audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOガイド】買うならこれだ!!おすすめ度TOPのポータブルオーディオプレーヤー 2020 Summer

ヘッドライン

f:id:kanbun:20200425165731j:plain

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

買うならこれだ!!おすすめ度TOPのポータブルオーディオプレーヤー 2020 Summer

 デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の市場はスピーディーな速度で発展しています。 私たちは毎日新製品に遭遇しており、これにより、新しいDAPを購入するために検索すると困惑してしまう状況が増加しています。 そこで本日は、皆さんが次の購入を決定する際に役立つ、市場で現在入手可能な最高のDAPのリストをご紹介したいと思います。

 

Fiio M15「現在手に入る最高のDAP」
長所

 フラッグシップDACチップ「AK4499EQ」搭載、高性能BLuetoothチップ「CSR8675」、卓越した音質、強力なサウンド出力、Android OS、8x MQA、64GB内部メモリ、最大2TB拡張可能、PCM 32ビット/ 768kHz、DSD最大DSD512、All to DSD、Bluetoothとハイレゾコーデックのサポート、長いバッテリー駆動時間

 

短所

 ありません

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/M15_4811ff37-38ea-47e8-a71c-04f5b18dbe5b_1024x1024.jpg?v=1587715975

 Fiio M15は、現在市場で入手可能なDAPの王者であり、年初の2020年1月にFiioによってリリースされました。M15はAndroid OSを実行し、Pure Musicモードも備えています。コーニングゴリラガラスを備えた大型の5.15インチディスプレイ、デュアルAK4499EQ DACチップを搭載したフラッグシップDAC構成などを備えています。フラッグシップBluetoothチップ、日本NDKの業界をリードするフェムト秒水晶発振器と、すべての点でフラッグシップと呼ばれるにふさわしい構成になっています。Fiio M15はヘッドホンモードを備えており、電力を大量に消費するフルサイズのヘッドホンに充分な駆動力を提供できます。そう、聞き間違いではありません。M15からの強力な出力により、ポータブルにフルサイズのヘッドホンで音楽を楽しむことができます。 M15は8x MQAを展開し、比類のないサウンド出力をユーザーに提供します。7490mAh定格の大型バッテリーを搭載しており、1回の充電で最大15時間音楽を再生できます。 M15は3つの出力ポートを備えています。すなわち、3.5mmシングルエンド、2.5mmと4.4mmバランスポートを備えています。 M15は市場で入手可能な最高のフラッグシップDAPの1つであり、しかもその価格は他のフラッグシップDAPの半分です。 Fiio M15の価格はたったの$1399で、詳細はこちらのストアページで確認できます。

 

FiiO M15の技術仕様
  • フラッグシップDAC AK4499EQをデュアル構成
  • 機敏で高速なSoC Exynos 7872プロセッサ
  • 3GB RAM + 64GB ROM
  • MicroSDは最大2TBのカードをサポート
  • コーニングゴリラガラスで18:9をサポートする5.15インチHDディスプレイ(720P)
  • 2.4 / 5GHzデュアルバンドWi-fiサポート
  • 7490mAhバッテリー、15時間の音楽再生
  • 2.5mmバランス、3.5標準、4.4mmバランスポート
  • Qualcomm Flagship BluetoothチップCSR8675と双方向LDAC Bluetooth
  • 日本を代表し業界をリードするメーカーによるフェムト秒水晶発振器を2基搭載
  • XMOS XUF208コントロールチップは、32bit/768kHzのPCMをダイレクト再生、DSD512までのネイティブ再生をサポートします
  • MQAファイルを完全にデコード(8x)します
  • CNC機械加工されたアルミニウム-マグネシウム合金シャーシ
  • カスタマイズ可能な機能を備えた5つの物理ボタン
  • DSD第2世代に完全対応
  • ワンクリックスタンバイモード
  • 21Wデュアル急速充電

 

FiiO M15の関連記事

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

 

 

Shanling M6 Pro(ミドルレンジのベストDAP)
長所

 デュアルAK4497EQ DAC、2.5Dガラスバックパネル、強力な出力、Android OS、最大32bit/768 kHzのPCMデコード、最大DSD256デコード、3つのゲインモード、トリプル出力ポート

 

短所

 少し高価なわりに古いBluetoothバージョン

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/M6_Pro_1024x1024.jpg?v=1587716011

 

