audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【ANC搭載ワイヤレスヘッドホン mu6 Space2 レビュー②】フラッシュレビュー形式で音質の確認をします

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

mu6 Space2

mu6 Space2

Makuake|私だけのサウンド世界へ!ノイキャンと高音質を極めた上質ヘッドホン「Space2」|マクアケ - クラウドファンディング

 

 

 今回はmu6のANC搭載ワイヤレスヘッドセットMu6 Space2を取り上げます。パッケージやノイキャン性能についてはレビュー①をご確認下さい。

www.ear-phone-review.com

 

f:id:kanbun:20200507114754p:plain

 audio-sound @ hatenaはこの機種を「audio-sound @ hatena Recommended」として、比較的多数の人にとって買って損がないオーディオ製品であると推奨します。

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

www.phileweb.com

 

周波数特性

 上から順に、

  • 左右別
  • 左右平均
  • 左右別(自由音場補正済み)
  • 左右平均(自由音場補正済み)

 

 

mu6 Space2

mu6 Space2

mu6 Space2

mu6 Space2

 

 周波数特性上は全体の中では高域がおとなしめなので、人によってかまぼこに聞こえるか低域寄りドンシャリに聞こえる可能性もありますが、比較的フラットと言えます。aptXLLに対応しているヘッドホンなので、当然ゲーミングモデルとしての利用を考えている人が多いでしょうから、そこから解説します。

 あくまで測定された周波数を前提に話を進めますが、低域は動画鑑賞で迫力を充分に出してくれるので、アクションゲームやRPG、ホラーゲームなどでも中域の充実感と相まって充分な没入感を出してくれるはずです。また中高域の落ち着きにより、ナレーション音声が聞きづらいということもないでしょう。ただし、FPSでは銃声がチャットに埋没気味になり、少し聞こえにくい可能性があります。イコライザーで2khz~8khzをより隆起させて「ドンシャリ」に近づけるのが良いでしょう。

 リズムゲームは低域が少し過多になっているのが気になりますが、ドラムとベースのぶつかりは少し抑えめで深さもある、厚みは相対的に抑えめな、それなりにクリアなレイヤリングを持っていることが予想されます。トランジェントは若干ナチュラルに寄せているので、ドラムはアタックが良いですが、リズム全体がパリッと明瞭に聞こえるタイプではありません。イコライザーでリズムゲーム向けにする場合、1khzから下の低域をなるべくカットし、2khz~8khz、とくに8khz付近を重点的にもう少し持ち上げると良い気がします。

 気になる人はレコーディングシグネチャーの「OST」や「ロック」を確認してみるのが一番です。

 

 サウンドはどちらかといえば音楽的で、中域が豊かでわずかにコクがありますが、低域から中域にかけての傾斜はわりと自然で不自然な感じはないと思います。床鳴り感は少し強調され、深い感じはよく出ます。風通しがよい感じはなく、高さはいまいちですが、中域はナチュラルに明瞭に聞こえ、ボーカルは女声ではやや暗いかも知れませんが、ボディはしっかりとして聞こえますし、音楽の柱に不足することもないので、どんな音楽を聴いても安定感は確かでしょう。中域の透明度は中庸よりは暖かみが強く、少し濁った印象を受けるかも知れません。甘味も感じられます。

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

www.ear-phone-review.com

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。自由音場補正済みです。ソースはKANN CUBEを用いており、aptXで接続しています。

www.ear-phone-review.com

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

JAZZ

anchor.fm

 

OST

anchor.fm

 

クラシック

anchor.fm

 

ロック

anchor.fm

 

 

総評

 ちょっと豊かな感じで音楽を楽しんだり、リラックスして動画鑑賞するのには悪くありません。aptX LLに対応している(ただし私はあまり興味がないので、接続テストしてません)ので、ゲーミング向きにもいいんじゃないでしょうか。RPGやアドベンチャーゲームも低域が少し強調されているのを除けば、比較的聞き疲れせずに楽しめると思いますが、FPSやリズムゲームなど、よりタイミングや空間表現的なシビアさが求められるゲーム向けにしたい場合、全体的にもう少しドンシャリを意識した調整をすると良いでしょう。とくに高域は不足しがちなので重点的に盛ると良いです。

 

mu6 Space2

mu6 Space2

Makuake|私だけのサウンド世界へ!ノイキャンと高音質を極めた上質ヘッドホン「Space2」|マクアケ - クラウドファンディング

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事