audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【中華イヤホン TinHiFi T2 Plus フラッシュレビュー】輪郭がはっきりしており、リズム感が良く、空間が風通しが良く清潔で、引き締まったキレのあるサウンドを奏でる

TINHIFI T2 Plus

TINHIFI T2 Plus

TINHIFI T2 PLUS イヤホン 高音質 重低音 カナル型 イヤモニ イヤホン 全方向型の中華イヤホン リケーブル可能 (T2 PLUS)

 

 

 「フラッシュレビュー」はデータ中心の簡潔な内容で、ポイントを絞ってオーディオ製品を解説します。

 今回取り上げる中華イヤホンTIN HIFI T2 Plusです。TinHiFiは中国のインイヤーモニター(IEM)メーカーで、OEM/ODMを中心に製品提供をしてきましたが、2017年に独自ブランドTinHiFiを立ち上げ、そのコストパフォーマンスの良さからオーディオ愛好家の間でたちまち有名になりました。

 

 TinHiFi T2 Plusはブランドの代表的なダブルダイナミックドライバーイヤホンTinHiFi T2のアップグレード版です。

 

 TINHIFI T2

TINHIFI T2

 

f:id:kanbun:20200507113630p:plain

 audio-sound @ hatenaはこの機種を「audio-sound @ hatena Highly Recommended」として、大多数の人にとって満足度が高いオーディオ製品であると推奨します。

 

基本スペック

  • 周波数特性:10hz-20kHz
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:104dB
  • ケーブルコネクタ:mmcx

 

 

パッケージ

 この価格帯では標準よりは上質で、開梱体験の上ではわりと豪華なパッケージだと思われます。付属品は充分ですが、キャリイングケースがないのが人によっては残念に思うかも知れません。

 本体のビルドクオリティは良好です。ケーブルクオリティも価格帯では上等で取り回しも良く、おそらくアップグレードは必要ありません。

 

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

 

www.youtube.com

 

装着サンプル

 ハウジングはT2の武骨な円筒形デザインに比べて、滑らかなデザインに変更されました。耳への収まりは良好です。金属筐体で頑丈ですが、アルミの筐体は軽量でコンパクトに仕上げられており、耳が小さくても問題なく装着できるでしょうし、負担感もありません。

 

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

 

音質

測定機材

  • SAMURA HATS Type3500RHRシステム:HEAD & TORSO、左右S-Typeイヤーモデル(Type4565/4566:IEC60268-7準拠)
  • AWA社製Type6162 711イヤーシミュレータ
  • マイクプリアンプ:Type4053
  • Type5050 マイクアンプ電源
  • オーディオインターフェース:ROLAND Rubix 24
  • アナライザソフト:TypeDSSF3-L

※イヤーシミュレーターの特性上、20hz以下と16khz以上の信頼性は高くありません。 

www.phileweb.com

 

周波数特性

 上から順に、

  1. [AET07 S装着時]左右別
  2. [AET07 S装着時]左右平均
  3. [AET07 S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  4. [AET07 S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  5. [標準イヤーピース S装着時]左右別
  6. [標準イヤーピース S装着時]左右平均
  7. [標準イヤーピース S装着時]左右別(自由音場補正済み)
  8. [標準イヤーピース S装着時]左右平均(自由音場補正済み)
  9. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み)
  10. 標準イヤーピース比較(自由音場補正済み/2khz-24khz拡大)

※「AET07 Sサイズ」は当ブログの測定用レファレンスイヤーピースです。それ以外のイヤーピースは特記がない限り、このイヤホンパッケージの標準添付のものです。

※また当ブログの自由音場補正については機材に合わせてサザン音響さんから提供された補正値を使用しております。

www.s-acoust.jp

 

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

TinHiFi T2 Plus

 

 全体を見るとかなりフラットに近いサウンドシグネチャーをしており、少しU字型と言えるかも知れません。中域は比較的前進的で良く聞こえます。

www.ear-phone-review.com

 

 低域のレイヤリングはよく、輪郭はパリッとしており、見通しは比較的良好です。わりとモニター的と言える低域で、深いところの地熱は強くなく、ノイジーさはそれほど強くありません。エレキベース音は少し明るく、キックはわずかに重いですが、リズム感重視のキレのある音に聞こえるでしょう。低域弦楽は重みがあり、厚みが少しありますが、濃厚感はほどほどで透明感があります。わりとタイトな低域です。

 中域は中域下部の凹みと高域方向にある谷によって、わりと清潔に聞こえます。輪郭は若干硬めでソリッド感のある音像を実現しており、クリッとしたサウンドを実現しています。手がかりは若干多めでディテール感は良好に聞こえるでしょう。ボーカルは清潔感があり、ニュアンスに強調があって明るめの声色です。ややハスキーで息継ぎが過剰に聞こえる傾向があり、サ行は少し強調され、唾も少し多めに聞こえるかも知れませんが、口の運びは明瞭で、歌詞は聞き取りやすいです。

 中域上部の谷によって、音場に適度な奥行き感と静寂感がもたらされており、ボーカルフォーカスが実現されています。中高域から高域にかけてはわりとピーク感が少ない素直な抜けが感じられます。ただし色づきは少し地味に思え、中域は水彩画のようなカラーリングに思えるかも知れません。ギラつきは少し強めで、エレキギターのエッジにビリビリした感じやハイハットやアコースティックギターに適度な銀色のギラつきを感じ、輪郭はくっきりしています。手がかりは多めでソリッド感と少しシャープな雰囲気があり、引き締まったサウンドが実現されています。粒立ち感は細かく、シンバルははっきりチクチクするくらい心地良い刺激感があります。

 音場全体は少しドライで奥行き感があり、少しスリムなサウンドに聞こえると思います。のびやかで滑らかな音が好きなら、かなりおすすめできる機種です。またトランジェントが良く、高域低域ともに音にキレとタイトさがあるのでリズム感にかなり優れています。リズム感にメリハリを感じたい場合は好ましいイヤホンです。

 

  

レコーディングシグネチャー

 レコーディングシグネチャーの基本的な原理、楽しみ方については以下を参考にして下さい。

www.ear-phone-review.com

 

 参考用にレコーディングシグネチャーを掲載します。自由音場補正済みです。ソースはFiiO M15を用いています。イヤーピースは標準イヤーピースのSサイズ、ゲインは高設定です。

www.ear-phone-review.com

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

JAZZ

anchor.fm

 

OST

anchor.fm

 

クラシック

anchor.fm

 

ロック

anchor.fm

 

総評

 輪郭とリズム感に優れ、価格帯ではソリッドなディテール感に優れた構築的なサウンドを奏でます。ボーカルニュアンスにも優れており、ボディは少し薄いですが、ボーカルホンとしてもわりとおすすめしやすいです。ビルドクオリティとパッケージの点でも価格帯の標準を充分にクリアしており、わりと豪華で満足度が高いでしょう。レイヤリングと輪郭感が良好で手がかり感も良く、風通しの良い清潔な空間の中で音像とリズム重視で聴きたいリスナーを充分に満足させてくれる製品です。

 

TINHIFI T2 Plus

TINHIFI T2 Plus

TINHIFI T2 PLUS イヤホン 高音質 重低音 カナル型 イヤモニ イヤホン 全方向型の中華イヤホン リケーブル可能 (T2 PLUS)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事