 Shanling M6 Proは、2020年4月にリリースされたばかりのShanlingの最新DAPで、オープンなAndroid OSを備えています。このDAPは、2.5Dガラスの背面パネルを備えた、贅沢でプレミアムな品質を備えています。デュアルAK4497EQ DAC構成を搭載しており、以前のモデルであるShanling M6よりも改良されたカスタムアンプユニットを備えています。バランス接続ポートは最大600mWの巨大な出力を実現しており、3つのゲインモードが組み合わされているため、このコンパクトでありながら凄いDAPは簡単に電力を消費するヘッドホンを駆動させることができます。非常にクリーンで詳細なサウンド出力があり、幅広い音場表現を備えています。プレーヤーは、ネイティブで最大32bit/768 kHzのPCMと最大DSD256のDSDをデコードできます。3つの出力ポート、3.5mmシングルエンド、2.5mm、および4.4mmバランスポートを備えています。 DAPには4000mAhバッテリーが装備されており、バッテリー駆動時間は最大13時間です。プレーヤーをすばやく充電するためのQuick Charge 3.0もサポートしています。Shanling M6 Proの価格は$760です。詳細はこちらのストアページで確認できます。

 

Shanling M6 Proの技術仕様
  • 旭化成による高性能デュアルDACセットアップ、AK4497EQ x 2
  • 32bit/768kHzまでのPCMデコード、DSD256までのDSDネイティブデコード
  • 機敏で高速なSnapdragon 430プロセッサー
  • 4GB RAM + 32GB ROM
  • オープンなAndroidオペレーティングシステム
  • 3つの出力ポート:2.5mmバランス、4.4mmバランス、および3.5mmシングルエンド。
  • 3つのモードゲイン:低ゲイン/高ゲイン/超高ゲインモード
  • 出力電力:最大600mW(32Ω、4.4mm)
  • 鮮明な720Pディスプレイ
  • 高解像度コードをサポートする双方向Bluetooth V4.2サポート(双方向はLDAC、SBCをサポート、伝送モードのみサポート:AptX、AptX HD、HWA)
  • バッテリー寿命:最大13時間(シングルエンドシングルDACモード)
            最大9時間(シングルエンドデュアルDACモード)
            最大8時間(バランス接続デュアルDACモード)
  • デュアルバンドWi-Fiサポート:2.4GHz / 5GHz
  • MicroSDは最大512GBの容量をサポート
  • QC3.0急速充電に対応した4000mAhバッテリー

 

Shanling M6 Proの関連記事

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

 

 

iBasso DX160 2020 Version($500未満のベストDAP)
長所

 素晴らしい音質、1080Pの鮮明なディスプレイ、コストパフォーマンス、4.4mmバランスポート、MQAサポート、最新のBluetooth V5.0接続

 

短所

 2.5mmバランスポートなし

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Dx160_51fe1438-66ab-4dfc-9c8e-7bd4e5d4afec_1024x1024.jpg?v=1587716041

 iBassoは、市場に素晴らしい製品群を提供していることで多くの名声を獲得しています。このブランドは最新のモデルでAndroid DAPを採用し、iBasso DX160をリリースしました。DX160は、ブランド初のAndroid DAPで、昨年末にリリースされました。今年、ブランドは音質を改善する新しいマイナーアップデートで再販されました。このモデルはデュアルCS43198 DACチップを搭載し、オクタコアARM CPUと2GBのRAMを備えたスムーズなユーザーインターフェイスを備えています。プレーヤーはMQAデコードをサポートし、5.0インチのフルHD 1080pディスプレイを備えています。また、このプレーヤーには2つの出力ポートがあり、1つは3.5mmシングルエンド、もう1つは4.4mmバランスポートです。さらにLDACを含む高解像度コーデックをサポートするBluetooth V5.0機能を備えています。iBasso DX160は非常に優れたAndroid DAPであり、$500未満で入手できる最高のDAPの1つです。 価格は$399.99で、詳細はこちらのストアページで確認できます。

 

iBasso DX160 2020 Ver.技術仕様
  • デュアル高性能Cirrus Logics DACチップ、2xCS43198
  • 32bit/384kHzまでのPCMデコード、およびDSD256までのネイティブDSDデコード。
  • オクタコアARM CPU
  • 2GB RAM、32GB ROM
  • MQAデコード
  • Bluetooth 5.0とHi-Resコーデックのサポート
  • デュアルバンドWi-Fiサポート、2.4GHz / 5GHz
  • デュアル出力ポート、3.5mmシングルエンドおよび4.4mmバランスポート
  • 5.0インチフルスクリーンディスプレイ、1080PフルHD解像度

 

iBasso DX160 2020 Ver.の関連記事

www.ear-phone-review.com

 

