適マークがありません。CEやFCCの認証は受けているようです。ビルドクオリティやパッケージの内容はわりと満足できそうですが、残念ながら日本国内で安心して使うことは出来ないでしょう。

  

Bluenin T30

Bluenin T30

ワイヤレス イヤホン 高音質 bluetooth イヤホン スポーツ 耳掛け Hi-Fi 落ちない Bluenin ブルートゥース イヤホン Bluetooth5.0+EDR搭載 IPX7防水 音量調整可 マイク内蔵 ハンズフリー通話 WEB会議/テレワーク Siri対応 接続安定 iPhone/iPad/Android適用

  

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


【ワイヤレスイヤホン ELEGIANT M10 レビュー未満】価格の割にパッケージ内容は悪くないですが、技適マークありません

ELEGIANT M10

ELEGIANT M10

Bluetooth イヤホン ELEGIANT ワイヤレス ヘッドホン 高音質 低遅延 長時間連続再生 人間工学設計 スポーツ マグネット内蔵 ハンズフリー通話 CVC IPX対応 両耳 ノイズキャンセリング 軽量 小型 便利に持ち運び フィット iPhone Android 各種対応【音質 防塵防水進化版 バッテリ進化版】 メーカー保証 M10

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「装着感は良好」

ASIN

B07F9VPBFW

スペック・評価
連続再生時間

5-8h

Bluetoothバージョン 4.1
対応ワイヤレスコーデック SBC
防水性能

IPX4

 イヤーフック付きで装着感はそれなりに良いです。

 

 対応コーデックはたぶんSBCです。この機種は技適番号を取得していないので、レビューテストは出来ませんでした。

 

装着サンプル
ELEGIANT M10
ELEGIANT M10
ELEGIANT M10

 

【2】外観・インターフェース・付属品「付属品は揃ってます」

 付属品はイヤーピース、専用充電ケーブル(Micro-B)、キャリイングポーチ、説明書(日本語対応)などです。この価格帯ではわりと上等かも知れません。

 

ELEGIANT M10
ELEGIANT M10

ELEGIANT M10

 

【3】音質

 技適マークがないので、音質はテストしていません。

 

【4】概括

 廉価で装着感も悪くない機種ですが、残念ながら本体に技適マークがありません。CEやFCCの認証は受けているようです。ビルドクオリティやパッケージの内容はわりと悪くありませんでした。

 

ELEGIANT M10

ELEGIANT M10

Bluetooth イヤホン ELEGIANT ワイヤレス ヘッドホン 高音質 低遅延 長時間連続再生 人間工学設計 スポーツ マグネット内蔵 ハンズフリー通話 CVC IPX対応 両耳 ノイズキャンセリング 軽量 小型 便利に持ち運び フィット iPhone Android 各種対応【音質 防塵防水進化版 バッテリ進化版】 メーカー保証 M10

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


【完全ワイヤレスイヤホン Dore T8 フラッシュレビュー】パワフルで重みのあるドラムと奥行き感のある中域、のびやかな高域を持つ。価格の割に高級感がある外観を持つが、通信品質やスペックは物足りない

Dore T8

Dore T8

「2020年進化版Bluetooth5.0」Bluetoothイヤホン ブルートゥースイヤホン 完全ワイヤレス イヤホンHi-Fi高音質 LEDデジタル残量表示 充電ケース付 自動ペアリング タッチ式 マイク付き Siri対応 iPhone/iPad/Android対応 絶妙なフィット感 布生地スタイル

 

 

 「フラッシュレビュー」はデータ中心の簡潔な内容で、ポイントを絞ってオーディオ製品を解説します。

 今回取り上げる機種はDore T8です。Doreというブランドについてはよく知りません。amazonで「Dore」と検索するとオーディオやガジェットより寝具などがよくヒットしますが、販売業者が同一なので、おそらく本来はそちらのほうが事業の主分野なのかもしれません。

 

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:3.5h/17.5h
  • 防水性能:おそらくありません
  • 対応コーデック:SBC
  • 技適番号:208-200008

 

パッケージ

 パッケージは価格帯の標準レベルです。付属品はイヤーピース、充電用ケース、充電用ケーブル(Type-C)、説明書です。 

 本体のビルドクオリティは特別優れているというわけではありませんが、充電ケースはファブリックコーディングされており、高級感があります。また、充電ケースのイヤホン収納部はそれほど深くないので、完全ワイヤレスイヤホン用のイヤーピース以外は収まりません。

 

Dore T8

Dore T8

Dore T8

 

装着サンプル

 耳に良く収まる形をしており、装着感は良好です。なお動作中は左右のLEDがピカピカ光るので、光るのが嫌いな人は注意が必要です。

 

Dore T8

Dore T8

Dore T8

 

接続品質

 SBCでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯ではやや貧弱な接続品質です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内ではそれなりです。距離耐性はそれほどでもなく、5m離れると少し途切れやすくなります。遮蔽物があると通信が不安定になります。

 またホワイトノイズはわずかにありますが、敏感な人でないと気にならないのではないかと思います。

www.ear-phone-review.com

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

www.phileweb.com

 

周波数特性

 上から順に、

  1. [標準イヤーピース S装着時]左右別
  2. [標準イヤーピース S装着時]左右平均
  3. [標準イヤーピース S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  4. [標準イヤーピース S装着時]左右平均(自由音場補正済み)

※また当ブログの自由音場補正については機材に合わせてサザン音響さんから提供された補正値を使用しております。

www.s-acoust.jp

 

Dore T8

Dore T8

Dore T8

Dore T8

 

 

 全体を見るとU字型あるいは穏やかなV字型というサウンドシグネチャーをしています。低域と高域のバランスも良く、わりと単純な形でピーク感が少ないのが特徴です。

www.ear-phone-review.com

 

 低域は重みに強調がありますが、輪郭感も良く、わりと見通しが良く、レイヤリングは比較的良好です。バスドラムはキックの重み、ボディの鳴り、床鳴りも良好ですが、ノイズ感は抑えめです。エレキベースは適度な黒みもありますが、厚みは少し抑えめで、わりと引き締まっています。低域弦楽は沈みが強い重厚感がある音で聞こえます。

 中域は後退しているので、ドライに聞こえます。低域に比べるとボーカルはやや奥にいますが、ボーカル帯域の上は静寂でフォーカスは悪くありません。子音に尖りはなく、声質は少し理性的で、息だけが少し伸びますが、ほとんどニュートラルに思えます。

 高域はわりと単純な形をしており、細かいピーク感がないので、音はわりと滑らかに伸びて聞こえます。バイオリンはのびやかで、奥から前に立体的に高くのびるように聞こえます。ハイハットのクラッシュは少し強調されますが、ギラつきはそれほど強くなく、清潔系で聞き心地はマイルドです。

 音場は奥行き感があり、適度な高さもあってレンジ感は悪くありません。全体像はドンシャリですが、ピーキーさがなく、聞き心地は結構安定しています。ただ低域は強めでパンチが少し強くパワフルさが強調されやすく、ボーカルが低域に対しては埋没的になりやすいので注意が必要です。低域が気になる場合はイヤーピースを小さめのものにしてみましょう。また解像度は価格なりです。

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

www.ear-phone-review.com

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。自由音場補正済みです。ソースはFiiO M15を用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使い、コーデックはSBCです。

www.ear-phone-review.com

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

JAZZ

anchor.fm

 

OST

anchor.fm

 

クラシック

anchor.fm

 

ロック

anchor.fm

 

総評

 重みとパワフルさのある低域、わかりやすいピーク感のない高域は個人的にはわりと好みですが、万人受けするかというと少し微妙です。スペックも平凡以下なだけでなく、通信品質も優れているとは言えません。充電ケースはオシャレですが、ピカピカ光るイヤホン本体は人によっては敬遠したくなるでしょう。防水性能がないのもちょっと残念です。インジケータで充電残量が一目瞭然なのは便利です。

 

Dore T8

Dore T8

「2020年進化版Bluetooth5.0」Bluetoothイヤホン ブルートゥースイヤホン 完全ワイヤレス イヤホンHi-Fi高音質 LEDデジタル残量表示 充電ケース付 自動ペアリング タッチ式 マイク付き Siri対応 iPhone/iPad/Android対応 絶妙なフィット感 布生地スタイル

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

【完全ワイヤレスイヤホン Holyhigh EA2 フラッシュレビュー】機能面では面白い機種で、Qiワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー機能は魅力。音質は典型的なウォームサウンドで聞き心地は安定しているが、ブーミー気味の低域は好みを分けそう。重厚な曲は荘厳な雰囲気で楽しめる。通信品質は非常に物足りない

