audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【中華イヤホン KBEAR KS2 フラッシュレビュー】深みのある低域と、清潔感のある中域、分析的な高域が組み合わさったドンシャリモニターイヤホン

KBEAR KS2

KBEAR KS2

2020 KBEAR KS2 Hybrid DD+BA In ear earphone With 0.78mm pin earbud Hifi Sport Running game headphone

 

 

 「フラッシュレビュー」はデータ中心の簡潔な内容で、ポイントを絞ってオーディオ製品を解説します。

 今回はKBEAR KS2を取り上げます。KBEARKinboofi(これで「キンボファイ」と読むらしい)系のブランドで低価格で人気のある製品を数多く出してきた中華系のブランドです。

 その新作イヤホンKBEAR KS2は低価格で1BA1DDのハイブリッドドライバー構成を実現しているエントリークラスイヤホンになります。

 

f:id:kanbun:20200507114754p:plain

 audio-sound @ hatenaはこの機種を「audio-sound @ hatena Recommended」として、比較的多数の人にとって買って損がないオーディオ製品であると推奨します。

 

基本スペック

  • 周波数特性:20hz-20kHz
  • インピーダンス:16Ω
  • 感度:106dB
  • ケーブルコネクタ:0.78mm 2pin

 

パッケージ

 イヤホンのパッケージはこの価格帯では標準的です。ケーブルが少しチープで絡まりやすいタイプなのが気になるかも知れず、アップグレードを検討する人がいるかもしれません。

 本体のビルドクオリティは価格帯の水準を満たしており、価格帯の平均よりは少し上等かも知れません。

 

KBEAR KS2

KBEAR KS2

KBEAR KS2

KBEAR KS2

 

www.youtube.com

 

装着サンプル

 装着感は良好です。ユニバーサルIEMタイプのデザインをしており、耳によく嵌まります。

 

KBEAR KS2

KBEAR KS2

KBEAR KS2

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

www.phileweb.com

 

周波数特性

 上から順に、

  1. [AET07 M装着時]左右別
  2. [AET07 M装着時]左右平均
  3. [AET07 M装着時]左右別(自由音場補正済み)
  4. [AET07 M装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  5. [標準イヤーピース M装着時]左右別
  6. [標準イヤーピース M装着時]左右平均
  7. [標準イヤーピース M装着時]左右別(自由音場補正済み)
  8. [標準イヤーピース M装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  9. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み)
  10. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み/2khz-24khz拡大)

※「AET07 Mサイズ」は当ブログの測定用レファレンスイヤーピースです。それ以外のイヤーピースは特記がない限り、このイヤホンパッケージの標準添付のものです。

※また当ブログの自由音場補正については機材に合わせてサザン音響さんから提供された補正値を使用しております。

www.s-acoust.jp

 

KBEAR KS2

KBEAR KS2

KBEAR KS2

KBEAR KS2

KBEAR KS2

KBEAR KS2

KBEAR KS2

KBEAR KS2

KBEAR KS2

KBEAR KS2

 

 サウンドシグネチャー的には全体として見るとU字型か穏やかなV字型と言える形をしています。低域は中域にわりと配慮された傾斜をしていますが、深みが強調される形になっており、熱気がありますが、重みや厚みはわりと抑制的で、中域の清潔感重視になっています。中高域は少し艶やかで、高域ではややエッジの強調が強い印象です。ただ全体的な音域バランスは中域が凹んでいてドライな感じがありますが、モニター的と言えるサウンドで、中域の見通しは良好です。

www.ear-phone-review.com

 

 低域はかなり深いところで持ち上がっており、床鳴り感に強調があります。深み重視で地熱があり、重みは適度に強調され、厚みは抑えめです。熱気があるので引き締まりが強いというわけではありませんが、タイト傾向ではある低域で、質感自体は適度に柔らかみがあって耳に優しいながら、リズム感にボケた感じはありません。キックがしっかり強調され、ベースのブリブリ感もそこそこあります。熱気のある低域でライブ感はほとんどの人にとっておそらく充分です。逆に清潔な低域が好きな人には少しノイジーかも知れません。

 中域下部と上部には谷が設けられていて、中域の清潔感は調整されています。ロックなどでは完全に清潔とはいかないかも知れませんが、わりとボーカル周りは清潔ですっきりしています。ドンシャリではあるので、ボーカルはやや後退的ですが、ボーカルニュアンスは結構しっかりしており、のびやかに聞こえ、低域の熱気からは少し離れたところにボーカルの頭が出て、存在感があります。子音はわずかに尖り、息遣いも少し過剰な感じがあるかも知れませんが、耳に痛い感じはなく、わりとナチュラルです。ボディの不足も少しあるかもしれませんが、おそらくほとんど気になりません。

 ギターエッジは鮮やかで中高域は充分に賑々しく、ハイハットは少しギラつき派手です。超高域はロールオフが早いので、開放感は調整されており、高域の抜けは高くなく、中域に甘味があります。

 ドンシャリですが、バランス感覚は悪くなく、全音域のパワーバランスはわりと均等に感じられると思います。中域だけ少し細っている気がしますが、空間の清潔感がうまく調整されていて、聞こえにくい感じはほとんどありません。ただ、充実感には少し欠ける印象を受けます。中域の清潔感とニュアンスとディテールに振ったようなチューニングステータスは、少し分析的でモニター的なサウンドに仕上がっていると言えるでしょう。

 

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

www.ear-phone-review.com

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。自由音場補正済みです。ソースはFiiO M15を用いています。イヤーピースは標準イヤーピースのMサイズ、ゲインは高設定です。

www.ear-phone-review.com

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

JAZZ

anchor.fm

 

OST

anchor.fm

 

クラシック

anchor.fm

 

ロック

anchor.fm

 

総評

 中域の清潔感を大事にしており、分析的なモニターサウンドを低価格で手に入れたいという人にはわりと魅力的な機種になると思います。低域はわりとライブ感があり、高域も少し派手になるので楽しいドンシャリサウンド的な要素もあり、しかも中域に甘味があります。少し充実感には欠ける印象を受けますが、モニターサウンド好きにはかなり良いイヤホンに思えるでしょう。

 しかし、同じブランドのKB04という、ビルドクオリティやパッケージ内容の面では明らかに優れる機種が価格的に近い位置にいるのが気になるところです。単純に音質以外の品質面でKB04のほうが価格差以上にお得に見えてしまうところがあります。

www.ear-phone-review.com

 

KBEAR KS2

KBEAR KS2

KBEAR KS2 重低音 高音質 イヤホン イヤモニ型 イヤホン Yinyoo (KS2 緑)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事