audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【特集】訳ありだけど、5000円以下でおすすめできる完全ワイヤレスイヤホン【左右分離型】

f:id:kanbun:20181214214039j:plain


 このページは、以前「【特集】価格帯別で選ぶ!5000円以下!コスパのよいおすすめ完全ワイヤレスイヤホン【左右分離型】』の記事で紹介していたけれども、事情によりオススメから外した製品」を集めたものです。なので、私が現在本当におすすめする製品については上記の記事を参照してください。

www.ear-phone-review.com

 

 この記事ではオススメ記事に掲載していた当時の情報を載せるとともに、なぜこれらをオススメから外したのか理由を説明します。 

 

 

【オススメから外した製品】

PZX PZX-45

 この製品はamazonレビューでの評価も定まっており、今でもオススメに値しますが、仕様が古いため、格下げとしました。

PZX PZX-45(BE8)

PZX PZX-45(BE8)  比較的安定した使い勝手と輪郭感のある音質で評価も安定しており、ハズレの少ない機種。amazonでのレビューを見ると、一定の不良品率や相性問題は窺えるが、それ以上に安定した使用感を感じさせる評価も多い。リリースから時間が経って価格もこなれているという利点があるが、一方で通信仕様がBluetooth V4.1であり、現在の最新機種に比べると古い感じが否めない。通信安定性はV5.0のほうが高いので、その点はディスアドバンテージになる。
PZX-45 の特徴
  1. 定評のある安定した使い勝手
  2. 輪郭感のある音質
  3. Bluetooth V4.1

www.ear-phone-review.com

 

Zagzog TWS-C1

 こちらの製品はamazonレビューを見る限り、品質が安定していないようなので、オススメから外しました。私は音が気に入ったのでオススメしましたが、安心して買える製品であるとは言いづらいので格下げしました。

Zagzog TWS-C1

Zagzog TWS-C1  このイヤホンはAirPodsライクなデザインで、よくある粗悪なレプリカに見える。しかし音質的には決して粗悪ではない。音質は解放感があり、圧迫感のない空気に溶け込む音で、オープン型ヘッドホンに似た音質。完全ワイヤレスではなかなか味わえない。問題点としては、amazonレビューから窺える不良品率の高さ。左右チャンネルが逆だった個体の報告もあり、品質面で安定性が低そうなのが残念だ。音質だけ見れば、コスパは高いのだが。
TWS-C1 の特徴
  1. 独特の開放的な音質
  2. カナル型とは違う軽い装着感
  3. やや目立つ不具合報告の数

www.ear-phone-review.com

 

Lesoom S1

 こちらの製品については私が普段からとくに愛用している機種の一つであり、音質も高く評価していますが、不具合報告も多く、品質が安定しないようです。それ以上に、amazonで販売業者と思われる同一のアカウントがこの製品に複数のレビューを書く水増しを行っていますので、率直に言ってその販売姿勢に疑問を持ちました(この機種を売りたい業者の気持ちもわかりますので心苦しいですが、私はレビュアーとして看過できません)。したがって、好きな機種でオススメしたい気持ちでいっぱいですが、涙を呑んで格下げとします。

Lesoom S1

Lesoom S1  かなり低価格のモデルだが、音質の評価は高い。完全ワイヤレスモデルはドライバーが小型化する構造上、低音が出にくいのだが、このモデルは低域の表現をそれなりに実現しており、一定の支持を得ている。問題は使い勝手が悪いところがあり、日本語説明書も付属していないことがある。ただ日本語説明書の問題はメーカーに直接改善を求めたので、今はよくなっているかもしれない。音質を考えると激安といえるコスパが魅力。
S1 の特徴
  1. 低域も表現されるバランスの良い音質
  2. 刺さりの少ない暖かい音質
  3. 使い勝手が悪い

www.ear-phone-review.com

 

 【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com