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

ワイヤレス イヤホン 【Bluetooth イヤホン 最新版 5000mAh大容量バッテリー】完全 ワイヤレス イヤホン ブルートゥースイヤホン 抜群抜群のフィット感 Hi-Fi高音質 240時間連続再生 瞬時ペアリング 自動オン/オフ 両耳 左右分離型 マイク内蔵 ハンズフリー通話 Siri対応 CVC8.0ノイズキャンセリング IPX7防水 接続安定 低消費電力 完全ワイヤレスイヤホン iPhone/iPad/Android適用

 

 

 「フラッシュレビュー」はデータ中心の簡潔な内容で、ポイントを絞ってオーディオ製品を解説します。

 今回取り上げる機種はHolyhigh EA2です。HolyHighShenzhen YUANGU Technology社のオーディオブランドでMuziliArbilyなどの姉妹ブランドになります。ここはわりと真面目に技適やPSEを取って日本展開しているメーカーで、サポートも悪くありません。

 Holyhigh EA2は低価格の完全ワイヤレスイヤホンにも関わらず、5000mAhもの大容量バッテリーを備えているだけでなく、Qi規格のワイヤレス充電器としても使えることが特徴です。

 

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:5h/240h
  • 防水性能:IPX7
  • 対応コーデック:AAC/SBC
  • 技適番号:214-105249

 

パッケージ

 パッケージは価格帯の標準レベル以上です。付属品はイヤーピース、充電用ケース、充電用ケーブル(Type-C)、説明書です。 本体のビルドクオリティは特別優れている感じはありませんが、チープでもなく、標準的といった感じです。

 

 

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

 

装着サンプル

 耳うどん型の形をしています。装着感はわりと良好です。

 

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

 

接続品質

 AACでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯では貧弱な通信品質です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では一応普通に使えますが、それでも時々プチプチ途切れがちになります。距離耐性はあまりよくなく、5m離れると通信が不安定です。遮蔽物があると通信が完全に遮断され、送信元から切断されました。

 またホワイトノイズはわずかにありますが、敏感な人でないと気にならないのではないかと思います。

www.ear-phone-review.com

 

Qi規格のワイヤレス充電器として利用可能

 この機種はQi規格のワイヤレス充電器として使用できます。対応機種に対してであれば、外出先でいつでもどこでもケーブルレスのワイヤレス充電が可能です。

 下の画像はQi規格のワイヤレス充電に対応している完全ワイヤレスイヤホンLibratone Track Air+を使ってワイヤレス充電のテストをしているところですが、充電中を表す白いインジケーターが点灯しており、しっかりとワイヤレス充電に対応していることが確認できました。

www.ear-phone-review.com

 

Holyhigh EA2

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

www.phileweb.com

 

周波数特性

 上から順に、

  1. [AET07 S装着時]左右別
  2. [AET07 S装着時]左右平均
  3. [AET07 S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  4. [AET07 S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  5. [標準イヤーピース S装着時]左右別
  6. [標準イヤーピース S装着時]左右平均
  7. [標準イヤーピース S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  8. [標準イヤーピース S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  9. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み)
  10. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み/2khz-24khz拡大)

※「AET07 Sサイズ」は当ブログの測定用レファレンスイヤーピースです。それ以外のイヤーピースは特記がない限り、このイヤホンパッケージの標準添付のものです。

※また当ブログの自由音場補正については機材に合わせてサザン音響さんから提供された補正値を使用しております。

www.s-acoust.jp

 

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

 

 全体を見ると低域が隆起し、高域に向かってなだらかに下がっているようなウォームサウンドのサウンドシグネチャーをしています。中域上部に大きな谷があり、ウォーム寄りの穏やかなU字型とも言えるかも知れません。

www.ear-phone-review.com

 

 低域はかなり重みの強調があり、キックがズドンと重く出て、胴鳴りがしっかりしています。エレキベース音は暖かみが少し強く、人によってはボワ付く雰囲気に感じられるかもしれません。どちらにせよ、ややブーミーに聞こえやすく引き締まりが良い低域ではないでしょう。低域弦楽は太く重く、黒みがあり、床面に重く沈む、ゴリっとした音をしています。ライブ感のある低域ですが、輪郭が緩く、レイヤリングには優れていません。

 中域は低域よりは凹んでいますが、充分に前進的でそれほど埋没感はありません。輪郭はやや抑えめで丸い暖かいサウンドで適度な静寂感があります。ボーカルフォーカスはよく、ボディは充分で温かみがありますが、ボーカルの下半分くらいまでは低域の熱気が滲みやすいので、中域に清潔感を求める人には向きません。ボーカルは暖かみと甘味があり、芯はしっかりしていますが、のびやかさには少し欠けます。男声ボーカルは深みが感じられ、充実感のある太い声が好きならかなり楽しめます。

 高域は光沢感があり、手がかりもあって、わりと高い超高域にもピークがあるので適度な煌めき感と抜けも感じられ、単体ではわりと派手ですが、ボーカルより暗い感じになるので、開放感や存在感は強くありません。中域を引き立たせる、若干静寂な高域です。

 全体として安定感が重視され、シャープネスはやや抑えめで輪郭感も強調しすぎないウォーム系のサウンドになっており、重厚感のあるサウンドになっています。個人的には安月名莉子「たたくおと」とか岡部啓一「NieR:Automata Orchestral Arrangement Album」の「Orchestra: 遺サレタ場所」のような静かで重厚な曲は非常に聴き応えを感じますが、派手さがない大人びた音なので、明るい曲は少し重たく鈍く聞こえますし、音数の多い曲では低域によるマスキングが気になりやすいかもしれません。ただしレンジ感は悪くなく、音場にわりと立体感があり、ボーカルフォーカスは良好なのでブーミーサウンドが好きな人や重厚感のあるサウンドが好きな人には楽しいイヤホンでしょう。

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

www.ear-phone-review.com

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。自由音場補正済みです。ソースはFiiO M15を用いています。イヤーピースは標準イヤーピース Sサイズを使い、コーデックはSBCです。

www.ear-phone-review.com

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

JAZZ

anchor.fm

 

OST

anchor.fm

 

クラシック

anchor.fm

 

ロック

anchor.fm

 

総評

 重厚な曲を静寂感を出しつつ、ゆったり丁寧に聴かせる雰囲気は個人的には好きですが、万能な音質とは言い難く、とくに明るいアニソンやスピード感のある曲を好む若い層には受けが悪いと思われます。重みとライブ感はありますがブーミーになりやすい低域もモニター的な音質を好む層からは嫌われそうです。何より通信品質がよろしくなく、家庭内でも途切れがひどいくらいです。ただし、Qi充電機能を備えたモバイルバッテリーとして使えるという点は面白いです。

 

Holyhigh EA2

Holyhigh EA2

ワイヤレス イヤホン 【Bluetooth イヤホン 最新版 5000mAh大容量バッテリー】完全 ワイヤレス イヤホン ブルートゥースイヤホン 抜群抜群のフィット感 Hi-Fi高音質 240時間連続再生 瞬時ペアリング 自動オン/オフ 両耳 左右分離型 マイク内蔵 ハンズフリー通話 Siri対応 CVC8.0ノイズキャンセリング IPX7防水 接続安定 低消費電力 完全ワイヤレスイヤホン iPhone/iPad/Android適用

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

【完全ワイヤレスイヤホン BOMAKER SiFi 2 フラッシュレビュー】初代SiFiの単純な進化版ではない。より明るく、艶のあるサウンドを実現している。

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

【2020年令和新品】BOMAKER ワイヤレスイヤホン Bluetooth5.0 片耳モードあり HiFi音質 高品質内蔵マイク Bluetoothヘッドセット 自動ペアリング 騒音遮断 IPX7防水対応 音量調節/Siri喚起 iPhone/Android/iPadに適用 黒

 

 

 「フラッシュレビュー」はデータ中心の簡潔な内容で、ポイントを絞ってオーディオ製品を解説します。

 今回取り上げる機種はBOMAKER SiFi 2です。BOMAKERという企業は2015年に設立された若い企業「广东省宏博伟智技术有限公司」のブランドで、日本ではあまり知られていませんが、プロジェクターを中心に電子機器/AV機器を開発販売しています。amazonに出品しているメーカーとしては比較的大規模な販売主体になります。

 そのBOMAKERの名を一躍有名にしたのがBOMAKER SiFiで、低価格ながら当時の最新チップであるQCC3020をいち早く採用し、しかも音質が良好だということで海外で話題になり、国内でも高い評価を受けている機種です。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

