audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【完全ワイヤレスイヤホン Earfun Air Pro レビュー】優れたANC性能を持ち、低歪みの高品質ドライバーを搭載している完全ワイヤレスイヤホン。それは2万円クラスのメジャーメーカー製完全ワイヤレスイヤホンに匹敵する

ヘッドライン

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

EarFun Air Pro Bluetooth 5.0 ワイヤレスイヤホン ハイブリッド式ノイズキャンセリング ANC機能 32時間再生 IPX5防水 USB-C充電 急速充電対応 【10mm低歪みドライバー / AAC対応/PSE認証済み】 ハンズフリー通話 音声アシスト機能 (ブラック)

 

 

 今回取り上げる機種は最新の完全ワイヤレスイヤホン、Earfun Air Proです。

 EarFunテクノロジー株式会社は、2018年に、経験豊富な工業デザイナー・音響エンジニア・音楽愛好者で構成されたチームによって設立されたブランドだそうです。次世代のワイヤレスオーディオ機器を製造することを基本理念としており、デザインから製造まで完結して行っています。その製品は国際的にも高く評価されており、2つのCES 2020 イノベーションアワードを受賞し、CES 2020にて最も受賞した賞の多い新オーディオブランドとなりました。さらにCNET、PCMag、What Hi-Fi?など、一流のメディア企業に推奨され、急速な成長を遂げている最先端オーディオブランドです。

 

f:id:kanbun:20200507113630p:plain

 audio-sound @ hatenaはこの機種を「audio-sound @ hatena Highly Recommended」として、大多数の人にとって満足度が高いオーディオ製品であると推奨します。

 

 

基本スペック

  • 連続/最大再生時間:7h(ANC OFF時 9h)/32h
  • 防水性能:IPX5
  • 対応コーデック:AAC/SBC
  • 技適番号:210-146576

 

Earfun Air Pro

 

競合機種との比較表

  Padmate PaMu Quiet Earfun Air Pro Tronsmart Apollo Bold AVIOT TE-D01m Buttons Air X
タイプ カナル型 カナル型 カナル型 カナル型 カナル型
連続再生時間 4h 7-9h 4-10h 7-10h 8h
最大再生時間 12h 32h 30h 50h 40h
対応コーデック aptX/AAC/SBC AAC/SBC aptX/AAC/SBC aptX adaptive/aptX/AAC/SBC aptX/AAC/SBC
防水性能 IPX4 IPX5 IP45 IPX4 IPX4
ANC性能(10) 8 9 8.5 5 6.5
ヒアスルー(10) 8(やや集音的) 8(自然) 8(自然) 7(自然) 7(自然)
音質傾向 U字型 弱U字型 V字型 U字型 強U字型
   

 

 

Earfun Air Proの特徴

業界トップクラスの性能を持つハイブリッド式アクティブノイズキャンセリング機能

 Earfun Air Proは各イヤホンに2つのマイク(外側のフィードフォワードマイクと内側のフィードバックマイク)を内蔵しており、ハイブリッドアクティブノイズキャンセリングを搭載しています。これにより、周囲のノイズと耳の内側の不要な音を拾って、ドライバーユニットから逆位相の音を発して、その騒音を打ち消します。

 そのANC性能は業界最高水準の-38dBを実現しています。 

 

Earfun Air Pro

 

赤外線センサーによる装着検出機能

 Earfun Air Proには赤外線センサーによる装着検知機能があります。これによって片側のイヤホンを耳から外すだけで再生中の音楽が一時停止されます。耳に戻せばまた再生が自動的に開始されます。音楽再生中に突然誰かから話しかけられたとしても、耳からイヤホンを取るだけですぐに対応できます。

 

Earfun Air Pro

 

迫力のサウンドを実現する低歪み10mmドライバー

  Earfun Air Proは専用に設計された10mm径のダイナミックドライバーに複合振動板を採用しており、歪の少ない豊かで強力な重低音と伸びのある高音を実現します。高品質のリスニング体験を与えます。

 

Earfun Air Pro

 

Edifier NB2との相違点

 Edifier NB2との相違点については別記事にまとめました。

 

 

パッケージ

 パッケージは価格帯では標準か少し豪華です。パッケージはしっかりしていますが、デザインは機能的で装飾性は低く、開梱体験はシンプルです。付属品にはイヤーピースの替え、充電用USBケーブル(Type-C)、説明書などが含まれます。