 

 

Hidizs AP80 Pro($200未満のベストDAP)
長所

 デュアルES9218P DAC、Samsung IPSディスプレイ、CNCアルミニウムボディ、最大13時間のバッテリ駆動時間、双方向Bluetooth

 

短所

 DSD256サポートなし、古いBluetoothバージョン

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/Ap80_Pro_1024x1024.jpg?v=1587716071

 Hidizs AP80 Proは、Hidizsの最新の低価格DAPです。以前のAP80は、小さなフォームファクターデザインでありながら、美しいサウンド出力を持っており、高く評価されていました。Proモデルは、デュアルES9218P DACチップを備えた完全にバランスの取れたアーキテクチャにより、さらに進化しています。プレーヤーには2つの出力ポートがあり、1つは3.5mmシングルエンド、もう1つは2.5mmバランスポートです。 コンパクトですっきりしたユーザーインターフェースにより、片手で簡単に取り回せ、操作しやすいです。また、LDAC、aptXなどを含むHi-Resコーデックをサポートする双方向Bluetooth V4.2接続をサポートします。持ち運びが非常に簡単で、複数の出力ポートを備え、ワイヤレスBluetoothをサポートしているため、初心者のオーディオファンにとっては素晴らしいエントリーモデルになります。プレーヤーの価格は$149で、詳細はこちらのページで確認できます。

 

Hidiz AP80 Proの技術仕様
  • デュアル高性能DACチップ、ES9218P
  • PCMデコードは最大32ビット/ 384 kHz、DSDは最大DSD128
  • Samsung 2.45インチIPSディスプレイ(480x360ディスプレイ解像度)
  • マスターチップインジェニックX1000
  • 背面に立体視ガラスを備えたCNCアルミニウムボディ
  • 日本のALPS製のボリュームノブ
  • スムーズに動作するHiby OS3.0
  • Bluetooth V4.2接続による双方向Bluetoothサポート
  • LDAC、AptXなどを含むHi-Res Bluetoothコーデックのサポート
  • デュアル出力ポート、3.5mmシングルエンド、および2.5mmバランス
  • 出力電力(シングルエンド):70mW + 70mW @ 32Ω
  • 出力電力(バランス):190mW + 190mW @ 32Ω
  • S/N比:最大120dB
  • ダイナミックレンジ:最大116dB
  • デュアルゲインモード:-高/低
  • バッテリー:800mAh
  • バッテリー駆動時間:シングルエンドで最大13時間、バランス出力で最大9時間
  • MicroSDカードは最大512GBをサポート
  • USB Type-C充電ポート

 

Hidiz AP80 Proの関連記事

www.ear-phone-review.com

 

 

 

今後登場する予定のポータブルプレーヤー
Hiby R8(携帯電話SIMネットワークをサポートするフラグシップDAP)

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/hiby_R8_ce6aaaf7-63a0-4b08-b007-7af5d17e2336_1024x1024.jpg?v=1587716213

 Hibyはフジヤエービックのヘッドフォン祭でHiby R8を披露しました。今のところあまり知られていませんが、ブランドが私たちに言ったことは本当に興味深く、Hiby R8はSIMカードスロットを備えており、音楽をストリーミングするために4Gネットワークを使用できます。DAPは、超高速のSnapdragon 625チップセットと最新のAndroid Pie(Android 9)OSを備えています。 最新のAndroid OSのサポートがあり、Hibyがこれまで作ってきた素晴らしい製品についてはよく知っているため、これからリリースされるHiby R8には興味しかありません。

 

iBasso DX220 Max(iBassoのフラッグシップDAP)

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/ibasso_Dx160_58519a28-66b6-4d63-893d-b28eb6caaa13_1024x1024.jpg?v=1587716240

 

 iBassoは昨年、Head-fiでiBasso DX220 Maxについて話してくれました。これは、高品質のチップセット構成を備えたデュアルES9028Proチップを搭載したフラグシップデバイスになる予定です。プレーヤーには、DACとCPU用に複数のバッテリーがあり、残りはアナログステージ用の高電圧バッテリーパックを形成します。そしてアナログボリュームコントロールを備えています。3つの出力ポートが備わっており、3.5mmシングルエンド、2.5mmおよび4.4mmのバランスポートがあります。デバイスには巨大なディスプレイがあり、まもなくリリースされます。 iBasso DX220 Maxの価格は約$2000です。

www.ear-phone-review.com

 

  • 元記事の公開日:2020/04/24
  • 著者:Candice Song

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事