 BOMAKER SiFi 2はそのSiFiの後継モデルに当たりますが、デザインやチップ構成は大幅に見直されており、音質にも変更が加えられたので、マイナーチェンジではなく、ほとんど別機種と言えるイヤホンに仕上がっています。

 

f:id:kanbun:20200507113630p:plain

 audio-sound @ hatenaはこの機種を「audio-sound @ hatena Highly Recommended」として、大多数の人にとって満足度が高いオーディオ製品であると推奨します。

 

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:6.5h/30h
  • 防水性能:IPX8
  • 対応コーデック:AAC/SBC
  • 技適番号:214-107433

 

パッケージ

 パッケージは価格帯の標準レベル以上です。付属品はイヤーピース(2種類)、充電用ケース、充電用ケーブル(Type-C)、説明書です。 

 本体のビルドクオリティは特別優れているというわけではありませんが、充分な品質を実現しています。

 

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

 

装着サンプル

 少し厚みのあるデザインになっていますが、耳への収まりは良好です。ただし、耳が小さい人は少し窮屈な付け心地に思うかも知れません。

 

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

 

接続品質

 AACでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯ではわりと上等な接続品質です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内ではそこそこ良いです。距離耐性はそれなりに良好で、5m離れても充分繋がっており、ほとんどシームレスですが、距離に応じて少しの途絶が出る場合があります。遮蔽物があると通信が不安定になります。

 またホワイトノイズはわずかにありますが、敏感な人でないと気にならないのではないかと思います。

www.ear-phone-review.com

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

www.phileweb.com

 

周波数特性

 上から順に、

  1. [AET07 S装着時]左右別
  2. [AET07 S装着時]左右平均
  3. [AET07 S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  4. [AET07 S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  5. [標準イヤーピース(厚型) S装着時]左右別
  6. [標準イヤーピース(厚型) S装着時]左右平均
  7. [標準イヤーピース(厚型) S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  8. [標準イヤーピース(厚型) S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  9. [標準イヤーピース(薄型) S装着時]左右別
  10. [標準イヤーピース(薄型) S装着時]左右平均
  11. [標準イヤーピース(薄型) S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  12. [標準イヤーピース(薄型) S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  13. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み)
  14. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み/2khz-24khz拡大)

※「AET07 Sサイズ」は当ブログの測定用レファレンスイヤーピースです。それ以外のイヤーピースは特記がない限り、このイヤホンパッケージの標準添付のものです。

※また当ブログの自由音場補正については機材に合わせてサザン音響さんから提供された補正値を使用しております。

www.s-acoust.jp

 

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

 

 全体を見るとわりとフラットに近い、穏やかなU字型と言えるサウンドシグネチャーをしています。低域は緩やかに隆起していてウォームなサウンドを実現し、高域に高いピークがあって中域に風通しをもたらしています。

www.ear-phone-review.com

 

 低域は重みの強調がありますが、熱気はそれほど強くなく、見通しが良くレイヤリングが良好です。ドラムキックは輪郭感がはっきりしており、膨らみが少なく、音像が引き締まっていて、スピード感があります。エレキベースとドラムキックの描き分けは良好ですが、エレキベースは少し厚みが抑えめで、黒みも強くなく、低域の重厚感を重視する人には明るめのサウンドに思えるかも知れません。低域弦楽は少し重みがありますが、透明感のあるサウンドで、躍動的に聞こえます。

 中域から中高域にかけては非常にフラットに近くチューニングされています。明るく見通し感が良く透明感があります。光沢感もあって艶やかな色合いをしていて、音像はくっきりと描き出されますが、ボーカルと楽器音は近めです。ボーカルは語尾が少し伸び、息も高く伸びるので、キラキラした楽器音に少し突っ込んで聞こえるかも知れません。高域と中域は分離的ではないので、人によっては音が静寂感に欠ける印象を持つかも知れません。質感は硬めでピアノ音がキンキン聞こえるという場合もあるでしょう。

 たとえば(K)NoW_NAME「seeds」を聴くと、楽器は色づきよく、ピアノは硬く明るめで、リズムは良好なトランジェントによってスナッピーでキレよく聞こえるので、わりと元気な曲調に聞こえます。後ほど比較しますが、この曲はSiFiのほうがボーカル帯域の上に静寂感があるので、個人的には落ち着いて、よりしみじみと甘味も増して聞こえ、好みに近いです。

 一方で明るい曲、たとえば三月のパンタシア「ピンクレモネード」のような曲ではSiFi 2のほうがリズミカルで明るく光沢感や透明感のある聴かせ方をするので、より楽しく聞こえます。ボーカルも少し媚びて聞こえます。SiFiのほうがもう少しパワフルで安定感のあるサウンドに聞こえますが、一方でボーカル周辺の分離感は良好でフォーカス感が良く、ボーカルの声質ももう少し落ち着きがあるということが言えます。

 

seeds
ピンクレモネード

 

 高域の高いピークは音場全体に風通しをもたらしていますが、一方でハイハットの粒立ちを目立たせてシルキーに聴かせ、バイオリンのエクステンションを強調し、トランジェントを強くしています。音場は伸びやかで音楽は全体が少し上向きに引っ張られて聞こえやすいです。

 

初代SiFiとの比較

 さて、ここでは初代SiFiとの比較になりますが、まず外観や機能面では以下のような大きな変更点があります。

  1. 外観が大きく変更されました(下の写真参考)
  2. SiFi 2はaptXに対応しません
  3. SiFi 2は防水性能がIPX8になっています
  4. 充電ケーブル用のUSB端子がSiFiではMicro-Bでしたが、SiFi 2ではType-Cになっています

 

SiFi 2 vs SiFi
SiFi 2 vs SiFi

 

 次に音質面での違いですが、以下のグラフはSiFi 2とSiFiの自由音場補正済み周波数特性の比較になります。下側のグラフは1khz以上を拡大したものです。イヤーピースはどちらもAET07で比較しています。コーデックはSiFi 2がAAC、SiFiがaptXでの接続になります。

SiFi 2 vs SiFi

SiFi 2 vs SiFi

 

 さて、大まかな全体のバランスには変更がないように思われますが、中域上部から中高域にかけて目立った変更点があることがわかります。簡単に言えば、SiFiでは中域上部に凹みがあって静寂感と奥行きを出して、高域と中域に分離感が出されてましたが、SiFi 2ではフラットなバランスになり、つながりがよくなっています。そのためSiFi 2はボーカルフォーカスの点ではSiFiに劣るかわりに、明るく、さらにくっきりして音像が聞こえるようになりました。より若者向きの元気な音になったとも言えますが、ボーカル周辺の音数が増え、ややボーカルが埋没しやすくなっています。

 SiFi 2は単純にSiFiの上位機種というわけではなく、とくに聞き心地の点ではSiFiが優れていると思われます。

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

www.ear-phone-review.com

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。自由音場補正済みです。ソースはFiiO M15を用いています。イヤーピースは薄型の標準イヤーピース Sサイズを使い、コーデックはSBCです。

www.ear-phone-review.com

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

JAZZ

anchor.fm

 

OST

anchor.fm

 

クラシック

anchor.fm

 

ロック

anchor.fm

 

総評

 SiFi 2は初代SiFiの美点を残しつつ、しかし単純なアップグレードモデルでない別機種と言って良いものに仕上がっています。よりフラットに近い音質になったり、初代が対応していたaptXに対応しないなど音質面や機能面でいろいろと差があります。とくにボーカルフォーカスを重視する場合、SiFiのほうが好ましいと思われます。一方でより原音忠実的なモニターサウンドを求めているならば、SiFi 2のほうが好ましく思えるでしょう。

 

BOMAKER SiFi 2

BOMAKER SiFi 2

【2020年令和新品】BOMAKER ワイヤレスイヤホン Bluetooth5.0 片耳モードあり HiFi音質 高品質内蔵マイク Bluetoothヘッドセット 自動ペアリング 騒音遮断 IPX7防水対応 音量調節/Siri喚起 iPhone/Android/iPadに適用 黒

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

【完全ワイヤレスイヤホン katusy lvhuan レビュー未満】低価格にしては良好なビルドクオリティと付属品により、パッケージ内容は良い。技適マークありません

katusy lvhuan

katusy lvhuan

イヤホン ワイヤレス Bluetooth イヤホン Katusy 2020最新型 即時接続 最新技術 スポーツ イヤホン タッチ式 Siri対応 Bluetooth 5.0+EDR搭載 左/右単独型 電量表示 自動ペアリング ハイキング アウトドア適用  持ち運び便利  運動に最適 sports wireless earbuds iPhone/iPad/Android適用 マイク内蔵 ハンズフリー通話 IPX5防水防塵  ギフト プレゼント イヤホン (ホワイト)