 

 ビルドクオリティは価格を考えると標準的か少し上質です。ケースはコンパクトで、持ち運びに便利です。

 

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

 

 

装着サンプル

 装着感は良好です。耳に入る部分はコンパクトですが、本体は意外と大きめで少し耳から出る部分が多くて目立つかもしれません。

 

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

 

 

音漏れ

 Earfun Air Proの遮音性はそこそこです。Earfin Air ProをHATS(ダミーヘッド)に装着し、FiiO M15に接続して、図書館レベルの静かな環境で30cm程度離れて正面に座ってサウンドリークを聞き取ってみました。サウンドリークのテストではイヤホン側に独立した音量調節がある場合は音量を最大にした状態で、M15の音量調整だけで判断できるようにしています。

 音量半分では少し音漏れが目立ち、気にならないレベルですと1/4程度まで音量を下げる必要がありました。図書館など静かな環境では1/4、公共の場では音量半分を目安に音量を調整すればよいと思われます。

 

 

接続品質

 AACでCayin N6II/E02と接続してテストしました。価格帯では優秀な接続品質です。人混みに行ってないのでわかりませんが、家庭内では安定しています。距離耐性は優秀で、5mくらい離れてもシームレスでそのままつながっています。遮蔽物を挟むと一瞬通信が途切れましたが、接続は維持され、すぐに音楽再生が継続されました。その後は途絶はありませんでした。

 ホワイトノイズはわずかにあるかもしれませんが、おそらくほとんどの人が気になりません。

 

 

インターフェース/操作方法

 操作インターフェースはフェースプレート部分にあり、タッチ式です。

電源ON

 充電ケースの蓋を開けると、自動で電源ONになります。

電源OFF

 充電ケースの蓋を閉じると、自動で電源OFFになります。

ペアリング

 ケースの蓋を開け、ケースの真ん中にある設定ボタンを3秒長押しすると、ペアリングモードに移行します。

リセット方法

 イヤホンを充電ケースに収納し、ケースの蓋を開けたまま、設定ボタンを2回クリックします。ペアリングランプが素早く白色点滅し、白色と青色に交互に点滅すればリセット完了です。

曲再生/停止

 右耳側のマルチファンクションボタンを2回タップします。

曲送り

 右耳側のマルチファンクションボタンを3回タップします。

通話応答

 着信時に左右どちらかのマルチファンクションボタンを2回タップします。

通話終了

 通話中に左右どちらかのマルチファンクションボタンを2回タップします。

着信拒否

 着信時に左右どちらかのマルチファンクションボタンを3回タップします。

音声アシスタントの起動

 左耳側のマルチファンクションボタンを2回タップします。

ANC ON/OFF/ヒアスルー切り替え

 左耳側のマルチファンクションボタンを3回タップします。

 

 

ヒアスルー&ANC性能

ヒアスルー性能

 ヒアスルーをONにすると、ホワイトノイズが少し聞こえます。ヒアスルー時は周囲の音の聞こえはおおむね自然だと思いますが、自分の声は自然より少し太く聞こえるかもしれません。

 

ANC性能

 下はヘッドホン(YAMAHA HPH-MT8)から-30dB@1khzにテストトーンの音量レベルを合わせた上で、基準ホワイトノイズを流して測定し、その後標準イヤーピース Sサイズをつけ、ANCをONにして、もう一度ヘッドホンから基準ノイズを流し、このイヤホンの遮音性能を1/6オクターブごとに測定したものです。今回の測定では、基準ノイズに対し、20hz~20khzの可聴域での平均遮音性能は21.88dBくらいありました。

 にわかには信じられないですが、この測定値はメジャーメーカー製でかなり優秀なANC品質を誇る完全ワイヤレスイヤホンJabra Elite 85tにほぼ匹敵します。

 

 ANCの効果はかなり強力で、効果ははっきり感じられます。空調の音はかなりしっかりカットされ、ほぼ聞こえません。サーキュレーターの音は完全に消えないかもしれませんが、低周波がかなり低減され、だいぶすっきりして聞こえます。