 

 

【1】装着感/遮音性/通信品質「装着感は良好」

ASIN

B0881CSBYD

スペック・評価
連続再生時間/最大再生時間

8h/20h

Bluetoothバージョン 5.0
対応ワイヤレスコーデック AAC/SBC
防水性能

IPX5

 耳うどん型ですが、装着感はなかなか良好です。

 

 対応コーデックはたぶんAAC/SBCです。この機種は技適番号を取得していないので、レビューテストは出来ませんでした。

 

装着サンプル
katusy lvhuan
katusy lvhuan
katusy lvhuan

 

【2】外観・インターフェース・付属品「パッケージは良好です」

 付属品はイヤーピース、専用充電ケーブル(Micro-B)、専用充電ケース、キャリイングポーチ、説明書(日本語対応)などです。この価格帯ではわりと上等かも知れません。

 

katusy lvhuan
katusy lvhuan
katusy lvhuan
katusy lvhuan

 

【3】音質

 技適マークがないので、音質はテストしていません。

 

【4】概括

 残念ながら本体に技適マークがありません。CEやFCCの認証は受けているようです。ビルドクオリティやパッケージの内容はわりと満足できそうなので、技適マークがないのが残念です。

 

katusy lvhuan

katusy lvhuan

イヤホン ワイヤレス Bluetooth イヤホン Katusy 2020最新型 即時接続 最新技術 スポーツ イヤホン タッチ式 Siri対応 Bluetooth 5.0+EDR搭載 左/右単独型 電量表示 自動ペアリング ハイキング アウトドア適用  持ち運び便利  運動に最適 sports wireless earbuds iPhone/iPad/Android適用 マイク内蔵 ハンズフリー通話 IPX5防水防塵  ギフト プレゼント イヤホン (ホワイト)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


【ANC搭載完全ワイヤレスイヤホン HUAWEI Freebuds 3 フラッシュレビュー】HUAWEI版Airpods。フラットかつマイルドでボーカルフォーカスの良いサウンドを持つ。アクティブノイズキャンセリング性能はあまり期待できません

HUAWEI Freebuds 3

HUAWEI Freebuds 3

HUAWEI ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン FREEBUDS 3/カーボンブラック【日本正規代理店品】

 

 

 「フラッシュレビュー」はデータ中心の簡潔な内容で、ポイントを絞ってオーディオ製品を解説します。

 今回取り上げる機種はHUAWEI Freebuds 3です。HUAWEIについては知らない人はおそらくいないと思われますが、中国を代表する通信機器メーカーでその分野において間違いなく世界トップレベルの企業です。

 そのHUAWEIのフラッグシップ完全ワイヤレスイヤホンがHUAWEI Freebudsです。その特徴はインナーイヤータイプで初めてアクティブノイズキャンセリングを搭載したところにあります。

 

f:id:kanbun:20200507114754p:plain

 audio-sound @ hatenaはこの機種を「audio-sound @ hatena Recommended」として、比較的多数の人にとって買って損がないオーディオ製品であると推奨します。

 

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:4h/20h
  • 防水性能:IP54
  • 対応コーデック:AAC/SBC
  • 技適番号:018-190316018-190317

 

パッケージ

 パッケージは価格帯の標準レベルです。付属品は充電用ケース、充電用ケーブル(Type-C)、説明書です。 

 HUAWEI版Airpodsを目指したと言って良い機種で、操作感やペアリング方法などはAirpodsを意識しているようです。

 

HUAWEI Freebuds 3

HUAWEI Freebuds 3

HUAWEI Freebuds 3

HUAWEI Freebuds 3

HUAWEI Freebuds 3

 

装着サンプル

 耳うどん型のデザインです。カナル型ほどしっかり嵌まる感じではありませんが、充分よく耳に収まります。

 

HUAWEI Freebuds 3

HUAWEI Freebuds 3

HUAWEI Freebuds 3

 

接続品質

 AACでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯では標準か、少し貧弱な接続品質です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内ではそこそこ良いです。距離耐性はそれなりに良好で、5m離れても充分繋がっていますが、シームレスではなく、距離に応じて少しの途絶があります。遮蔽物があると通信が不安定になり、遮断されます。

 またホワイトノイズはわずかにありますが、敏感な人でないと気にならないのではないかと思います。

www.ear-phone-review.com

 

ANC性能

 率直に言って、元々の遮音性が高くないせいか、ノイズキャンセリングの効果はあまりありません。ノイズキャンセリング効果はアプリで調整できますが、いろいろいじってみてもあまり効果が高くないどころか、レベルによってはヒアスルーになるのか外音のノイズが大きくなります。率直に言ってアクティブノイズキャンセリング目的でこの機種を買うのはあまり得策とは思えません。遮音性を重視するならアクティブノイズキャンセリングなしのカナル型を使うほうがいいくらいです。

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

www.phileweb.com

 

周波数特性

 上から順に、

  1. 左右別
  2. 左右平均
  3. 左右別(自由音場補正済み)
  4. 左右平均(自由音場補正済み)

※「AET07 Sサイズ」は当ブログの測定用レファレンスイヤーピースです。それ以外のイヤーピースは特記がない限り、このイヤホンパッケージの標準添付のものです。

※また当ブログの自由音場補正については機材に合わせてサザン音響さんから提供された補正値を使用しております。

www.s-acoust.jp

 

HUAWEI Freebuds 3

HUAWEI Freebuds 3

HUAWEI Freebuds 3

HUAWEI Freebuds 3

 

 全体を見るとわりとフラットに近く、中域上部に強調がある、中域充実系のサウンドシグネチャーを持っています。

www.ear-phone-review.com

 

 低域はすっきりしており、明るいです。キックは軽めで少し浅い印象を受けます。熱気はあまりなく、風通しの良い感じで見通し感はありますが、深みと重みが物足りません。リズム感は良いですし、浮き上がりがよく中域への支えは悪くありません。低域弦楽は重みはあまりありませんが、躍動的に聞こえます。

 中域は甘く、透明感があります。どちらかというとみずみずしさが感じられる中域ですが、前進的で厚みはそれほど強調されません。低域との繋がりは良く、少しウォームですが、空間はわりと清潔です。ボーカル帯域に強調があり、基本的にボーカルはやや上向きに前進的に聞こえ、フォーカスに優れています。ポップスを中心にボーカルによくスポットライトが当たって聞こえるでしょう。

 中高域は少し成熟で引き締まった感じがあります。高域ではわずかにクラッシュ感が強調され、風通しはわりと良好ですが、中域とバランスが取られており、開放的になりすぎないようになっています。

 全体としてバランス感覚の良いモニターフラットに近いサウンドですが、低域の深いところのレンジ不足と中域の強調によって、人によってかまぼこっぽいサウンドに聞こえるかもしれません。中域の透明感に優れており、濃厚感はそれほどでもありませんが、少し明るく甘味も充分に感じられます。

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

www.ear-phone-review.com

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。自由音場補正済みです。ソースはFiiO M15を用いています。コーデックはSBCです。

www.ear-phone-review.com

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

JAZZ

anchor.fm

 

OST

anchor.fm

 

クラシック

anchor.fm

 

ロック

anchor.fm

 

総評

 フラットに近く、中域へのフォーカス感に優れたイヤホンです。アクティブノイズキャンセリング性能に関しては、それほど効果が高くない上、せっかくアプリでインターフェースの割り当てが出来るのに、イヤホン本体で音量調整が出来ないなど、操作性やカスタマイズ性に限界があり、世界トップクラスのハイテク企業のイヤホンという割に、ガジェットとしても優れているとは言えないところがあります。

 しかし、音質はボーカルフォーカスが良く、透明感のある音場を持ち、全体的にマイルドでフラットな音質が好きな人には好まれるでしょう。

 

HUAWEI Freebuds 3

HUAWEI Freebuds 3

HUAWEI ノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン FREEBUDS 3/カーボンブラック【日本正規代理店品】

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

【完全ワイヤレスイヤホン Kinera YH623 フラッシュレビュー】肉厚で重みのあるパワフルなドラムが爆撃する気持ち良い低域や、甘やかな色づきの良い充実した中域が味わい深いウォームサウンド

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

 

 

 「フラッシュレビュー」はデータ中心の簡潔な内容で、ポイントを絞ってオーディオ製品を解説します。

 今回取り上げる機種はKinera YH623です。Kineraは当ブログではこれまで何度も紹介してきた中国のインイヤーモニター(IEM)メーカーです。日本ではあまり知られていませんが、海外のオーディオファンの間では人気の高いブランドの一つで、幅広い価格帯でコストパフォーマンスに優れた製品作りをしていることで知られています。そのイヤホンはただ音質チューニングにおいて優れているだけでなく、デザイン面でも優秀で所有欲を満たしてくれる、いつまでも身につけていたいような製品作りをしているのが特徴です。 

 最近発売されたKinera Freyaのレベルの高さには個人的に驚かされました。

www.ear-phone-review.com

 

 さて、そのKineraがブランドとして初めてリリースした完全ワイヤレスイヤホンが、今回紹介するKinera YH623です。

www.ear-phone-review.com

 

f:id:kanbun:20200507113630p:plain

 audio-sound @ hatenaはこの機種を「audio-sound @ hatena Highly Recommended」として、大多数の人にとって満足度が高いオーディオ製品であると推奨します。

 

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:8h/24h
  • 防水性能:IPX4
  • 対応コーデック:aptX/AAC/SBC
  • 技適番号:215-JRA018

 

 

パッケージ

 価格帯ではパッケージはわりと豪華です。最近のKinera製品の共通デザインである六角形パッケージになっています。付属品はイヤーピース、充電用ケース、充電用ケーブル(Type-C)、説明書です。 

 

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

 

装着サンプル

 ユニバーサルIEMのようなデザインになっており、耳への収まりは比較的良好です。

 

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

 

接続品質

 aptXでCayin N6II/E02と接続してテストしました。左右別々でペアリングされるので、おそらくTWS+に対応していると思われます。

 価格帯では標準以上で、わりと優秀な接続品質です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内ではそこそこ良いです。距離耐性はそれなりに良好で、5m離れても充分繋がっていますが、シームレスではなく、距離に応じて少しの途絶があります。遮蔽物があってもつながっていますが、やはり少し不安定になり、音ズレや途絶などが少し出るようになりますが、接続自体は維持されます。

 またホワイトノイズは少しありますが、敏感な人でないと気にならないのではないかと思います。

www.ear-phone-review.com

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

www.phileweb.com

 

周波数特性

 上から順に、

  1. [AET07 S装着時]左右別
  2. [AET07 S装着時]左右平均
  3. [AET07 S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  4. [AET07 S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  5. [標準イヤーピース S装着時]左右別
  6. [標準イヤーピース S装着時]左右平均
  7. [標準イヤーピース S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  8. [標準イヤーピース S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  9. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み)
  10. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み/2khz-24khz拡大)

※「AET07 Sサイズ」は当ブログの測定用レファレンスイヤーピースです。それ以外のイヤーピースは特記がない限り、このイヤホンパッケージの標準添付のものです。

※また当ブログの自由音場補正については機材に合わせてサザン音響さんから提供された補正値を使用しております。

www.s-acoust.jp

 

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

 

 私の個体の測定値にわりと露骨な左右差がある理由はよくわかりません。

 

 全体を見ると穏やかなU字型といった形をしています。低域の隆起が少し強く、全体としてウォームなサウンドシグネチャーと言えます。

www.ear-phone-review.com

 

 低域は重みが強調され、太さがあり、厚みもあるので肉厚に聞こえます。バスドラムのキックは踏み込みが重く、太さもあってボディの鳴りが良く、床鳴り感も充分ですが、深いところの地熱感は少し抑制されています。それでも温かみがあり、熱気のある低域で、中域は少し熱気に滲んで聞こえやすいところがあります。低域弦楽は重みと厚みが適度にあり、濃厚感は充分でしょう。エレキベースはキックに比べると黒みが強くなく、深さの点で少し抑制的に聞こえますが、温かみがあり、ジンジンしたサウンドを聴かせてくれます。ブリブリ感もあるので、わりとエッジは活きが良く聞こえます。

 中域下部はそれほど清潔ではありません。そのためとくにロックなどではボーカルは少しもやもやした中で聞こえる傾向にありますが、逆にポップスでは甘味や潤い感を感じさせてくれ、中域上部に透明感を感じさせてくれます。

 たとえばAKINO Arai × AKINO from bless4「月明かりのMonologue」のような曲ではボーカルはリッチで、甘やかなボディを持って聞こえ、広がりとのびやかさのあるみずみずしく暖かい温度感のある声を楽しめます。ふくよかですが、ボーカルニュアンスと息の伸びはわずかに強調され、尖りは全くなく安定感がありながら、語尾にのびやかさがあり、ボーカルは活き活きと聞こえます。藤井風「優しさ」でも甘い吐息を伴った温かみのある抱擁感のあるボーカルを味わえますし、てこぴかり「ふたり少女」では穏やかで少し大人びた、ノスタルジックな少し濃い桃色の色づきのよいボイスが堪能できます。

 

月明かりのMonologue
優しさ
ふたり少女

 

 ボーカル周りの楽器音の色づきも良く、適度な、しつこくないギラつきがあって、楽器音の音像はくっきりとした輪郭線を伴って描かれます。アコースティックギターを聴いてみると、少し濃い金色の色づきを伴う濃厚なサウンドがそこにあります。低域と中域下部の支えが音楽全体に安定感をもたらしており、充実感は高めです。

 高域はピーク感が少なく、手がかりはわりとはっきりしていますが、シャープネスは抑えめで中域に調和的です。適度な静寂感がありますが、決して地味ではない高域で、光沢感はしっかりしているため、音場は暗くありません。しかし、高域はのびやかですが、それほど開放的ではなく、風通しは強くなく、どちらといえば閉じた音場のように思えます。

 全体として見ると、中域に濃厚な甘味があり、わりとムード感を出すのがうまいイヤホンで、どちらかというとゆったりとした曲と相性が良さそうな雰囲気を受けます。パワフルなドラムが好きな人にもおすすめできます。

 

KINERA YH623 ANC Truly Wireless Bluetooth Earbuds HiFiGo

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

www.ear-phone-review.com

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。自由音場補正済みです。ソースはFiiO M15を用いています。イヤーピースは標準イヤーピースのSサイズ、コーデックはaptXです。

www.ear-phone-review.com

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

JAZZ

anchor.fm

 

OST

anchor.fm

 

クラシック

anchor.fm

 

ロック

anchor.fm

 

総評

 ウォームで聞き心地がよく、リッチで充実感のある甘いサウンドが好きなら、かなりおすすめできるイヤホンです。中域下部がやや豊満になりやすく、濁る感じはあるので、中域の清潔感を重視する人には向きませんが、逆にノスタルジックなセピアに色づく甘い音が好きな人にはかなり好まれるサウンドでしょう。男声・女声ともに甘くピーク感のない滑らかな声が楽しめます。

 

Kinera YH623

Kinera YH623

Kinera YH623

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

【HiFiGOアナウンス】CSR8675搭載Bluetooth 5.0対応のワイヤレスネックバンド型レシーバー Shanling MW200がリリースされました

Shanling MW200

Shanling MW200

 

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

ワイヤレスネックバンド型レシーバー Shanling MW200のCSR8675 Bluetooth 5.0アップグレード版がリリースされました

 現在市場に存在するブランドの多くは、Bluetoothワイヤレス接続を介してハイレゾオーディオエンターテイメントを楽しめる製品をリリースしています。Shanlingは、MMCXコネクタを搭載したIEM用のBluetooth対応の最新アップグレードケーブル、Shanling MW200をリリースしました。これは非常に強力なアップグレードケーブルで、ユーザーは音質を損なうことなく、ハイエンドのIEMをワイヤレスで使用することができるようになります。Bluetooth用のQualcomm CSR8675、AK4377A DACチップなどの強力なチップを搭載しています。ケーブルの価格は$119で、こちらのページで詳細を確認することが出来ます。

 

Shanling MW200-1

 

Shanling MW200の技術仕様
  • Bluetoothチップ:Qualcomm CSR8675
  • Bluetoothバージョン:Bluetooth 5.0
  • サポートされているコーデック:LDAC、HWA LHDC、aptX HD、aptX LL、aptX、AAC、SBC
  • オーディオDAC / AMP:AKM AK4377A
  • 出力電力:最大27mW@32Ω
  • S/N比:119dB
  • コネクター:業界標準のMMCX
  • ケーブル:クアッドコアの銀メッキ銅
  • マイク:Knowles製
  • 耐水性:IPX4
  • バッテリー容量:360 mAh
  • バッテリー駆動時間:最大14時間(SBCコーデック)/最大11時間(LDAC高品質)
  • スタンバイ時間:最大500時間
  • 充電:USB-Cポート
  • ネックバンド素材:肌にやさしいシリコン素材