 ANC傾向としてはとくに聴感上の効果が高いとされる低域から中低域は、比較的強力にカットされているようです。効いてるのかどうかわからないなんてことは全くありません。価格を考えると、単純に驚異的な性能です。

 

Earfun Air Pro

 

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

 

周波数特性

上から順に、

  1. [ANC OFF 標準イヤーピース S装着時]左右別
  2. [ANC OFF 標準イヤーピース S装着時]左右平均
  3. [ANC OFF 標準イヤーピース S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  4. [ANC OFF 標準イヤーピース S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  5. [ANC ON 標準イヤーピース S装着時]左右別
  6. [ANC ON 標準イヤーピース S装着時]左右平均
  7. [ANC ON 標準イヤーピース S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  8. [ANC ON 標準イヤーピース S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  9. [ヒアスルー 標準イヤーピース S装着時]左右別
  10. [ヒアスルー 標準イヤーピース S装着時]左右平均
  11. [ヒアスルー 標準イヤーピース S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  12. [ヒアスルー 標準イヤーピース S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  13. モード別音質比較(自由音場補正済み)

 

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

 

※当ブログの自由音場補正については機材に合わせてサザン音響さんから提供された補正値を使用しております。

 

サウンドシグネチャー解説

 ANC ON時は低域が少し持ち上がります。ヒアスルー時はANC OFF時とほぼ変わらないサウンドのようです。全体的にかなりフラットに近いバランスでピーク感も丁寧に抑えられており、かなりうまく調整されている印象です。ほぼフラットでわずかに弱ドンシャリ傾向のある穏やかなU字型といったところでしょう。

 

THD+N特性

 THD+N特性とは音に含まれる歪み成分を表し、パーセンテージが低いほど音がピュアできれいに聞こえます。

 THD+N特性は高級イヤホンの場合、1%以内であることが望ましいです。下の図は上が-40dB@1khz(適正音量レベル)における、スイープでの周波数毎のTHD+N特性、下が上限-30dBで1khzでの音量レベルによるTHD+N特性(THDNL)です。このイヤホンはどちらでも概ね1%未満で優秀です。

  • THDN平均値:0.079839225%
  • THDNL平均値:0.108695425%
  • THDNL平均値(-60dB以上):0.063021566666667%

 

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

 

音質解説

 このイヤホンは全体のバランスが非常に良いです。低域は心持ち持ち上がっており、全体は少しウォーム傾向で安定性がやや高いサウンド思えますが、高域との釣り合いはよく取れています。以下のレビューは使用状況を考えて、ANC ONの状態でレビューしています。

 

※各評価項目はあくまでリファレンスサウンド(当サイトの機器測定における自由音場フラット)から見ての周波数特性データと私の聴感に基づく評価です。たとえば迫力のある低域を重視する人は「存在感」「太さ」「重み」「臨場感」が高い低域を好むと思いますが、このような音は本来最も重視されるべき「原音忠実度」はおそらくあまり高くありません。

 再生機器にとって「原音忠実性」こそが最も重視されるべきというのはオーディオ界隈の共通認識であると思われますので、本ブログの音響機器の評価も「原音忠実性」を最も重視しています。

 「原音忠実度」は基本的に高ければ高い方が多くの人にとって良いと思われますが、ほかの評価値は中間値である「B」を離れるほど原音忠実性が薄れます。そのため「S」や「A」はその音要素を好む人には最も心地よい音かも知れませんが、他の人には不快かも知れません。そして不快な音要素が決まっている人は、むしろその音要素が低い評価のものを選ぶとより心地よく音楽を楽しめると思います。

 このように、当ブログでは原音忠実(リファレンスサウンド)からの距離を提示することで効率的にあなたの好みに合ったオーディオ機器を発見できるように工夫しています。

 評価が高ければ高いだけ良い評価値というのは「原音忠実度」「クリア感」「おすすめ度」で、とくに「原音忠実度」+「クリア感」がオーディオ製品としての単純な優秀性を表します。

 

「原音忠実再生」についての参考動画:創造の館「いい音とは何か」

 

 

※以下のリンク先はpdfです。

 

低域(原音忠実度:B+/臨場感:B+/深さ:B+/重み:B+/太さ:B+/存在感: B+)

 低域は深さや重さが少し強調されています。太さや厚みの点でも十分なので、インパクトの感じられる低域になっています。

 