 

他に類を見ないBluetooth性能

Shanling MW200-2

 

 Shanling MW200は、高品質のQualcomm CSR8675 Bluetoothチップを搭載しています。Bluetooth V5.0の機能を提供し、LDAC、HWA LHDC、aptX HDなどのハイレゾコーデックをサポートしています。この強力なチップは、ラグがなく途切れることのないBluetooth接続を提供します。ユーザーは、お気に入りのインイヤーモニターをこのレシーバーを通じてワイヤレス接続し、高音質で音楽、映画、ゲームを楽しむことができます。

 

ハイレゾDAC内蔵

 Shanling MW200はAKM社の高性能DAC、AK4377Aを搭載しています。このDACチップにより最高の精度で高品質のオーディオ信号をデコードし、優れたディテーリングでクリスタルクリアなサウンド出力を提供します。これにより、ワイヤレスBluetooth接続での最高の音質を実現し、IEMを最大限に活用することができます。

 

終日音楽を楽しめる長時間バッテリー駆動

Shanling MW200-3

 

 Shanling MW200は、最大14時間(SBCコーデック時)または最大11時間(LDACハイレゾコーデック時)の長いバッテリー駆動時間を実現しています。また、最大500時間の待機時間がありますので、バッテリーの駆動時間が尽きることはありません。

 

高品質ケーブル

 Shanling MW200は、ユーザーに最高のオーディオ性能を保証する4芯銀メッキ銅ケーブルで作られています。ケーブルは、最高のオーディオ信号伝送を維持しながら、ケーブルをソフトで柔軟性がある、肌に優しいシリコンカバーで覆われています。

 

Shanling MW200-4

 

まとめ

 Shanling MW200は、最新のBluetooth接続と最高品質のBluetoothコーデックを提供し、ユニバーサルMMCXコネクタを持ち、高性能DACチップを内蔵しているなど、すべての最新機能を搭載した機能性に優れた製品です。これらすべての機能は、たとえインイヤーモニターのハイエンドモデルであっても、Bluetoothワイヤレス接続で最高のパフォーマンスを発揮することを保証します。この強力なケーブルはちょうど$119で販売されており、こちらのページで詳細を確認できます。

 

Shanling MW200

Shanling MW200

Shanling MW200 AK4377A CSR8675 BT 5.0 Neckband Sports MMCX Earphone Cable

 

  • 元記事の公開日:2020/07/24
  • 著者:HiFiGO

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

【ワイヤレススピーカー Tribit XSound Surf レビュー】防水性能の高いアウトドアポータブルスピーカー。コンパクトサイズだが歪みが少ないサウンドを持つ。インドア用としても使いやすく、おすすめ

Tribit XSound Surf

Tribit XSound Surf

Tribit XSound surf Bluetooth スピーカー 2020年 IPX7完全防水 12W ポータブルスピーカー ブルートゥーススピーカー 低音強化/内蔵マイク搭載 アウトドア お風呂 iPhone & Android対応 ブラック

 

 

【1】外観・通信品質

ASIN

B087R4BTX3

 コンパクトなアウトドアスピーカーです。軽量でビルドクオリティも高く、チープな感じは全くありません。

 

 対応コーデックはSBCのみです。家庭内ではわりと安定して接続していて、Bluetooth送信側を5m程度離してもシームレスです。遮蔽物があると一瞬乱れますが、それでも接続は持続するようなので、わりと接続安定性は高い印象を受けます。

 

f:id:kanbun:20200507113630p:plain

 audio-sound @ hatenaはこの機種を「audio-sound @ hatena Highly Recommended」として、大多数の人にとって満足度が高いオーディオ製品であると推奨します。

 

【2】インターフェース・付属品

 付属品は充電ケーブル(Type-C)、マニュアルです。

 

Tribit XSound Surf
Tribit XSound Surf
Tribit XSound Surf
Tribit XSound Surf

 

インターフェース

 操作インターフェースは上面に集中しています。ボタンは左から、「電源」「ペアリング」「再生/停止」「音量マイナス」「音量プラス」です。「再生/停止」ボタンをダブルクリックすると曲送りになります。

 側面には充電用のUSB Type-Cコネクタと有線接続用のAUXケーブルコネクタがあります。

Tribit XSound Surf
Tribit XSound Surf

 

技術仕様
  • 連続再生時間:10時間
  • 対応コーデック:SBC
  • 防水性能:IPX7
  • 2台のスピーカーを組み合わせてステレオ化が可能
  • 技適番号:210-140714

 

Tribit XSound Surf
Tribit XSound Surf

 

【3】音質

 比較的コンパクトな筐体ですが、12Wのドライバーを搭載しており、小型な割に音の広がりに優れたサウンドを持っています。独自技術のXBASS技術が搭載されているとされていますが、たしかに小型スピーカーでありながら低域の分離感が良く、パワフルなのに中域以上に被さる感じがあまりありません。音量もかなり大きくすることができ、ワンルームなら充分に楽しめるくらいの迫力があります。正直言ってこのコンパクトサイズでここまでパワフルなサウンドをかなり濁りなく楽しめるのは結構驚きます。

 Cayin N6II/A01を使い、Susan Wongのボーカル曲をいくつか聴いてみましたが、ボーカルは少しスリムにのびやかでニュアンスが強調され、音が立体的に広がって聞こえます。低域の強いロック曲でも、このくらいのサイズのスピーカーだとかなり音場がぼさつき濁ることを予想していたのですが、低域がよく音域内にとどまっていて、中域以上が曇ることが少なく、ボーカルはわずかにボソッとしますが、ほとんどきれいに透明感を維持して聞こえます。

 

Tribit XSound Surf
Tribit XSound Surf

 

【4】総評

 パワフルで音の曇りも少なく、コンパクトで気軽に使えるワイヤレススピーカーを探しているなら、この製品はかなりおすすめです。小型な筐体からはなかなか想像できないパワフルなサウンドを実現しており、このサイズのコンパクトスピーカーとしてはとても良好なサウンドを実現しています。

 

Tribit XSound Surf

Tribit XSound Surf

Tribit XSound surf Bluetooth スピーカー 2020年 IPX7完全防水 12W ポータブルスピーカー ブルートゥーススピーカー 低音強化/内蔵マイク搭載 アウトドア お風呂 iPhone & Android対応 ブラック

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


【完全ワイヤレスイヤホン Tribit Flybuds 3(BTH92) フラッシュレビュー】重い低域、ドライで引き締まった清潔な中域、適度に色づきよく手がかりもそれなりにありつつ、抜けの良い高域を持つ。音場は広めで聞き心地はかなり安定している

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

【2020年 IPX7防水】 Tribit ワイヤレスイヤホン FlyBuds3 Bluetooth5.0 イヤホン タッチ式 2600mAh大容量バッテリーケース付き100時間連続駆動 高音質 両耳と片耳 左右分離型 自動ペアリンマイク内蔵 iPhone/iPad/Android適用 PSE技適認証済 BTH92

 

 

 「フラッシュレビュー」はデータ中心の簡潔な内容で、ポイントを絞ってオーディオ製品を解説します。

 今回取り上げる機種はTribit Flybuds 3です。Tribitはワイヤレススピーカーやワイヤレスイヤホン製品を製造している中国のブランドです。低価格帯の中国製メーカーの中では品質面でかなりまともなほうです。

 Flybuds 3は以前紹介したFlybuds 1と同じく同社の主力完全ワイヤレスイヤホンFlybudsシリーズの機種です。

www.ear-phone-review.com

 

f:id:kanbun:20200507113630p:plain

 audio-sound @ hatenaはこの機種を「audio-sound @ hatena Highly Recommended」として、大多数の人にとって満足度が高いオーディオ製品であると推奨します。

 

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:5h/100h
  • 防水性能:IPX7
  • 対応コーデック:AAC/SBC
  • 技適番号: 210-140792

 

 

パッケージ

 価格帯ではパッケージはそれなりに上等で標準以上です。付属品はイヤーピース、充電用ケース、充電用ケーブル(Type-C)、説明書です。充電ケースにはモバイルバッテリー機能もあります。

 

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

 

装着サンプル

 丸っこい本体です。私には耳への収まりが良く、遮音性も良好です。ただし耳が小さい人には少し安定しないかも知れません。

 

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

 