 わずかにブーミーで、階層性の点ではエレキベースとバスドラムの描き分けが若干緩い感じがありますが、適度なライブ感があって生き生きした低域です。ただし、床鳴り感につながる重低域のノイズ感は強くないので、臨場感という点では重さのわりに物足りないかもしれません。低域ジャンキーを満足させるレベルかというと、それほど強力な低域ではありませんが、全体の中で存在感が強いことは事実で、少なくとも不足はないでしょう。

 

中域(原音忠実度:A/厚み:B+/明るさ:B/硬さ:B/存在感:B)

 中域は自然な質感を意識しており、低域とのつながりもかなりシームレスです。

 

 ボーカルは最前列ではありませんが、かなり前に出てきます。ボーカル表現は安定的で理性的であり、媚びた感じは少しありますが、ほとんど自然で、かなりニュートラルな声質に聞こえます。ボーカルニュアンスの強調もわずかにありますが、歯擦音が目立つことはなく、聞き心地はかなり安定しています。また中高域は中域とよく釣り合いが取れているので、ピアノの質感はかなり自然な光沢を持っており、スネアやタムの響きも自然な厚みが感じられ、どちらかというとスナッピーさよりパワーが少し強調される音です。

 

高域(原音忠実度:B-/艶やかさ:B/鋭さ:B/脆さ:B+/荒さ:B-/繊細さ:B/存在感:B)

 高域はマイクロディテールがわずかに強調されていますが、自然な繊細さが意識されており、音量を上げても荒くなる感じはありません。

 

 すでに述べたように中高域は中域と釣り合いが取れており、適正音量付近では自然な光沢感に聞こえます。音量を上下させても目立ちすぎることはなく、音はわずかに柔らかく感じられるくらいの自然な硬さをうまくキープし、ディテール感は中庸なバランスで聞こえるでしょう。くっきり感は十分にありますが、シャープネスが強くなりすぎることもなく、わずかに静寂感もあって、高域には聴き心地の良い落ち着く感じと中域からの適切な分離感があります。また超高域でも適切な抜けが感じられ、自然な余韻と滞留感のない適度な風通しがあります。ナチュラルな高域を好む人にはかなり魅力的に思えるでしょう。

 

グルーヴ/音場/クリア感(グルーヴの中心:中域/音場:B+/クリア感:A-)

※一般にグルーヴの最も大きいところが最も活き活きと聞こえるので、音楽の中心になります。グルーヴの中心範囲の大きさは変動的です。グルーヴの中心は個人の音楽の好みを決定し、音響機器選択のヒントになります。音響機器のグルーヴの中心が個人の好みと離れている場合、むしろその不自然さが強調され、その音響機器を楽しくないと感じる可能性が高いです。音場の評価はBが自然な広さです。クリア感の評価は全高調波歪の測定値を参照して決めています。

 

 このイヤホンのグルーヴの中心は一般に中域に存在すると思われます。

 音場はやや平面的です。奥行きはやや広く、高さ、深さ、幅はほぼナチュラルか少し広めだと思います。

 

音質総評(原音忠実度:A/おすすめ度:A+/個人的な好み:A+)

 自然な質感と音のつながり、音場感を意識した、非常にバランスが良いサウンドを持っており、60dB@1khzくらいの適正音量付近でほぼニュートラルに近いサウンドを楽しめます。雰囲気は少し拡散音場的です。また歪みが非常に少ないのが特徴で、適正音量ではかなり付帯音が少なく、クリアなサウンドが味わえます。とくに低域のきれいな出方はバスドラムサウンドの質感にこだわる人にはかなりの満足感をもたらすでしょう。全体的にシームレスでつながりがよいのも魅力です。

 

 欠点らしい欠点はあまりありませんが、それでもわずかに低域が強くもっさり感が少し強いことは確かなので、人によっては中域が濁って聞こえる気がして好みに合わないということもあるかもしれませんが、多くの人にとっては中低域から中域のつながりのよさはナチュラルな充実感を感じさせるはずです。

 

Earfun Air Pro

 

音質的な特徴
美点
  • 価格を考えると、素晴らしく歪みの少ないクリアなサウンド
  • 音のつながりが自然で滑らか、シームレスで統一感のあるサウンド
  • 奥行き感がある
  • 安定感がある
  • 自然なボリューム感
  • 自然な密度感
  • 自然な質感
  • 充実感が高い
  • 中域への適切なフォーカス
  • ピーク感がなく、自然で調和的な高域
  • バランスが良い
  • 自然な解像感
欠点
  • わずかに低域の存在感が強く、小音量ではもっさりしやすい
  • 音量は一定以上出さないとうまくディテールが出ない
  • 低域と中域の分離感が少し足りない可能性がある

 

 

 

音楽鑑賞

堀江由衣「光の海へ」

光の海へ

光の海へ


 わずかに低域が強いので、小さめの音量だとボーカルが埋没的でもっさりするかもしれませんが、ボーカルが低域と釣り合いが取れるくらいまで音量を上げていくと、ちょうど適正音量くらいで全体のバランスがうまく調和します。ピーキーさのない滑らかなサウンドで上から下まで統一感があるサウンドで聞こえます。自然なボリューム感のある充実感がしっかりあり、力感は中庸よりわずかに強くパワフルに音楽を盛り上げます。全体的にナチュラルな雰囲気があるのが魅力です。

 

Earfun Air Pro

 

Chiho feat. majiko「エガオノカナタ」

エガオノカナタ

エガオノカナタ

 

 この曲のかなりパワフルなドラムが自然なボリュームと力感を持って生き生きと聞こえます。ボーカルもナチュラルな声色で音量を上げてもシャウティになることもなく、息はわずかに伸びて聞こえますが、歯擦音がきついと感じることはありません。ボーカルのボディは十分にあり、音楽の全体も安定的で、太さもしっかりしているので音楽の骨組みは確かです。中高域の光沢の出し方も自然で、ピアノ音やエレキギターに色づけされた演出感はありません。

 

すぎやまこういち、ロンドン・フィル・ハーモニー管弦楽団「恐怖の洞窟〜呪われし塔」

栄光への戦い

恐怖の洞窟〜呪われし塔

 

 全体的に自然な質感で滑らかに聞こえるサウンドはクラシック音楽ファンを十分に満足させるでしょう。中域の充実感は高く、木管音やバイオリンの音は透明度の高いサウンドの特徴であるみずみずしさを持っています。太さと厚みがしっかりしていながら、低域が重くなりすぎることはなく、安定感があるのに重厚になりすぎない絶妙なバランス感覚があります。音場の雰囲気も自然で明度も適切なレベルが維持されています。

 

Earfun Air Pro

 

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。ソースはFiiO M15を用いています。ANCはONで、コーデックはSBCで使用イヤーピースは標準イヤーピースのSサイズです。

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

 

録音機材
  • SAMREC HATS Type2500RSシステム:HEAD & TORSO、Type4172マイクX2搭載
  • 5055Prot 実時間2ch 自由音場補正フィルター(特注)
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • レコーディングソフト:Audacity

 

 EarFun Air Proのレコーディングシグネチャーは以下の記事に掲載されています。

 

 

総評

 Earfun Air Proは価格を考えると、驚異のアクティブノイズキャンセリング性能と音質を持っています。信じられないかもしれませんが、そのオーディオスペックとANC性能は価格帯ではずば抜けて高く、同価格の有線イヤホンの大部分に勝り、2万円以上の完全ワイヤレスイヤホンの機種に匹敵します。デザインは価格なりですが、音質的なバランスもよく、通信品質を含めて使い勝手もほぼほぼ満足できますが、イヤホン側で音量調節はできないようです。1万円以下でトップレベルのANC搭載完全ワイヤレスイヤホンを手に入れたいというとても欲張りな願望を、このイヤホンは見事に叶えてくれます。

 もちろん一流製品に比べると差はあります。この機種には一流メーカーのフラッグシップ機種にお決まりの高機能な専用アプリは付属していません。

 

Earfun Air Pro

Earfun Air Pro

EarFun Air Pro Bluetooth 5.0 ワイヤレスイヤホン ハイブリッド式ノイズキャンセリング ANC機能 32時間再生 IPX5防水 USB-C充電 急速充電対応 【10mm低歪みドライバー / AAC対応/PSE認証済み】 ハンズフリー通話 音声アシスト機能 (ブラック)

 

 

【関連記事】


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事