接続品質

 価格帯ではそれなりに優秀です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では接続は良好です。距離耐性も優秀らしく、5m離れてもシームレスで乱れはありません。ただし遮蔽物があると切断されました。

 ホワイトノイズはほとんどないと思います。

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

www.phileweb.com

 

周波数特性

 上から順に、

  1. [AET07 S装着時]左右別
  2. [AET07 S装着時]左右平均
  3. [AET07 S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  4. [AET07 S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  5. [標準イヤーピース(ダブルフランジ) S装着時]左右別
  6. [標準イヤーピース(ダブルフランジ) S装着時]左右平均
  7. [標準イヤーピース(ダブルフランジ) S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  8. [標準イヤーピース(ダブルフランジ) S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  9. [標準イヤーピース(シングルフランジ) S装着時]左右別
  10. [標準イヤーピース(シングルフランジ) S装着時]左右平均
  11. [標準イヤーピース(シングルフランジ) S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  12. [標準イヤーピース(シングルフランジ) S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  13. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み)
  14. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み/2khz-24khz拡大)

※「AET07 Sサイズ」は当ブログの測定用レファレンスイヤーピースです。それ以外のイヤーピースは特記がない限り、このイヤホンパッケージの標準添付のものです。

※また当ブログの自由音場補正については機材に合わせてサザン音響さんから提供された補正値を使用しております。

www.s-acoust.jp

 

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

 

 私の個体の測定値にわりと露骨な左右差がある理由はよくわかりません。

 

 全体を見ると穏やかなU字型といった形をしています。わりと中域から中高域にかけてがフラットに近く仕上がっており、高域は適度に分析的なので、モニター的な印象を受けるかも知れません。

www.ear-phone-review.com

 

 低域は重みに強調がありますが、厚みはそれほど強調されず、わりと見通し感は良いです。重低域の地熱も強くなく、適度な床鳴り感はありますが、中域に熱気が滲み出す感じはほとんどありません。低域弦楽の濃厚感などには少し欠ける印象を受けると思います。

 中域は低域からの繋がりはわりと自然ですが、厚みを抑えて適度に清潔になっており、また色づきもわりと良好です。ボーカル周りは結構清潔でフォーカス感が良く、ロックでも埋没感はありません。中域の空間は透明感があるのでエレキギターはかなり色づきがくっきりしています。ボーカルはやや後退的になりやすく、わりと理性的ですが息の伸びと抜けが感じられるので、媚びる感じはありませんが、スリムで清楚な雰囲気があります。息遣いは比較的はっきり出ます。

 高域は少し賑やかですが、それほどギラつかず、音像の提示が丁寧に感じられます。少し手がかりは強調され音の輪郭はソリッドですが、硬さを強く出す感じではありません。刺さりに繋がるシャープネスは抑制的で、うるさげな感じはありません。シンバルの粒立ちの粒子が細かく、輪郭はしっかりしていて完全に滑らかではないのでシルキーではありませんが、粉雪のような清涼感があります。

 中域周りのマージンが意外と広く、レンジ感が感じられ、奥行きもあり、わりと整理された音場を持っているうえ、高域にきつい感じがないので聞き心地が安定しています。

 

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

www.ear-phone-review.com

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。自由音場補正済みです。ソースはFiiO M15を用いています。イヤーピースは標準イヤーピースのシングルフランジのSサイズ、コーデックはSBCです。

www.ear-phone-review.com

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

JAZZ

anchor.fm

 

OST

anchor.fm

 

クラシック

anchor.fm

 

ロック

anchor.fm

 

総評

 個人的には聞き心地が安定しており、わりと広い音場で、かつ低域の重みがしっかりしていて、低域ジャンキー傾向のある私をちゃんと満足させてくれるライブ感があるのが好きな機種です。ややドライでもさっとしますが、中域以上は引き締まっていて音の色づきもわりと感じられるのに、歪みが少なく静寂感もあり、輪郭が丁寧な点に好感を持っています。

 

Tribit Flybuds 3

Tribit Flybuds 3

【2020年 IPX7防水】 Tribit ワイヤレスイヤホン FlyBuds3 Bluetooth5.0 イヤホン タッチ式 2600mAh大容量バッテリーケース付き100時間連続駆動 高音質 両耳と片耳 左右分離型 自動ペアリンマイク内蔵 iPhone/iPad/Android適用 PSE技適認証済 BTH92

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

【完全ワイヤレスイヤホン PLEXTONE 4Life フラッシュレビュー】パワフルでボーカルフォーカスが良く、透明感のある中域を持ち、高域は少し荒々しく派手なサウンドを持っている。通信品質は物足りない

PLEXTONE 4Life

PLEXTONE 4Life

okcsc 4Life ワイヤレス イヤホン ゲーミングイヤホン Bluetooth5.0 低遅延接続 インナーイヤー IPX5防水規格 マイク付き レッド

 

 

 「フラッシュレビュー」はデータ中心の簡潔な内容で、ポイントを絞ってオーディオ製品を解説します。

 今回取り上げる製品はPLEXTONE 4Lifeです。PLEXTONEというブランドについてはよく知りません。 

www.ear-phone-review.com

 

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:4h/16h
  • 防水性能:IPX5
  • 対応コーデック:SBC
  • 技適番号:211-200505

 

パッケージ

 イヤホンのパッケージはこの価格帯では標準的です。付属品はイヤーピースの替え、充電ケーブル(Micro-B)、専用充電ケース、説明書などです。

 本体のビルドクオリティは5000円以下の完全ワイヤレスイヤホンとしてはわりと上質で、プリントはオシャレです。

 

PLEXTONE 4Life

PLEXTONE 4Life

PLEXTONE 4Life

 

 

装着サンプル

 ユニバーサルIEMに似ており、装着感は良好です。

 

PLEXTONE 4Life

PLEXTONE 4Life

PLEXTONE 4Life

 

接続品質

 SBCでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯では貧弱です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内ではそこそこ良いです。距離耐性はそれほどでもなく、5m離れると露骨に乱れます。遮蔽物があると完全に途切れ、送信元から切断されます。

 またホワイトノイズは少しありますが、敏感な人でないと気にならないのではないかと思います。

www.ear-phone-review.com

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

www.phileweb.com

 

周波数特性

 上から順に、

  1. 左右別
  2. 左右平均
  3. 左右別(自由音場補正済み)
  4. 左右平均(自由音場補正済み)

※「AET07 Sサイズ」は当ブログの測定用レファレンスイヤーピースです。それ以外のイヤーピースは特記がない限り、このイヤホンパッケージの標準添付のものです。

※また当ブログの自由音場補正については機材に合わせてサザン音響さんから提供された補正値を使用しております。

www.s-acoust.jp

 

PLEXTONE 4Life

PLEXTONE 4Life

PLEXTONE 4Life

PLEXTONE 4Life

 

 測定値にかなりの左右差がありますが、装着感をいじったりいろいろ調整しましたが、どうも消えず、理由はよくわかりません。個体差の可能性もあります。

 

 サウンドシグネチャーはいわゆる高域に寄ったブライトサウンドの典型で、中域がかなり前面に出てくるので「かまぼこ」サウンドに聞こえやすく、中域充実系とも言えますが、高域も結構派手でシャリつき感があります。

www.ear-phone-review.com

 

 厚みはありますが深みはあまりなく、腰高に聞こえる透明な低域です。低域弦楽は透明感があり、濃厚に聞こえますが、重みは少なめです。わりと輪郭感は良いですが、床鳴り感に欠け、バスドラムキックは浅煎りで、ベース音は上っ面のエッジは良く聞こえますが、黒みに欠け、引き締まりの点では物足りないですがブリブリ感はわりと良好です。

 中域は前面に出てきます。ボリューミーで甘味も充分で、透明感はそこそこありますが、色づきはわりと落ち着いています。ボーカルは比較的理性的でナチュラルですが、子音や息には強調があり、ニュアンスは少し強めに出ます。場合によってツ音や息遣いは過剰気味に感じられるかも知れません。

 高域は全体としてかなり高いピークを形成しており、細かいピークはそれほどないので、複雑ではありませんが、ギラつきやシャリつきは強めで、全体として少し過酷で荒々しい方向に傾いています。クラッシュはかなり派手ですが、中域の厚みでバランスを取っている印象です。

 音場は全体として前屈みで、押し出し感があり、やや圧迫感を感じやすいですが、インナーイヤータイプのせいか適度に音の抜けがあって、負担感が強くなりすぎる感じはありません。ただスネアやタムはかなりパワーを出してくるところがあり、楽器音の色味も全体的に少し濃く、さらに高域も派手であり、全体として安定感があるにも関わらず、聞き疲れは案外しやすいです。

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

www.ear-phone-review.com

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。自由音場補正済みです。ソースはFiiO M15を用いています。コーデックはSBCです。

www.ear-phone-review.com

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

JAZZ

anchor.fm

 

OST

anchor.fm

 

クラシック

anchor.fm

 

ロック

anchor.fm

 

総評

 ボーカル中心で音楽を楽しみたい場合、わりと低価格ではおすすめしやすい機種です。元気で力強く、ニュアンスにも優れたサウンドはアニソンやポップスなどを楽しく聴かせてくれます。しかし通信品質は物足りなく、総合的な使い勝手で優れている機種ではありません。

 

PLEXTONE 4Life

PLEXTONE 4Life

okcsc 4Life ワイヤレス イヤホン ゲーミングイヤホン Bluetooth5.0 低遅延接続 インナーイヤー IPX5防水規格 マイク付き レッド

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

【完全ワイヤレスイヤホン EnacFire G20 フラッシュレビュー】重厚な低域と引き締まった中域、少し派手で清潔感のある高域を持つ。aptX対応

EnacFire G20

EnacFire G20

【第二世代 完全ワイヤレスイヤホン 音量調節 片耳8時間継続使用 Qualcomm® aptX™ 】ENACFIRE ワイヤレスイヤホン 革質感 高音質 Bluetooth5.0 自動ペアリング 両耳通話 CVC8.0 ノイズキャンセリング タッチボタン マイク内蔵 IPX7防水規格 スポーツイヤホン iPhone/iPad/Android適用 PSE認証/技適認証/SDS認証済み (G20)

 

 

 「フラッシュレビュー」はデータ中心の簡潔な内容で、ポイントを絞ってオーディオ製品を解説します。

 今回取り上げる製品はEnacFire G20です。EnacFireはわりと低域を重視するモデルを展開しているメーカーで、中には例外もありますが、基本的に重厚なサウンドが好きな人にとってはSoundPeatsと並んで好みの可能性が高いブランドです。 

 EnacFire G20は一見すると、どこかのJLab JBuds Air Executiveをリスペクトしたデザインになっており、コンパクトで持ち運びやすいのが魅力的な機種です。

www.ear-phone-review.com

 

f:id:kanbun:20200507113630p:plain

 audio-sound @ hatenaはこの機種を「audio-sound @ hatena Highly Recommended」として、大多数の人にとって満足度が高いオーディオ製品であると推奨します。

 

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:8h/48h
  • 防水性能:IPX7
  • 対応コーデック:aptX/AAC/SBC
  • 技適番号:217-190007

 

パッケージ

 イヤホンのパッケージはこの価格帯ではわりと上質です。付属品はイヤーピースの替え、充電ケーブル(Micro-B)、専用充電ケース、説明書などです。

 本体のビルドクオリティは5000円くらいの完全ワイヤレスイヤホンとしてはかなり上質です。充電ケースはレザー調でおしゃれで、チープな感じはありません。

 

EnacFire G20

EnacFire G20

EnacFire G20

EnacFire G20

EnacFire G20

 

装着サンプル

 コンパクトな耳うどんタイプです。軽量で装着感は良好です。

 

EnacFire G20

EnacFire G20

EnacFire G20

 

接続品質

 AACでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯ではかなり優秀です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では良好です。距離耐性も優秀らしく、5m離れてもほぼシームレスで少しくらいしか乱れはありません。ただし遮蔽物があると時々プチプチするくらいにはわずかな乱れが出ます。

 またホワイトノイズはほんのわずかにありますが、かなり敏感な人でないと気にならないのではないかと思います。

www.ear-phone-review.com

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

www.phileweb.com

 

周波数特性

 上から順に、

  1. [AET07 S装着時]左右別
  2. [AET07 S装着時]左右平均
  3. [AET07 S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  4. [AET07 S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  5. [標準イヤーピース S装着時]左右別
  6. [標準イヤーピース S装着時]左右平均
  7. [標準イヤーピース S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  8. [標準イヤーピース S装着時 ]左右平均(自由音場補正済み)
  9. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み)
  10. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み/2khz-24khz拡大)

※「AET07 Sサイズ」は当ブログの測定用レファレンスイヤーピースです。それ以外のイヤーピースは特記がない限り、このイヤホンパッケージの標準添付のものです。

※また当ブログの自由音場補正については機材に合わせてサザン音響さんから提供された補正値を使用しております。

www.s-acoust.jp

 

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

ENACFIRE G20

 

 サウンドシグネチャーはいわゆるドンシャリタイプで低域が若干パワーバランスで優位になっています。なだらかなV字型あるいはやや谷の深いU字型という形をしています。個人的にこのバランスはドンシャリの中ではわりと好きな感じなのですが、このチューニングはEnacFireのハウスサウンドとでも言うべきもののようです。私がわりとEnacFire好きなのはそのせいかもしれません。

www.ear-phone-review.com

 

 低域は重みと太さがあり、床鳴り感もわりとしっかりしていて、地熱もほどほどにありライブ感がありますが、ノイジーになりすぎません。適度な膨張感もあるので、ドラムはキックは明確でありながら、パンチに弾力感もあります。それでいて、トランジェントがわりと良好なので輪郭にはタイトさも持ち合わせており、活き活きしているリズム感のある低域です。エレキベースは少し黒く適度に濁っていて熱気がありますが、厚みはそれほどありません。

 中域は低域との関係性の上ではつながりがわりと自然なので、自然なウォーム感を持っています。しかし元々量感の割に熱気は強くない低域であるので、中域に熱気はあまり上がってきません。ボーカルは少し奥にいて、周囲も清潔ではなく、適度に楽器音に囲まれていて、その意味では少し埋没的ですが、上側に静寂感があるので、ニュアンスはかなりはっきり聞こえるためにフォーカス感は悪くありません。

 高域は比較的単純な構造をしており、中高域はナチュラルよりはギラツキが強く、手がかりは少し強調され、少し派手な印象ですが、中域との間にはしっかりと分離感があります。また適度な傾斜によってトランジェントが強調される傾向にあり、音の輪郭はわりとしっかりしていてパリッと明瞭なだけでなく、アタック感も良好です。高域の抜けは良く、風通しがあり、高さが感じられ、ボーカルやバイオリンはわりとのびやかです。

 

EnacFire F1との比較

 わりと値段も近いEnacFire F1と比較してみます。以下のグラフはEnacFire G20とEnacFire F1の自由音場補正済み周波数特性の比較になります。下側のグラフは1khz以上を拡大したものです。

www.ear-phone-review.com

 

EnacFire G20 vs EnacFire F1

EnacFire G20 vs EnacFire F1

 

 率直に言ってほとんど音質差がなく両者はよく似ています。聴感上はF1のほうが静寂感が強く、引き締まってギラつきが少なく、よりハイハットの清潔感が強く聞こえます。逆にG20のほうは少しギラつきが強く、抜けもわずかに良くなっていますが、ほとんど差はありません。

 そういうわけで見た目やスペックなどにこだわりがないならば、安い方を買うのが良いかも知れません。

 

音源比較

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

www.ear-phone-review.com

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。自由音場補正済みです。ソースはFiiO M15を用いています。イヤーピースは標準イヤーピースのSサイズ、コーデックはaptXです。

www.ear-phone-review.com

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

JAZZ

anchor.fm

 

OST

anchor.fm

 

クラシック

anchor.fm

 

ロック

anchor.fm

 

総評

 重厚感とパワフルさを兼ね備えた低域、引き締まった中域に抜けが良く、適度に賑やかな高域、良好なトランジェントと、この価格帯ではなかなかおすすめできるイヤホンです。全体的にリズムは明瞭ですが、とくに低域のリズム感は活き活きとしていて、ロックやEDM、ヒップホップ、ポップスで良好なグルーヴ感が感じられるはずです。

 使い勝手も良く、通信品質も良好でスペック的にも価格帯上位機種です。

 

EnacFire G20

EnacFire G20

【第二世代 完全ワイヤレスイヤホン 音量調節 片耳8時間継続使用 Qualcomm® aptX™ 】ENACFIRE ワイヤレスイヤホン 革質感 高音質 Bluetooth5.0 自動ペアリング 両耳通話 CVC8.0 ノイズキャンセリング タッチボタン マイク内蔵 IPX7防水規格 スポーツイヤホン iPhone/iPad/Android適用 PSE認証/技適認証/SDS認証済み (G20)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事